« 一足早く | トップページ | クロノス・カルテットを聴く »

ナラ・レオンの伝記

『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズ』を読んだ。「冬にボサノヴァの話題かよ」と思う型も少なくないと思いますが、いいボサノヴァは四季を通して、しみじみと聴くことができます。夏だけの音楽が「売り」のどこかの国のバンドとはそこが違う。

ナラ・レオンが1989年に亡くなったときは信じられなかった。それはボサノヴァ生誕30周年で盛り上がった直後だった。「生きたボサノヴァ伝説」の一人がなくなったといわれたが、それ以上に私は、小さいけど大切な宝石を失くしたような寂しさを覚えたものだ。

ナラは、形だけの保守主義、軍事政権による独裁政治、有名人に対する誹謗中傷、そして病魔と闘った。

ある面では確かに強い女性だった。
けれども、この本を読むと、CDで聴く歌声と同様に、ナラはあくまでも徹頭徹尾、美しく生きたのだと改めて教えてくれる。別の言い方をするなら、美しく生きるというのは、ナラのように生きることだ。

ルイ・カストロの著書で紹介済みのエピソードと重なる部分もあったが、ひとつのことが別の視点で語られているところが興味深い。

|

« 一足早く | トップページ | クロノス・カルテットを聴く »

ボサノヴァ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/47510801

この記事へのトラックバック一覧です: ナラ・レオンの伝記:

« 一足早く | トップページ | クロノス・カルテットを聴く »