« 『わが教え子、ヒトラー』を観る | トップページ | 『街もりおか』3月号出来 »

「わたしのじゃじゃ麺」を観た! 泣いた! 笑った!

劇団モリオカ市民 第二回公演「わたしのじゃじゃ麺」初日の一回目の公演を観てきた。

C0098311_1261733 いやあ、笑って泣いて、また笑って泣いた。脚本もよかったし、舞台セットもよかったし、何よりもキャストが「大好きなじゃじゃ麺」のために奮闘していることがビシビシと伝わってきて、気持ちがよかった。
伝え聞いてきたじゃじゃ麺伝説を芝居で観たわけだが、ひとつの昭和史にもなっていた。これは盛岡の人ばかりではなく、県外の多くの人にも観ていただきたいと思った。

第二幕が終わったとき、客席から拍手が起きた。クラシック音楽でいえば楽章間の拍手のようなものだろうか。それだけいい芝居だったということだと思う。

芝居を観ているうちに、じゃじゃ麺を食べたくなった。帰路、某所で持ち帰り用のじゃじゃ麺を買ってきた。

高校生のころ、友人につれていってもらって初めてじゃじゃ麺を食べたときは、正直、まずいと思った。よく食べるようになったのは、20代も半ばになってからだ。ロックヴォーカリストの山下久美子さんもじゃじゃ麺がお好きで、「ネギ多め」なんて注文をしていた。

ところで、私は「アマチュア演劇に甘い」らしいが、まあ、そうかもしれない。なにしろ、生身の人間が目の前で演じているというだけで、まず感激してしまうような男だから、目をつぶってください。

今夜と明日の公演があるので、時間のある方はぜひ!

|

« 『わが教え子、ヒトラー』を観る | トップページ | 『街もりおか』3月号出来 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/44201119

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしのじゃじゃ麺」を観た! 泣いた! 笑った!:

« 『わが教え子、ヒトラー』を観る | トップページ | 『街もりおか』3月号出来 »