« 祝 | トップページ | マカフェリ・モデルをチューンアップ »

シューベルトの「ます」を聴く

昨日は旧玉山村の姫神ホールで小山実雅恵さんと東京都響のメンバーによる室内楽コンサートを聴いてきた。もう十年数年前のことになるが、ツーリング仲間と「岩手のイメージ曲を選ぶとしたら」と話し合ったことがあった。私のオートバイの師匠(大のクラシック通でもある)がまっさきに挙げた曲が、シューベルトのピアノ五重奏曲イ長調D.667の「ます(鱒)」だった(ちなみに私が選んだのはバッハの無伴奏チェロ組曲)。

確かにこの曲は岩手の透き通った大気や清冽な水の流れをイメージさせる。シューベルト22歳のときの作品で、第4楽章が歌曲『ます』D.550の旋律を用いた変奏曲なので、この副題が付いている。室内楽の名作中の名作といっていい。

小山実雅恵さんは先ごろ岩手日報文化賞を受賞された。今回はその記念演奏会。東京都交響楽団の精鋭奏者(ヴァイオリン吉岡麻貴子、横山和加子、ヴィオラ小林明子、チェロ長谷部一郎、コントラバス佐野央子)と、とても楽しそうに室内楽のお手本のような演奏をされた。つまり、足しもせず、引きもせず。チェロのリードが光った。

以前、小山さんと対談をしたとき、「ロシア音楽を演奏するとき、盛岡で過ごした冬の経験が活きている」とおっしゃっていたことが強く印象に残っている。音楽と風土を考えるヒントを与えてもらった。

ところで、姫神ホールでクラシックを聴くのは初めてだった。響きがいいホールだ。聴衆の質も高かった。

|

« 祝 | トップページ | マカフェリ・モデルをチューンアップ »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

僕はバイクに乗っているときはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番の第一楽章とか、ショパンの舟歌とかがよく頭の中を流れます。ちょっとスローな感じで。
雨上がりの林道とかですとなぜかラベルのオンディーンが流れます。
シューベルト、バッハの曲も良いですね。

投稿: ぼんず | 2009年2月17日 (火) 22時18分

ぼんずさんはさすがに詳しい!!
乗っているマシンによっても、音楽は変わりますよね。エンジンの性質などが影響するのでしょう。

投稿: 斎藤純 | 2009年2月18日 (水) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/44080096

この記事へのトラックバック一覧です: シューベルトの「ます」を聴く:

« 祝 | トップページ | マカフェリ・モデルをチューンアップ »