« 自転車使用等に関する注意喚起 | トップページ | ありがとうございました。 »

オペレッタ『こうもり』に抱腹絶倒

11日のオペレッタ「こうもり」(盛岡市民文化ホール大ホール)は、傑作だった。もともと有名曲が多い演目だし、本がよくできていて(もちろん、「お約束」だらけのお芝居だが)、ちょっと 現代風の演出もよかった。
このごろはときおり日本語が飛び交う演出がはやっていて、これが的を射ており、ホールを大いに湧かせた。

新聞を頭からかぶって寝ていた刑務所長が部下から「マスコミの圧力に屈している」と言われたり、新聞を逆さに読んでいることを指摘されると「政治記事はこうして読むほうが真実がわかるのだ」と切り返すなど、なかなか含蓄に富むセリフもあった。

ところで、「こうもり」はある男の復讐談である。復讐する相手を屋敷に招き、その屋敷に集まった全員が協力して芝居をし、復讐を果たす。
「こうもり」の場合、相手に大恥をかかせるだけの復讐なのだが、これを殺人に置き換えると……そう、本格ものの推理小説になる。
案外、アガサ・クリスティーは「こうもり」にヒントを得たのかもしれない。

世相を反映して、客席は7割程度の入りだった。

|

« 自転車使用等に関する注意喚起 | トップページ | ありがとうございました。 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/48614825

この記事へのトラックバック一覧です: オペレッタ『こうもり』に抱腹絶倒:

« 自転車使用等に関する注意喚起 | トップページ | ありがとうございました。 »