« 『印象・いわて』展終了 | トップページ | 寺神戸亮&ボヤン・ヴォデニチャロフ デュオリサイタル »

ツール・ド・フランスから目が離せない

世界最高峰の自転車ロードレースにして、最も過酷なスポーツと呼ばれているツール・ド・フランス

今年は日本人選手が二人出場している。いや、「出場している」というだけでも大変なことなのに、二人の日本人選手は自転車ロードレースの本場ヨーロッパでも話題をさらう活躍ぶりを見せている。

6月5日第2ステージで、新城幸也(24)=ブイグテレコムが5位入賞(記事)。そして、翌6日第3ステージでは、別府史之(26)=スキル・シマノが8位でゴールした(記事)。

ちなみに、ツールのステージ優勝は他のクラシックレースの優勝に値する、といわれているそうだ。二人の成績の価値がこのことからもよくわかるだろう。復活したランス・アームストロングももちろん気になるが、二人の日本人選手に期待が高まる。

しかし、3週間かけてフランスをほぼ一周するツールはまだ始まったばかり。お楽しみはこれからだ。

|

« 『印象・いわて』展終了 | トップページ | 寺神戸亮&ボヤン・ヴォデニチャロフ デュオリサイタル »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/45562346

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・フランスから目が離せない:

» 新城幸也 [たつやの日記]
ツール・ド・フランス―君が教えてくれた夏 [著]naco 8 ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 18時39分

« 『印象・いわて』展終了 | トップページ | 寺神戸亮&ボヤン・ヴォデニチャロフ デュオリサイタル »