« 明日は我が身 | トップページ | 明日は我が身(誰もが加害者になりうる) »

明日は我が身 続き

昨日のブログに関連して。

自転車事故:歩行者との事故、過失相殺認めず 自転車側に高額賠償

 ◇東京など4地裁「新基準」

 自転車の車道走行ルールを厳格化するため道路交通法が改正された07年以降、自転車で歩行者をはねて死亡させたり重傷を負わせた場合、民事訴訟で 数百万~5000万円超の高額賠償を命じる判決が相次いでいることが分かった。これと並行して東京や大阪など主要4地裁の交通事故専門の裁判官は今年3 月、「歩道上の事故は原則、歩行者に過失はない」とする「新基準」を提示した。高額賠償判決がさらに広がるのは必至の情勢となる一方、車道走行ルールが浸 透していない現状もあり、今後議論を呼びそうだ。(社会面に「銀輪の死角」、3面に「質問なるほドリ」)

 自転車は道交法で「車両」と規定され、従来、原則車道走行だが定着せず、歩道での自転車と歩行者の事故が急増。このため07年の道交法改正(施行 は08年)で歩道を走れる条件を明確にし、車道走行のルールを厳格化した。高額賠償が相次ぐ背景には、この厳格化を司法が酌み、加害者の自転車に厳しい態 度で臨んでいることがあるとみられる。

 こうした流れの中、交通訴訟を専門的に扱う部署のある6地裁(東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸)のうち、京都、神戸を除く4地裁の裁判官は 今年3月、法律雑誌で誌上討論。自動車やオートバイの事故では、歩行者側の過失の程度により車両側の責任を軽減する「過失相殺」の基準が東京地裁の研究会 などにより示されているが、自転車にはないため、4地裁の裁判官は自転車にも基準の必要性を確認した。

 その上で、横浜地裁の裁判官が、歩道上の事故については道交法で自転車の走行が原則禁止され、通行できる場合も歩行者の安全に注意する義務がある と指摘。「事故の責任は原則、自転車運転者に負わせるべきだ」とした上で、運転者が児童や高齢者でも変わらないとし、他の3地裁も基本的に一致した。

 「新基準」に、4地裁は「検討が必要」としているものの、あるベテラン裁判官は「各地裁は参考にしていく」と、その影響力を指摘。別の裁判官は「自転車には非常に厳しいが、自転車の台数増加など事故の要素が多くなっていることを受けたものだろう」と評した。

 一方、自転車の交通事故を担当する弁護士は「自転車の車道走行は一般的に浸透していない」と新基準に疑問を呈する。さらに、自動車損害賠償責任保 険(自賠責保険)のように所有者が強制加入する保険がないことから「加害者の資力が問題」と懸念を示している。【北村和巳、馬場直子】

 ◇件数、10年で3.7倍

 社団法人「自転車協会」の調べでは、全国の自転車保有台数は08年3月時点で約6910万台。最近10年で約398万台増えた。警察庁によると、 09年の自転車関連事故は15万6373件で、交通事故全体の21・2%を占める。自転車事故の増減はこの10年ほぼ横ばいで、8割以上は対自動車だが、 対歩行者事故に限ると、99年の801件から09年は2934件。10年間で3・7倍に激増した。自転車同士の事故も09年は3909件で、10年前の 4・4倍に増えている。

 自転車側が過失の大きい「第1当事者」となった2万4627件のうち、未成年の占める割合は39・6%。訴訟では13歳前後から賠償責任を負うと の判断が多く、未成年が高額な賠償を求められかねない実情が浮かぶ。これらを含め、自転車側に法令違反があったのは、自転車事故全体の3分の2に及んだ。 【馬場直子】

==============

 ■ことば

 ◇過失相殺

 損害賠償訴訟で被害者にも責任や過失があった場合、その程度に応じ裁判所が賠償額を減らす仕組みで、民法に規定されている。例えば交通事故被害者 の損害額が2000万円だったとしても、被害者に周囲の安全を確認しなかったなどの過失があり、賠償額から差し引くべき割合が20%と判断されれば、賠償 命令額は1600万円になる。一般の訴訟では裁判官が事案に応じ自由に過失相殺の割合を決められる。

