« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

トホホ映画(ワースト)10

映画専門誌「映画秘宝」が、2009年劇場上映作品のワースト10を紹介するトホホ大賞「トホホ10」を発表した。

トホホ10は以下のとおり。

第1位『DRAGONBALL EVOLUTION』

第2位『ターミネーター4』

第3位『2012』

第4位『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

第5位『しんぼる』

第6位『カムイ外伝』

第7位『13日の金曜日』

第8位『HACHI 約束の犬』

第9位『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』

第10位『20世紀少年』シリーズ

私が観た映画(34本)は1本も入っていない。「選球眼がいい」ということにしておこう。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アバター』を観たのだ

http://movies.foxjapan.com/avatar/

観る予定ではなかったが、知人から「ドラゴンものとしても観ることができるよ」と教わった(私はドラゴンものに目がないのです)。

で、3D字幕版を観た。
いや、おそれいりました。観てよかった。これは劇場でしか体験できない映画だ。

3Dメガネがやや重かった。眼鏡の上からかけた場合の安定性が悪い。これは、今後の課題だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいご招待

1398851781_9

今年もキャラホール少年少女合唱団から招待状が届いた。

とても楽しみにしていた公演だが、残念ながら紫波町の小説講座と重なっていて行けない。 きっと素敵なコンサートになることだろう。

ところで、このコンサートはキャラホールの主催事業にもかかわらず、盛岡市文化振興事業団はホームページに紹介記事をアップしていない。宣伝をしなくても満席になるコンサートではあるけれど、こういうところで手を抜いては困る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これは便利

スケジュール管理をyahooカレンダーで行なうようになって、スケジュール手帳をほとんど使わなくなった。

41317413_451011613

しかし、メモをとるための手帳は常に必要なので、写真上の手帳を持ち歩いている(先日紹介したミニ手帳と同じデルフォニックスというメーカーのRollbahnシリーズ)。

41317413_2792700816

私は物忘れの達人だから、手帳は持ってもペンを忘れることがしばしばある。ペンと手帳を紐でつないでしまうことも考えたが、写真上のグッズを見つけた。貼り付けるタイプのペンホルダーだ。これは便利。

 (←クリックすると楽天ショップで手帳が買えます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった!

今朝の日曜美術館はボルゲーゼ美術館展の関連番組だった。来月の観覧に備えて予習しておこうと思っていて、すっかり失念していた。

31日午後8時からの再放送を忘れずに観よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の中津川散歩

盛岡市中央公民館で開催中の特別展「盛岡藩の絵師と盛岡八景」を観てきた。

ついでに中津川を散歩して、写真を撮った(いつものPicasaに)。白鳥や鴨が寄ってくるのは、餌付けで人慣れしているからだろう。

冬の中津川は今シーズン二度目。2001年に盛岡に帰ってきたころは雪が降ると楽しくて、よく中津川の河原を散歩したものだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊が飛んでいる……

本物の蚊ではなくて、飛蚊症のこと。
いつもは右目だけなのに、今日は左目に症状が出ている。

老化現象なので「クスリはないです」(眼科医談)とのこと。ブルーベリー・サプリを飲んでみたが、効果なし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ね、眠い!

日曜日、『パブリック・エナミーズ』を見にいってきた。ズシリと見応えのある映画だった。

ついでに、MOSSに入っている小さな文房具店で手帳を買ってきた。サイクリングのときにジャージの背中ポケットに入るサイズのものを探していたのでちょうどよかった。

1391714946_140

いや、それにしても、眠い。寝ても寝ても寝足りない。
忙しいのが一段落したからだと思っていたが、今週もいろいろとある(先週と違って、夜の予定が半減したのが救いか)。
日記を見ると、どうもこの時期に出てくる症状らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽四重奏とジャズの融合

弦楽四重奏といえば、「マニア好み」とか「地味」だとか言われがちで人気も今ひとつだが、クロノス・カルテットはクラシックの枠を超えた音楽で人気を集めている。
このアルバムではビル・エヴァンズ(ジャズ・ピアニスト)を弦楽四重奏で演奏している。ビル・エヴァンズと共演したジム・ホール(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)も参加しているのがミソ。

klimt(アマゾンジャパンでは扱っていないようだ)も、ジャンルを大胆に跨いで、いいアルバムをつくっている弦楽四重奏団だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満員御礼

昨日は寒い中をたくさんの方にお越しいただき、ほんとうにありがとうございました。
出演者が若手だったこともあって、客席が若い人で埋まっていたのが印象的でした。

この小説が推理作家協会賞をもらったとき、ある評論家が「こしらえはモダンだが、お話は世話物・人情物である」とおっしゃった。浪花節ですね。浪花節は語るものです。今回の朗読劇は、今風の浪花節になっていたと思いました。

