« うらめしや~ | トップページ | 中国で感じたこと(芸術編) »

中国で感じたこと(交通編)

中国の旅で感じたことを数回に分けてメモします。

〇中国は完全なクルマ優先社会。横断しようとしている人がいても、決して止まらない。

〇譲り合うということもまったくしない。わずかな隙をついて割り込む度胸がないと、目的地には永遠に着かない。

〇かなり飛ばす。

〇北京、フフホトではクラクションの音が街中に溢れている。それに比べると上海は静かだった。

〇先進国が小型車化しているなかで、中国ではアウディ、BMWの大型車が目立った(もちろん、アメ車も)。これらのメーカーが「第三世界を対象に新車を開発している」ということをこの目で確かめることができた。

〇信号が赤でも右折(日本にあてはめるなら、左折)は可能。これは欧米でも採用されており、合理的かもしれない。

〇信号が少ない(日本は多すぎるが)。

〇寒かったが、それでも自転車がけっこう走っていた。モペット(ペダル付きの原付)が多かった。原付はヘルメット不要。

〇自転車の右側通行(日本にあてはめるなら左側通行)は徹底しており、逆走している自転車はほとんど見かけなかった。また、歩道を走る自転車も皆無と言っていい。もちろん、自転車走行帯が完備しているからでもあるが。
逆走する自転車がいない点については日本も学ぶべき。

|

« うらめしや~ | トップページ | 中国で感じたこと(芸術編) »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/46856646

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で感じたこと(交通編):

« うらめしや~ | トップページ | 中国で感じたこと(芸術編) »