« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

平家物語序文

祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。

古文の時間にこれを習ったときは、感動も何もなく、暗記の強要に対する嫌悪しかなかった。 30歳過ぎて、再びこの文章に出会ったとき、静かな衝撃と深い陶酔を覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩洞湖ヒルクライム

1269713930_228 先週の網張ヒルクライムで自信をつけ(笑)、岩洞湖ヒルクライムに挑戦した。

いやあ、きつかった。私の苦手な直線の長い上り坂が多く(平均斜度6パーセント台後半)、何度も「ここで引き返そうかな」と思った。そのつど「ここまで来たんだから、もう少し行けるところまで」などと自分に言い聞かせて(というか、だましだまし……)、目的地の岩洞湖レストハウスまで完走した。
やっぱり一人だとつらいものだとわかった。

このあたりでは藪川そばが有名だが、外山森林公園管理事務所の手打ちそばを食べた。うまかった!

ヒルクライムといっても、私は途中で休憩をしている。本物ののヒルクライマーから見れば失笑ものであることは重々承知していますので、大目に見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手と近江を結ぶかけはし ~近江商人~

盛岡市政120周年記念・近江商人来盛400年記念
『岩手と近江を結ぶかけはし ~近江商人~』

プラザおでってホール
午後1時30分開演(午後4時30分終演)

第一部「近江商人が南部藩に果たした役割」
森ノブ(岩手古文書学会会長)

第二部「岩手と近江のきずな 過去と未来」
池田克典盛岡市副市長
竹脇義成高島市副市長
藤井克己岩手大学学長
村井研一郎村源薬局会長(近江商人末裔)
斎藤純(コーディネイター)

午前中、上の橋のたもと(近江商人の最初の拠点)につくられた「近江商人来盛記念碑」の除幕式に参加した後、上記へ。

おでってホールにはたくさんの方にお越しいただき、会場から人が溢れるほどだった。
第二部のコーディネイターとして私はまったく不適任だったにもかかわらず、パネラーのおかげで中身は充実し、勉強になった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰痛対策

朝、腰痛で目が覚めることがあった。布団や枕をいろいろ試してみたが、劇的な効果をあげることはできなかった。

ストレッチがいいと聞き、試してみたところ、翌朝から効果があらわれた。寝ているあいだの腰痛は、太股の裏側の筋肉を伸ばすストレッチで緩和できる。そんなわけで、就寝前と起床後のストレッチが日課になった。わずか3分間ほどのストレッチで効果がある。

腰痛にはさまざまなタイプがあって、立っていると痛むもの、座っているときに痛むものなどのほかに、寝ていると痛むものがあるのだという。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

弦交換

ギター(マカフェリモデル)の弦を交換した。

D1000135 このギターメーカーSAGAの純正品を初めて張ってみた。この弦、一般的なボールエンドではなく、ループエンドになっている。テールピースの球形部分にループをひっかけて張るんですね。こういうのは初めてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見つかった! 見つからない!

261483_282615260 昨年の冬に探しても探しても見つからなかった手袋(イタリアで買った、思い出の品でもある)が、思いもしなかったところから出てきた。よかったわーい(嬉しい顔)





ハインラインの『夏への扉』を久々に読み返そうと思ったが、文庫用の本棚にない。もしかして、未開封の段ボール箱に入ってるのか? 盛岡に引っ越してきてから一度読んだ記憶があるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外貨獲得?

私の短編「ル・ジタン」が、韓国で出版されたアンソロジーに収められている。その印税が振り込まれたという連絡が銀行からあった。私にとっては初の海外からの印税だ。
ひじょうにわずかな額なのだが、外貨を稼いだってことにしておこう(*^.^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網張ヒルクライム

網張温泉スキー場までサイクリングに行ってきました(ルート図)。
メンバーは、9月からNHK岡山局に異動するK光記者、私の師匠の村Mさん、岩手県サイクリング協会のS々木事務局長。
なんとK光記者は、きのう湯元温泉に泊まっていて、60数キロの道のりを待ち合わせ場所のアイスアリーナまで突っ走ってきたとのこと。さすがトライアスリートはタフです。

網張には、(なぜか)小岩井側から登ることが多いようですが(何人ものサイクリストとすれ違った)、私たちは玄武温泉側から九十九折りの山道を上がりました。私はだらだらと長い直線の上り坂より、九十九折りの坂道のほうが好きです(平地はもっと好きです)。

網張には八幡平ヒルクライムをやる前に、練習に来ようと思っていながら果たせていなかったから、順番が逆になりました。
以前だったら登れなかったと思います。八幡平をやったことで自信がついたらしく、自分でも意外なペースで登り切ることができました。

1263136865_1 師匠とのツーショット。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕暮れ

1262313687_248 SF映画に出てきそうな雲だ。こういう雲を絵画にすると、「こんな人工的な雲などありえない」と一蹴されるような気がする。

自然は奇想天外な造形を生むものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

右側に並んでいるコンテンツに、石神の丘美術館のホームページを追加しました。

石神の丘から(美術館通信)をクリック→石神の丘美術館HP→左側のメニュー一覧から「美術館通信」をクリックすると美術館通信pdfがひらきます。

4月号から「石神の丘から」を連載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理容師専用ハサミ・メーカー見学