打ち上げの宴席で、ホットクラブオブ盛岡四重奏団(特別出演)のボス寺田誠さんが「我々のやっているマヌーシュスィングは、この小説で書かれている音楽と重なっている。コンサートではなく、こういうイベントで演奏するのはとても意味のあることだ」と挨拶。いいことを言いますね。

41317413_197824573

(前日のリハーサル風景から)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朗読劇『ル・ジタン』

1384182677_119

1384182677_31

朗読の祭典『語りの芸術祭』が開催される。
私の『ル・ジタン』の朗読劇もある。ホットクラブオブ盛岡四重奏団の生演奏付きなので、私はバンドの一員として参加。

1384182677_144

語りの芸術祭inいわて盛岡 公募俳優による朗読劇
「ル・ジタン」作/斎藤純

[日時] 1月15日(金) 19時開演
 (開場は開演の30分前)

[料金] 前売1000円(当日は200円増)

お問い合わせ→019-604-9020(いわてアートサポートセンター)

新着日記はこの下↓(15日まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵の具テスト

オレンジとかパープルとかローズなど、今まで使ったことのない絵の具をパレットに追加した。

お手本にしてきたアルウィンに倣って、これまではいわゆるアースカラーで描いてきた。だいたい4、5色あれば、風景画は描けるものだ。 ただ、その場合、仕上がりがダークな感じになる。
今年は色を多用し、色調が鮮やかな絵を描いてみたい。

1384773846_102

初めての水彩絵の具をテストしてみた(写真)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

'spine and sensory'

私が愛用しているサイクリング・ウエアメーカーRaphaのビデオクリップで使っている音楽が以前から気になっていた。

tristeza というバンドの 'spine and sensory'というアルバムからの一曲であることがわかった。さっそく注文した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫ジャケ

猫が使われているLPジャケットを集めた写真集を誕生日のプレゼントにいただいた。こんなにあるとは! うちには猫グッズがたくさんあるが、猫ジャケはたぶん2、3枚しかない。

見ていて飽きない写真集だが、実物(CDでもいいんだけど)がほしくなるのが困る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『街もりおか』1月号出来

『街もりおか』新春特別号は2本の対談をぜひご覧ください。
岩手出身で縄文漫画で知られる漫画家高室弓生さんと高橋克彦さんの対談、岩手出身でロイヤルフランダースバレエ団(ベルギー)のプリンシパル齊藤亜紀さんと私の対談です。

1382506139_75

今年も「LOVE盛岡」に徹し、読みごたえのある冊子をお送りします。よろしくお願いします。

『街もりおか』1月号は会員店でご覧いただけます。また、さわや書店本店、プラザおでって一階「おもてなしプラザ」などでも販売中(¥250)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年は

生誕100年を迎えるのは、白洲正子、黒澤明、マザー・テレサ、S.バーバー、ジャン・ジュネ、デビッド・ニーヴン、石上 玄一郎 、双葉 十三郎、南里 文雄 。そして、われらがジャンゴ・ライハルト。

生誕150年を迎えるのはマーラー。

生誕200年を迎えるのは、ショパン、シューマン、国貞忠治。生誕300年はベルゴレージ、生誕350年はスカルラッティ。

没後100年を迎えるのは、ナイチンゲール、山田美妙、マーク・トウェイン、オー・ヘンリー、アンリ・ルソー。

今年は柳田國男「遠野物語」出版100年(明治43年6月)でもある。

100年前の1910年5月19日には、ハレー彗星の尾のなかを地球が通過。ひぇ~、そんなことがあったんですね。

ところで、今日は私の誕生日。53歳になってしまった。
1月5日生まれの人を調べていたら、おもしろいことに気がついた。ピアニストの巨匠、ミケランジェリ(1920年)、ブレンデル(1931年)、ポリーニ(1942年)の3人が1月5日生まれなんですね。私もピアノをやってればよかったかも(←馬鹿ですね)。

大好きな画家、ニコラ・ド・スタールも1月5日生まれだ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

盛岡市歴史文化施設の名称募集

盛岡市歴史文化施設が名称を募集(←クリックすると市役所の該当ページがひらきます)している。締め切りは今月18日。

Clip_image002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のサイクリング計画

北緯40度に沿ったルートを走ってみたいと思っている。八幡平越えを含む315キロだから、4日間はかかるだろう。一度には無理だから、二回に分けようかな。

ALPSLAB routeがルートラボに代わった。さっそくデータを移行してみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盛岡文士劇テレビ放映

大好評だった盛岡文士劇『源義経』が、明日(3日)正午から、岩手放送で放映されます。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けまして、おめでとうございます。

2010

昨年は柄にもなく、目標めいたことを立てましたが、やっぱり実現できずに終わりました。よって、今年は初心に帰り、「流され行くままに」で行きます。

本年もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »