« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

3館、惜しまれつつ閉館

27日のブログに関連して、朝日新聞(岩手版)に掲載された記事でコメントしています。

昨日、盛岡フォーラムで映画を観た。ロビーで、めんこいテレビのG藤さんご夫妻、岩手放送のK沢さん、脚本家の道又力さん(わらび座小劇場で『花舞台だよ、おっ母さん パートII』絶賛上演中)、県議会議員T橋Y文さんのご両親に会った。 映画館は変わっても、盛岡の映画文化はちゃんと残っていると感じた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マカフェリ・モデル

24日の当ブログで、マカフェリ・モデル(ギター)に触れたが、まだ紹介していないことに気がついた。

マヌーシュ・スウィング(かつてはジプシー・スウィングと呼ばれていた)の創始者ジャンゴ・ラインハルト全盛時代を支えたギターが、セルマーのマカフェリというモデルだ。セルマーは、サックスで有名なあのセルマー。ギターもつくってたんですね。

マヌーシュ・スウィングをやるなら、このギターがどうしても必要だと言っていい。津軽三味線を弾くのに太棹が必需品なのと同じようなものだ。

こんにちではもう生産されていないので、マヌーシュ・スウィングをやる人たちはコピーモデルを使っている。コピーモデルも千差万別で、一台一台注文に応じてつくるカスタムメイドもあり、それこそ上を見たらキリがない。

ぼくが入手したのは、きわめて大衆的なモデルだ。入門用とうたわれているが、これでプロ活動しているミュージシャンもいる(要は腕しだいってことですね)。

Dg255 もともと合板を使った、さほど高級なつくりとは言えないギターだ。コピーモデルの多くも合板を踏襲しているが、カスタムメイドのギターはクラシックギターのように単板を用いている。だから、価格も高価になる。

弦は一見スチール弦だが、低音弦は絹を芯にした独特の巻き弦が使われる。この弦との組み合わせで、マカフェリ・タイプのギターはスチール弦とガット弦の 中間のような響きを出す。また、どういう仕組みなのか分らないのだけれど、このギターは奇妙なビビり音を出す。ドラムを叩く人なら、シンバルのシズル音に似ているといえばわかりやすいかもしれない。
別にフレットに弦が当たってビビっているわけでもないのに、不思議である。

Optima フォークギター用のコンパウンド弦でも代用できるらしいが、専用の弦が数社から出ている。私が使っているのはドイツ製だ。かの国ではマヌーシュ・スウィングが盛んなのかもしれない。

マヌーシュ・スィングは信じられないような速弾きが命なので、ぼくにリードギターはとうてい無理だが、リズムギターもなかなか気持ちがいいのだ。

実は一昨年、左手の指が痛み、医者にみてもらったところ変型性間接炎と診断された。もうギターは弾けないと諦めていたが、昨年はじめから(たぶん、サプリメントの効果で)指の痛みがすっかり消えた。またギターが弾ける指になったのである。これが 新しいジャンルに挑戦するきっかけになった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

記念上映会に行ってきた

今日の午後、閉館が決まっている盛岡ピカデリーで『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』14時20分の回を観てきた。

場内満席(平均年齢70歳くらいか)。映画祭以外で満席の映画館を観るのは初めてだ。
この映画館ともお別れか、と思うと、やはり寂しくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盛岡ピカデリー閉館特別上映会

今月31日で閉館する盛岡ピカデリーで下記特別上映会があります。

男はつらいよ・夜霧にむせぶ寅次郎(盛岡ロケ作品)
1/26~1/28 14:20/16:10/18:00~終19:42
※感謝特別上映会 ※鑑賞料金500円 

サウンド・オブ・ミュージック
1/29~1/31 14:40/18:00~終20:56
※感謝特別上映会 ※鑑賞料金500円  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラ弦交換

ヴィオラの弦を交換した。といっても、1弦と2弦のみ。

ギターに比べると、ヴィオラの弦はめちゃくちゃ高い(ギターの弦より短いし、二本少ないのに!)。だから、切れたり錆びたりしないうちは交換しない。ま、本当はそんなんじゃマズいんでしょうけれど、アマチュアだからいいの。