毎日新聞 2010年8月21日 東京朝刊

|

« 明日は我が身 | トップページ | 明日は我が身(誰もが加害者になりうる) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 自転車問題、確かにとは思います。事故に遭い障害者になり何の保障もされない。悲劇最悪。それはそれで良いでは無いですか、何て思いません。では、と思うんです。保険料、払うので有れば、一体幾ら位になるのだろう? と。
 現在において、貧民と言われる人達は国民保険、年金も払ってはいません。払え無いのです。生命保険何て論外の筈。そのへんの弁当屋や派遣でそこいらの工場に仕事に行くのに、交通費も無いから自転車で行く。

 そのためにTSマーク代に二千円、そして多分、保険料なら五千円位? そして、駐輪場月額四千五百円。

 月、凡そ一万円掛けて大概ボロイままちゃりに乗り、多分、自給八百円程度のパート、派遣労働へ行く。何の為に働いているのか、と言う事ですね。カネ稼ぐ為にはカネ払わなければならない。これ、健康が手に入るなら死んでも良い、と言っている感覚と似ていると思うんです。

 で、自転車問題、これこの十年で増えたと言われてます。何故かと考えると、これ、この十年の経済状況と比例していると思えるのです。小泉以来、不況が続いています。因って、経済的困窮者が増えた。故、経費捻出も出来無い人達が自転車に乗るようになった、と思えるんです。

 事故も増える筈。相対人口が増えたのだから。これ、社会問題と、勿論、考えます。でも本当に? と思います。もっと自転車を締め上げろ、もっと自転車を排除せよ。必需品として乗っている人は、どうなるのだろうか?
確かにカスクを被り、道楽で自転車を楽しむ人が多いのは、良く見ます。カネ掛けた本格派ですね。それは良い事とも勿論思います。

 でもそぉで無い人は?  

 そして今日、ラジオの司会者とゲストが言っていました。自転車問題、保険は義務化せよ、そして免許制度にせよ、と。そして徹底管理をせよ、と。でもそんなに苛めて・・・と思います。その人達、車人間。大排気量の高級四駆に乗ってます。所謂金持ち。

 自転車免許制度にしたらどぉなる? 何々財団、法人となって公務員の利権組織になる筈。街の公営駐輪場と、同じ。免許所得料五千円、年間更新料三千円、安全協会二千円、都合年間、自転車乗りたければ一万円お願いします、と。

 結局、と思います。自転車一つから、日本社会と言う物が見えるのでは無いか、と。そして思います。苛めるな、弱い者いじめ社会、日本、と。失礼します。

投稿: | 2010年8月23日 (月) 21時43分

トヨダです。
世間一般の皆様は「自転車なんだから多少の事は許される」と思っている方々が多いようですが、道交法上、原付とほぼ同じ規制があると知る人は多分、少ないでしょう。でも、自転車が「軽車両という乗り物」と知っている、または聞いた事がある人は多いです。
そこで考えてください。
同じ「軽車両」の「馬」で歩道をいつものように「走行」したらどんな事態を招くか。手入れも世話もせずに乗り続けたらどうなるか。
殆どの人は(全員だといいな)「そんな事しねーよ!」
そもそも馬は歩道にのれませんが、「自歩道」標識のない歩道で走る自転車は、蹄の音が無い分馬よりタチが悪い(幼児・老人を除く)。
あと、TSマークを付けない、付けられないという人は、普段の整備をどうしているのでしょう?
(駐輪場でチェーンが常滑焼?状態の自転車を時々見かけますがそれらにはまずTSマークは付いてないです。)

投稿: 豊田和彦 | 2010年8月23日 (月) 22時04分

名無しの権兵衛さん>ご意見は、参考にさせていただきます。

なお、TSマークは整備に保険がついて、だいたい2000円~3000円です(整備の度合いで価格が上下します)。転ばぬ先の杖としてはお得だと思います。

豊田和彦さん>意識改革ですね。自転車走行帯の整備よりも、難しい課題だと思います。

投稿: 斎藤純 | 2010年8月24日 (火) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/49216044

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は我が身 続き:

« 明日は我が身 | トップページ | 明日は我が身(誰もが加害者になりうる) »