« 輪行袋を新調 | トップページ | 『わが教え子、ヒトラー』を観る »

コントラバス

2月15日の小山実雅恵さんの室内楽コンサートで、コントラバスの佐野央子さんが弾いていた楽器の形に、なんだか違和感を覚えた。よくよく考えてみると、佐野さんのコントラバスはチェロをそのまま大きくしたような形をしていた。普通、コントラバスはヴィオラ・ダン・ガンバを大きくしたような形をしているので、撫で肩なのだが、佐野さんのは違った。

これが佐野さんが使っていたコントラバスの形。Bass












でもって、普通のコントラバスの形はこっち。

Wbs80001











ね、違うでしょう。
ちなみに、コントラバスはヴァイオリンやチェロとはルーツが別で、ヴィオラ・ダ・ガンバの系統の楽器なんですね。だから、調弦もヴィオラ・ダ・ガンバのように4度だ(ヴァイオリン族は5度)。ジャズではウッドベースとかダブルベースと呼ぶことが多いが、同じ楽器。

それはともかく、チェロを大きくしたようなコントラバスを私はあのコンサートで初めて見た。

|

« 輪行袋を新調 | トップページ | 『わが教え子、ヒトラー』を観る »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

ソロで弾く時に、撫で肩でないコントラバスを使用するみたいですよ(^o^;

投稿: ゆずママ | 2009年2月27日 (金) 21時15分

ゆずママさん>そうなんですか。勉強になりました。

投稿: 斎藤純 | 2009年2月28日 (土) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/44164139

この記事へのトラックバック一覧です: コントラバス:

« 輪行袋を新調 | トップページ | 『わが教え子、ヒトラー』を観る »