この弦は音が大きくて、明瞭だ。ヴィオラを始めて3年目くらいに出会って以来、ずっと使っている。これに出会うまで、いろいろ取っかえ引っかえしたから、けっこう授業料を払った。

高価な弦が必ずしもいいとは限らない。楽器との相性も大きく左右する。もっと安い弦でもいい音が出るものがあるかもしれない。いろいろな弦を試したい気持ちもあるのだが、失敗すると高くつく。特別な事情がないかぎり、これを使いつづけるだろう。

Obligato
オブリガート ビオラ弦 SET

ドイツ/ピラストロ社製。
音色が柔らかい。音の反応も良く、初心者から上級者まで
多くの人に愛用されるオールマイティな弦です。
暖かい音色が特徴。

(そういえば、マカフェリモデルに貼っている弦もドイツ製だ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自転車雑誌

昨日のつづき。
毎月、バイシクルクラブサイクルスポーツのどちらかを買っている。今月号(2月号)は、サイクルスポーツを買った。「ドーピングの歴史」を読むためだ。
この記事は秀逸で、とても読みごたえがあった。

巻頭を飾る新車情報はザッと目を通したものの、興味をひくニューマシンはなかった。
どうやら、私のジャイアントOCRコンポジットは生産中止になったらしい。買っておいてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の旅

ツーリングにもサイクリングにも出かけられない冬のあいだ、もっぱら専門誌などをひらいては、旅への思いをつのらせる日々を過ごしている。
いつの間にか自転車雑誌が増えて、書店の棚を賑わせているが、ほしいと思う本はあまりない。
何よりもデザインや写真がダサい。、RaphaのWEBサイトに出ているサイクリング写真やカタログ写真を少しは見習ってほしいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末がつぶれた

パソコンにトラブルが発生。サポートセンターに電話をしたところ、初期化するしかないと判断され、指示に従って作業をおこなった。
初期化したのだから、すべてが快調になるだろうと思ったら大間違い。たとえば、再ダウンロードしたRealplayerは、一部のファイルを再生できなくなった。以前はちゃんと再生していたのに妙なものだ。

親指シフトを使うためのOASYS2002も「プロージャンエントリーポイントが見つかりません」というエラーメッセージが出るようになった。これは簡単に解決できたが、そんなこんなで週末はつぶれ、無駄な時間を費やしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、ワイエス

【ニューヨーク16日時事】20世紀を代表する画家の1人で、田園風景を忠 実に描写する手法で知られる米国人のアンドリュー・ワイエス氏が16日朝、ペンシルベニア州チャッズフォードの自宅で死去した。91歳だった。ワイエス氏 の絵画を多数保有するブランディワインリバー博物館の広報担当者が明らかにした。最近健康が優れなかったという。

 1917年、チャッズフォード生まれ。9歳の時に水彩画を習い始め、37年にニューヨークで初の個展を開催した。23歳では最年少で米水彩画協会会員に選ばれた。

 主な代表作に「クリスティーナの世界」(48年)「アルヴァロとクリスティーナ」(68年)などがあり、日本をはじめ世界各地で高い評価を受けた。しかし、一部の評論家からは芸術家ではなく、単なる「イラストレーターだ」として、その作風の軽薄さを批判する声もあった。

一部の評論家どころか、かなりの評論家から認められなかったらしい。しかし、大衆は支持した。また、日本人も早くからワイエスを愛した。もしかすると、本国よりも熱烈に。

この記事にあるようにワイエスは田園風景を忠実に描写したが、決して細密に描写したわけではなかった。近づいてよく見ると、大胆なデフォルメに驚かされる。そして、離れてみるとそれがあたかも「忠実な再現」に見えるので、もっと驚かされる(関連ブログ)。

ただ、今の私は一時期ほどワイエスに傾斜していない。ワイエスの作品はあまりに物語性が強く、ドラマチックに語りすぎているような気がする。そこがワイエスの魅力でもあるのだが。

もちろん、ワイエスを愛することにかけては誰にも負けないという思いもある。いつかまた、20代のころのようにワイエスに涙する日が来るような気もしている(昨年11月の展覧会で、その兆候があった)。

拙著『オートバイ・ライフ』でワイエスについて、ちょっと触れている。ある作品を掲載したかったのだが、エージェントから許可が得られなかったのは残念だった。

心から御冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『トロピック・サンダー』を観た。

トロピック・サンダー』を観た。本当は全然観るつもりはなかったのだが、特殊メイクに盛岡出身の大村公二くんが参加しているので……。史上最高のお馬鹿映画(絶賛デス!)だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天の人を偲ぶ

朝日新聞岩手版に連載中の「地の人、風の人」に、故水原洋さん故三崎ともやすさんのことを書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の自転車装備 4

22557553_156528986s あまりに寒くて自転車どころの話ではないんですが(軟弱)、これは10年近く前から使っているジャックウルフスキンのジャケットとLLビーンのジャージ。今まで紹介してきたピチピチに比べると、ゆったりした着心地の組み合わせ。

ジャック・ウルフスキンは今も自転車用ウエアをつくっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の自転車装備 3

これはシューズカバー。夏場はあまりメッシュの効果を認識できないが、この時期は冷たい風がどんどん入ってきて足の指がすっかり冷える。この程度のカバーでもずいぶん効果があって驚く。

22557553_3942009725s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も役に立っている

今シーズンはもしかすると不要かと思っていたが、やはり出番となった。これは、すすめた友人たちからも喜ばれている。

【 High Power 】 使い捨てカイロの約13倍の熱量です。
【 Economical 】 1回の注油で最大約24時間発熱。
【 Ecological 】 繰り返しご使用いただけます。
【 Clean 】 有害ガスを発生しません。
■ 本体サイズ:(約)縦100mm×横68mm×厚さ15mm
■ 製造国:カイロ本体=中国製、バーナー=日本製、付属オイル=アメリカ製
■ 素材:カイロ本体=真鍮

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今ごろに鮭の遡上

1045881750_240 中津川の鮭は10月に第一陣が遡上し、その後しばらく間をおいて、12月にも少数ながら第二陣がやってくる。今年は第二陣の数が例年より多かった。

そして、昨日、与の字橋の上流側に一匹の鮭の姿を見た。話には聞いたことがあるが、実際にこの時期に見たのは初めてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡市所蔵作品展「澤田哲郎-紙の仕事-」を観る

マリオス展示ホールで12日まで開催中の盛岡市所蔵作品展「澤田哲郎-紙の仕事-」 を観てきた。

澤田哲郎の油彩(膨大な量のサムホールを含む)以外の作品をこれだけまとめて観るのは初めてだ。
いやあ、いい! 素晴らしく、いい!

和紙(分厚い和紙のようだ)と墨を実に自由に使いこなしている。抽象なのに、山、川、風、大気、森、大木などを感じさせる。風土が息づいているのだ。それでいて、モダンでもある。これならモダンアートにうるさいニューヨークっ子も飛びついたわけだ。ザオ・ウーキーに通じるものがあると思った。

屏風も初めて観た。これなど千住博を先取りしていた。

展覧会場でこんなにワクワクしたのも久しぶりだ。心から「これ、ほしい!」という衝動を覚えたのも久しぶりだ。

ちなみにこの展覧会、無料である。行って決して損はしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コダーイが流れてきた

ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲Op.7が、NHK-FMで流れていた。演奏はベンヤミン・シュミットとクレメンス・ハーゲン(豪華な顔ぶれですね)。 ライヴ録音だ。
十年ほど前によく聴いていた曲だ。つまり、チェロを買ったころだ(その後、チェロをやめて、ヴィオラに転向)。懐かしかった。

コダーイはいい室内楽を残しているが、あまり演奏されることがない(無伴奏チェロ組曲は別として)。合唱の世界ではコダーイ・メソッドで有名だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『街もりおか』1月号出来

『街もりおか』を本年もどうぞよろしくお願いします。新春1月号には本誌発行人でもある高橋克彦氏の特別寄稿が初登場。本誌で初めて明かされる、読み応え十分のエッセイです。
P01_



