« なかなかサボれない…… | トップページ | ヴィクトリア朝時代の知識人たち »

「孤独のシュプール」を聴く

シベリウスの弦楽合奏曲といえば、「アンダンテ・フェスティーヴォ」が有名だ(私も演奏したことがある)。そのシベリウスがこんなに多くの弦楽合奏曲を残していたことを、このアルバムと出会うまで知らなかった。


さすがヴァイオリニストだっただけに、弦の響きのすべてを熟知している。合唱曲を弦楽合奏曲に本人自身が編曲しなおしたものなどもあるが、どれもひじょうによく練られていて、完成度が高い。 「孤独のシュプール」はいかにも北欧の音楽という感じがする。北東北で暮らしている人なら、黙っていてもこれが「北の音楽」だとわかると思う。

もっとコンサートで演奏されてもいいはずなのに、残念ながらその機会は少ない。

|

« なかなかサボれない…… | トップページ | ヴィクトリア朝時代の知識人たち »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/49126811

この記事へのトラックバック一覧です: 「孤独のシュプール」を聴く:

« なかなかサボれない…… | トップページ | ヴィクトリア朝時代の知識人たち »