« さようなら、三浦哲郎さん | トップページ | ドン・ジョヴァンニという男 »

明日は我が身(保険を考える)

これまで紹介してきたように、自転車はこれまで被害者の立場で語られることが多かったが、いま「加害者としての自転車」が問題になっている。 被害者に甚大な損害を与えても、クルマと違って自賠責制度の強制加入もないため、加害者と被害者の両方が大変不幸な目に遭う。 そこで……下記の毎日新聞の記事となる。

自転車事故:「自賠責制度の対象に」被害者団体が提言

 自転車と歩行者の事故が急増し自転車側への高額賠償判決が相次ぐ中、交通事故の被害者団体の代表が国土交通省設置の懇談会で、自転車を自動車損害 賠償責任保険(自賠責保険)の対象とするよう提言していることが分かった。保険未加入の自転車の事故で被害者が賠償を受けられないケースが生じており、自 賠責保険という強制加入制度の導入で救済すべきだとの考えだが、国交省は消極的な姿勢を示している。【北村和巳、馬場直子】

 「自賠責保険は被害者救済が目的なのに、自転車は対象外として事故被害者を救おうとしないのは非常におかしい」。6月、国交省が99年から設置する「今後の自動車損害賠償保障制度のあり方に係る懇談会」で、委員を務める「全国交通事故遺族の会」の戸川孝仁副会長(65)が発言した。国が自転車を環境負荷の小さい新たな交通手段として位置づけ、今後も利用が広がることを指摘した上で「(自賠責保険の)制度を変えていく必要がある」と提言した。

 遺族の会は交通事故犠牲者の遺族ら約1000人で構成し、政府や国会に交通事故の防止策を提案している。自転車事故の被害者からも相談が寄せられ、自転車利用者が重大事故と認識せずに現場を立ち去り、重傷を負った歩行者がまったく賠償を受けられないケースもあったという。

 戸川副会長は「道路交通法では自転車も車と同じ『車両』なのに、自賠責保険への加入義務づけは車とバイクだけ。法の矛盾を改善し、自転車からも保険料を集めれば、被害者救済や事故防止対策の充実にもつながる」と指摘する。自身は93年に車の事故で当時9歳の次女を失った。「無責任に自転車を増やせば、多くの事故を招いた車と同じ状況になる」と訴える。

 国交省自動車交通局保障課は「自転車の実際の利用台数が不明で、どの程度の保険料とすればいいのか推計できない。車検のような機会がなく保険料の徴収も困難」と否定的だ。国交省幹部も「論理的には可能だが、国民が受け入れるかどうか。任意保険の加入率アップを目指すべきだ」と慎重な立場を崩してい ない。

 ◇保険義務化に賛否二分…交通安全協調査

 自転車保険の加入義務づけを巡り、全日本交通安全協会が05~06年に学者や愛好家、自転車業者、自治体など51の個人・団体に実施した調査で は、「必要」41%、「不要」55%と意見は二分された。学者の多くが支持した不要派には「経済性と手軽さが損なわれる」などの声があった。

 交通事故に詳しい弁護士は「自転車は車に比べて事故の被害が軽いと考えられてきたが、時代は変わり、裁判でも自転車側に厳しい判断が示されている。強制加入保険を早急に整備すべきだ」と強調。損害保険会社の関係者は「民間の保険では収支バランスを考えなければならない。普及させるには自賠責の方が望ましい」と指摘する。

|

« さようなら、三浦哲郎さん | トップページ | ドン・ジョヴァンニという男 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

トヨダです。
いっそのこと、防犯登録と自賠責を一つにしたらどうでしょう?
1〜2年毎の更新制で車検のシールみたいに色違いシールにして…細目に更新させれば放置自転車の所有者不明も少なくなるのでは?