岩手町の東光舎工場を見学してきた。
理美容師なら知っているJOEWELLなどのハサミをつくっているメーカーだ。我々が使っている文具のハサミとは似て非なるもの。なにしろ2万円~10万円というシロモノだ。ここのハサミを、あのサッスーンも使っていたとのこと。

機械化しているものの、ほとんどハンドメイドと言っていい。「受注に追いつかないので機械化したいのだが、機械ではこの微妙なラインやタッチはつくれない」と工場長がおっしゃっていた。
機械よりも「職人の技(感性)」が大切なのだとわかる。ここでは40名の職人(みんな正社員)が芸術品ともいえるハサミをつくっている。

製品の6割~7割は海外へ輸出されている。外貨を稼いでいる優秀な企業が岩手町にあるのを知って驚いた(東北ではここだけ)。新潟には燕三条にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神長いもそば新発売!

R0013578岩手町特産の長芋をつなぎに使った蕎麦。これが美味い!
蕎麦の香りが活かされているし、長芋を使っているので喉越しのツルツル感がまたいい(新潟のへぎそばを連想した)。
こちらから購入できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘美術館に達増知事が来館

開催中の『マンガ百花繚乱』展に達増知事がみえられた。当館館長でもある民部田町長と一緒にゆっくりとご覧いただいた。

1258564930_29 知事は「これもあれも全巻もってる」とか「これは衆議員時代に全部読んだ」などとなかなかのマンガ通でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の好きなもの

麺食いです。麺類なら何でも好きです。今回はラーメン画像を。

11165712_3313069815

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ・マウント物色中

今度のデジカメは高画質の動画をとれる。自転車のハンドルにカメラを装着するためのマウントがほしくなった。
いろいろ出ているんですね。どれにしようか、まだ決めかねている。

200cam008_03 Cameraholder7 Img_0408 Syasuke

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメ導入

故障した オリンパスμ720SWに代わって、私の旅の相棒をつとめてくれるデジカメはバナソニック(買ってから、うちのテレビと同じメーカーだと気がついた)のLUMIX DMC-FT1

決め手は、やはり防水・防塵。色はフォリッジグリーンを選んだ。Head


十年もってほしいのが本音だが、それは無理と諦める。せめて5年はもってほしい。そのためにも、毎年パッキング交換を忘れないようにしようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

爪も鼻毛も……サイクリング後日談

ツーリング中は爪が伸びる……これは我々オートバイ乗りの定説なんですが、どうやらサイクリングでも爪が伸びますね。やはり、手への振動が刺激になるのだろうか。

それと、首都圏や大阪などクルマの交通量が多い都市を長時間オートバイで走ると、鼻毛が伸びる(これ、ホント)。サイクリングでも同じなんですね。日曜日にトンネル走行があったせいか、鼻毛が驚くほど伸びていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・八幡平ヒルクライム完走!

前々から誘われていた八幡平ヒルクライムに参加した。女性3名を含む20代~70代のサイクリスト18名が参加。結果は、一応、完走

「一応」と断らなければならないのは、途中の展望台などで休んだからだ。これは「有効」なのだが(自転車を押して歩いた場合はリタイアとなる)、私より歳上で、まったく足を地面につかずに登りきった人たちもいる。
「初参加で完走は立派なものだ」とみんなから祝福され、心底、嬉しかった。内心、今年はようすを見るつもりの参加だったので、リタイアして当然だと思っていた。
来年は「堂々の完走」を目指したい。

一日目8月8日
盛岡~銭川温泉:83.5㌔/5時間(このうち盛岡~八幡平頂上駐車場:65.8㌔/4時間25分)
・頂上付近で霧雨。これは気持ちよかった。秋田側へいっきに1000m駆けおりるのも快感だった。登りは遅いが、下りは速く、「センスがいい」とベテランから褒められた。オートバイでコーナリングに慣れているおかげだろう。

・平均斜度は5パーセントから6パーセント台。
・夕飯は宿の外でBBQ大会。締めに焼きそばが出る予定だったが、まかない担当さんが麺を忘れてきたために野菜炒めになった。

二日目8月9日
銭川温泉~鹿角経由~盛岡:105㌔/5時間
・朝食はレトルトカレーを使ったエッグカレーの予定だったが、まかない担当さんがレトルトカレーを忘れてきたため玉子かけご飯になった(私は朝からカレーより、こっちのほうがいい)。昨夜の一件と合わせて、「焼きそばカレー事件」として長く語り継がれていくことになるだろう。
・午後から断続的に雨。ときおり、強く降った。新調したレインウェアの性能をチェックできた。
・今日も長い峠越えが二カ所ある。もう走れないだろうと思っていたが、意外にも走れた。集団走行の力である。

