« 地域ファンドフォーラムのご案内 | トップページ | 東京日帰りで、マッキアイオーリとビュフェと現代音楽を浴びる »

『ザ・ケルン・コンサート』を聴く

このアルバムを私はリアルタイムで聴いている。

大学2年の夏休みだったか冬休みだったか、盛岡に帰省して(いまや伝説の存在となったジャズ喫茶)伴天連茶屋に入り浸っていた。そのときに聴いたのだ。

が、ボンクラだった私はこのアルバムの凄さに気がつかなかった。

このアルバムを愛するようになるのは、それから十年あまり後のことだ。そのころ、私は「ジャズもロックも……それに、文学も映画も、そしてオート バイもクルマも、私にとって必要なものは1969年までに出揃っている」という持論を持っていた。

東京は渋谷道玄坂のジャズ喫茶(今はない)で、たまたまこのアルバムを聴いたとき、私は戦慄した。
音色の美しさと厳しさ、果てしない飛翔感と深さに酔った。いや、何よりもピアノという楽器の可能性を見せつけられたような思いがした。

69年以降のジャズもよく聴くようになったのはこのアルバムのおかげだ。

ちなみに、確か中村とうよう氏はこのアルバムをまったく評価していない。残念だ。

|

« 地域ファンドフォーラムのご案内 | トップページ | 東京日帰りで、マッキアイオーリとビュフェと現代音楽を浴びる »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

「ケルン・コンサート」十代の頃カセットテープで聴いてました。今でも話題になる、熱狂が伝わってくる演奏ですよね。
14日はチッコリーニの生演奏に興奮してきました。85歳ライブ。「展覧会の絵」の後アンコール3曲。
明後日はベートーヴェンの協奏曲2曲弾くそうです。(^O^)何者なんだ。あのおじいさん。
ジャズもクラシックもライヴが一番。はるばる行ったかいがありました。

投稿: さくらら | 2010年3月15日 (月) 00時42分

さくららさん>日曜日に東京オペラシティで現代音楽(東京フィル)を聴いてきました。いやあ、すごかった!

投稿: 斎藤純 | 2010年3月15日 (月) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/47790816

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・ケルン・コンサート』を聴く:

« 地域ファンドフォーラムのご案内 | トップページ | 東京日帰りで、マッキアイオーリとビュフェと現代音楽を浴びる »