投稿: 豊田和彦 | 2010年8月31日 (火) 12時57分

それが自転車の価格に反映され、結局、値上げということになるので業界からの支持が得られるかどうか。消費者の理解もまだそこまで進んでいるとは思えませんし。

投稿: 斎藤純 | 2010年8月31日 (火) 14時01分

こんにちは。

弱者苛めは止めて下さい。道楽で乗る自転車と止む無く生活で乗る自転車を分けて考えて下さい。

 高額払わなければならない自転車、弱者を逼迫します。多分、高所得者は弱者苛めは楽しいのでしょう。

 オートバイにしてもです。なぜオートバイで通勤しているのか。貧乏だからです。交通費も出ない。車も買えない。そんな人の多くがオードイに乗って通勤しているのです。

 しかしそれもアウト。二輪取り締まり。国家の天下り機関へのカネ儲けです。取り締まる連中は国の機関の連中です。

 オートバイ締め出し、乗れば金蔓。次は自転車が金蔓か? 
 結局、カネの有る人には分からない。派遣村の湯浅君のやっていた意味すらも分からない。分かろうともしない。結局弱者が苦しむ姿が愉快なんです。死ねば良いと思っている。小泉以来続く、自己責任と言うもので。

 ま、実際世の中そうなんでしょう。

 で、事故率、高いのは十代、なら自転車通学を禁止。スクールバスにすれば良い。携帯電話の自転車事故が多いなら、この世から携帯電話を無くせばすむ話。しかし人は牽強付会。携帯なんて無くせ無い。なら自転車なくせば良い。そんな人大概、会社から交通費でてる。車持ってる。で道楽が自転車、と。因って自転車事故は許せない、と。余裕の立場からモノ言うている訳です。

 ならと考えます。この世から自転車をカネ持ちの道楽としてしまっても良い、だったら、市内にトラムを走らせるとかの方策を打ち出すべき。しかも無料の。これ道路財源の年間費、出して作って無料でやってもお釣りが来る。環境にも良い。そして自転車が本当に自転車らしく、道楽でも走りたいのであれば、自転車道をオランダの様に作るべき。

 無料トラムを走らせ、自転車道を整備。こうすれば収まる筈です。事故の問題も解決。そして環境にも良ければ、年間道路財源使ってもまだ、お釣りが来るのです。

 どぉでしょうか。さようなら。

投稿: | 2010年8月31日 (火) 21時59分

名無しの権兵衛さん、どうもありがとう。

一番の弱者は、自転車で交通事故にあった被害者です。

>自転車道をオランダの様に作るべき。

盛岡(日本と言いなおして、そう大きな間違いにはならないと思いますが)もオランダのように平地だけの国だったら実現可能ですが。
盛岡(日本)スタイルの方法を模索中です。

>無料トラムを走らせ、自転車道を整備。こうすれば収まる筈です。事故の問題も解決。

大賛成です。そういう活動を我々盛岡自転車会議はやっています。「盛岡にLRTを走らせ隊」という市民団体もあります。

投稿: 斎藤純 | 2010年9月 1日 (水) 05時43分

とある町で交通指導員をしております。
ちょっと前にはそれほど問題にならなかった自転車事故がここ数年クローズアップされておりますね。乗る人のマナーの問題もあるのでしょうが、自転車も乗り物だと改めて認識することも必要と思います。
さて、自転車の保険で「TSマーク」がありますが、保障は最高2000万円までとか。
しかし、ここ数年の自転車事故による賠償額は2000万円を超え、5000万円になることもあるようです。
乗り物に乗っている以上、事故は起きるもの、起こすものと思って、起きた(起こした)時の賠償をしっかりと払えるようにすることも必要なのではないかと思います。

投稿: とある町の交通指導員 | 2010年9月 3日 (金) 11時11分

とある町の交通指導員さん、どうもありがとうございます。
TSマーク加入を義務づけるなどして加入者が増えれば、その賠償額も可能になると思います。

現状でそれを実現するには加入料を値上げしなければ無理でしょう。

いずれにしても、自転車に乗る人の意識改革も重要だと思っています。

投稿: 斎藤純 | 2010年9月 6日 (月) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/49292665

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は我が身(保険を考える):

« さようなら、三浦哲郎さん | トップページ | ドン・ジョヴァンニという男 »