○長距離サイクリングは荷物が大変だが、サポートカー(ワゴン)が運んでくれるのでとても楽だった。
○サイクルオダシマの小田島社長を筆頭に、スタッフのホスピタリティが素晴らしかった。

1250703522_221 頂上駐車場にて私を導いてくれた師匠のM松さんと。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリンパスμ720SW故障

オリンパスμ720SWが故障した。シャッター式のレンズカバーが開かなくなったのだ。

修理費が高くつくようなら、新しいデジカメを買おうと思いつつ、修理に出した。10年は使おうと思って買ったんだから。
メカニカルな故障なので、5000円くらいで直るだろうとたかをくくっていたのだが、 レンズアッセンブリー交換とのことで、修理費見積もりは1万円を超えていた。新しいカメラに買い換えることにした。

それにしても、ヘヴィデューティが「売り」のカメラなのに、口ほどのこともなかったですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

盛岡商工会議所ニュース

いま出ている盛岡商工会議所ニュース8月号(第600号)の巻頭座談会に出席されている馬場洋子(東家)さんは、『街もりおか』の強力な同人のおひとり。巻頭特集はpdf版で読むことができる。

ちなみに、私のインタビューも掲載されている(これはWEBでは読めません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回石神サロン

昨夕、「第一回 石神サロン」が開催された。岩手町の農業、商業、工業従事者を中心に行政も加わった異業種集会だ。

私は「岩手町ブランドの可能性」というテーマが与えられ、石神の丘美術館ギャラリーホールで30分ほど講演をした。北イタリアのアオスタ市や盛岡ブランドのこと などを紹介しつつ、岩手町ブランドには充分な可能性があるとアピールした。

ただ、岩手町の人たちが岩手町のことをあまり知らないのも事実。地域活性化は「地元の人が地元のことをよく知る」ことから始まる。美術館が「まちおこし」で果たす役割について、金沢21世紀美術館の例を挙げて、地元商店街との連携を提案した。

レストラン石神の丘に移動して歓談(宴会ですね)。飲みながら話すうちに、いろいろな課題が見えてきた。単なる交流会ではなく、今後、成果目標を掲げて活動していけたらいいな、という話も出た。
岩手町には実に熱い男たちがいる。それを知っただけでも収穫だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫波自転車競技場へ

午前中、紫波自転車競技場で開催された「サイクルチャレンジ大会」に参加してきた。紫波自転車競技場は一周333メートル、最大傾斜角度34度のバンクを持つオーバルコースだ。
現地まで、1時間ちょっとかけて自走。もう足が上がった状態で、タイムトライアルに挑戦となった。
結果は1分06秒50で一般の部1位。

実はこの大会は子ども向けのイベント(写真参照)で、「一般の部」が設けられているのは保護者が参加するためなのであった。
ゆえに、ロードバイクで参加した大人は私一人……おしょすがった(恥ずかしかった)。本来、一般の部はトラック一周なのだが、「純さんは2周して」と係員に言われた(中学生の部は2周)。

バンクコースを走れるなんて、めったにない機会だと思って参加したのだが、紫波自転車競技場はときどき無料解放しているのだそうだ。調査不足だった。バンクコース走行を体験できるなんて、多くのサイクリストから羨やましがられるだろう。紫波町も宣伝が下手だ。

朝、北上川サイクリングロードを紫波に向っているとき、NHKの國M記者が反対方向からランニングしてきた。来月出場する佐渡トライアスロンに備えての練習だ。健闘を祈る。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『街もりおか』8月号出来

08p1おかげさまで『街もりおか』は通巻500号を迎えました。今月号はその記念特集を組みました。
また、500号を機会に表紙をリニューアルしました。高橋克彦氏の真景錦絵が表紙です。実際にお手にとってご覧ください。
高橋克彦氏、井沢元彦氏、内館牧子氏(どこに登場しているでしょうか)の特別寄稿も読みごたえあります。

『街もりおか』は会員店(クリックしてご覧ください)と、さわや書店大通り本店、プラザおでって一階おもてなしプラザで入手できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子で楽しむギター音楽の世界

先日、伊藤光さんのギター教室にお邪魔し、今日演奏される曲をちょっと聴かせていただきました。ギター一本だけの音楽とは思えませんでした。ギターは小さなオーケストラ、といわれますが、本当にそのとおりです。

ぜひ、聴きにいらしてください。ウクレレも演奏も披露するそうです(これがまた凄い演奏!)。

01372c2a52865d225e39abeefebdfc47 日時:2009年8月1日(土)
   午後5時開演(午後4時30分開場)

場所:石神の丘美術館ギャラリーホール

チケット:一般1,000円(友の会会員800円)/高校生以下500円
     美術館受付にて販売中。当日券もございます。

主催:石神の丘美術館友の会
後援:岩手町教育委員会/岩手町立石神の丘美術館/岩手町芸術文化協会

*ギャラリーコンサートのチケット半券を美術館受付で見せると、同伴者の展覧会料金(300円)が無料になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »