« 連休の予定 | トップページ | シノーポリの『ルー・サロメ』を聴く »

川村徳助氏「お別れの会」

今の中三デパートのところにカワトク(川徳)デパートがあった、と言っても「知らない」という人のほうが多くなった。

カワトクデパートは 盛岡の、というより岩手の商業界をリードしてきた。8月に93歳で亡くなられた川村徳助氏(2代目徳助、本名は林三)は、その最も華やかな時代を築いた方 だ。かつては「盛岡に進出してもカワトクがあるから(勝てない)」と中央の大手資本からも恐れられた。それだけ地元の信頼が厚く、根付いていた。

川村徳助氏は、ペンネームを持つ詩人でもあったから、芸術分野の人脈もひろかった。90代で現役のチェリスト青木十良氏のコンサート(2006年10月25日)のときに、私は徳助氏をお見かけしている。お元気な姿を見たのは、それが最後だった。
昔はクラシックコンサートや美術展といえば、川徳デパートが大口のスポンサーだったという(主催していた)。利益を文化事業で社会に還元していたわけだ。

詩人立原道造の『盛岡ノート』にも幼少のころの徳助氏が登場する。画家松本竣介との付き合いもあったと記憶している。

カワトクギャラリーで、徳助氏(というかカワトク)のコレクションの一部を見ることができる。舟越桂の作品は、県立美術館が喉から手が出るほどほしがっている作品だ。

今 日、ホテル・メトロポリタンで行なわれた「お別れ会」は、献花をするだけの実にシンプルな会だった。読経も弔辞もない。音楽が流れる会場で軽食をつまみ、 スクリーンに映しだされる故人の映像を眺めつつ、思い出を語り合うだけ。あちこちから「こういうのもいいね」という声が聞かれた。

私が編集長をつとめている『街もりおか』の創刊に尽力してくださったことはあまり知られていない。

心よりご冥福をお祈りします。

|

« 連休の予定 | トップページ | シノーポリの『ルー・サロメ』を聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/49657897

この記事へのトラックバック一覧です: 川村徳助氏「お別れの会」:

« 連休の予定 | トップページ | シノーポリの『ルー・サロメ』を聴く »