また、新春特別企画『古今亭菊之丞インタビュー』、盛岡とダンゴの深い関係を探る座談会など本誌ならではの読み物です。

『街もりおか』1月号は会員店(クリックしてスライドショーでご覧ください)でお手にとってください。
中の橋通のプラザおでって一階「おもてなしプラザ」でも販売しています(250円)。

定期購読のお申し込みも受け付けています。
一冊 250円×12ヶ月に送料込みで 一年3800円です。
郵便振替番号02210-9-54909 杜の都社

電話番号&ファクス
019-625-5835

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の宿題

■昨年は『街もりおか』に思いのほか時間をとられ、旅が少なかった。ロードバイクを新調し、関連する装備をそろえるのに、これまた思いのほかお小遣いを使うことなり、旅にまわす余裕がなかったせいもある。今年はオートバイでは北海道ツーリング会津ツーリング、自転車では京都サイクリング県北(山根六郷)サイクリング八幡平アタックを実現させたい。

■妻との山行は、秋田駒ヶ岳八幡平トレッキング早池峰山西和賀のブナ林トレッキングを予定。

■頓挫している書き下ろし小説二本を書き上げる。

■マヌーシュ・スウィングのレパートリーを最低でも3曲、できれば5曲。

■『街もりおか』の営業活動をさらに進めなければならない。宿題がたまっているので、もろもろの雑用は申し訳ないが、断るつもりだ。不義理をしますが、どうか勘弁してください。

もっとも、これまで宿題をちゃんとやったことがないので、はなはだ見通しは悪いのだが(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は

クラシック音楽関係では

フェリックス・メンデルスゾーン(作曲家)生誕200周年。

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(作曲家)没後250周年。

イサーク・アルベニス(作曲家)没後100周年。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(作曲家)没後200周年。

ホアキン・ロドリーゴ(作曲家)没後10周年。

エルネスト・ブロッホ(作曲家)没後50周年。

ボフスラフ・マルティヌー(作曲家)没後50周年。

エイトル・ヴィラ=ロボス(作曲家)没後50周年。

フランシスコ・タレガ(作曲家)没後100周年。

クラシックギターと関係が深いアルベニス、ヴィラ=ロボス、ロドリーゴ、そしてタレガの記念年にあたっている。

ジャズ関係では

ベニー・グッドマン(ジャズクラリネット奏者)生誕100周年。

ビリー・ホリデイ(ジャズ歌手)没後50周年。

アルフレッド・ライオンブルーノート創設者)生誕100周年。

このなかでは何といってもアルフレッド・ライオンに注目。

自然科学の分野では

チャールズ・ダーウィン(生物学者)生誕200周年。

岩手県関連では

岩手県に関連する人物として重要なのは、鈴木東民の没後30周年。東民について地元の岩手であまり語られることがないのは、なぜだろうか。

また、宮沢賢治が盛岡中学に入学したのが1909(明治42)年なので、ちょうど100年にあたる。北海道では2007年に、石川啄木が北海道に来て100年目の年を盛大に顕彰したと聞く。盛岡でもぜひ何かやりたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年頭から軟弱

昨日、八幡宮へ元朝参り(初詣のこと)に行った。長蛇の行列だったので出直すことにし、桜山神社に向かった。
ところがこちらもサンビルまでワンブロックつづこうかという行列で、ここもパス。結局、盛岡名物の薄焼き(お好み焼き)を食べに出かけたようなものだった。

Collage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

旧年中はありがとうございました。

2008年4月から、40年の歴史を誇る盛岡の月刊誌『街もりおか』の編集長を引き継ぎ、経営の建て直しと誌面の充実に力を注いできました。こんなご時世にもかかわらず、おかげさまで何とか軌道に乗り、誌面についてもご好評をいただいています。
多くのみなさまの支えに改めて感謝申し上げます。

今年は『街もりおか』編集のほかは本業に専念し、滞っている二本の書き下ろし小説を書き上げるつもりです。あちこち不義理をしますが、ご容赦ください。

11165712_3705656387

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »