« ラストラン | トップページ | 秋の展覧会巡り »

感涙! ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ

19日、銀座の王子ホールでローゼンバーグ・トリオを聴いてきた。
マヌーシュスィングのバンド活動を始めてちょうど2年になるが、実は本物の演奏を聴いたのは初めてだ。しかも、大好きなストーケロ・ローゼンバーグを生で聴けるというわけで、開演前から私はもう興奮状態だった。

開演前のステージを見て、アンプ類がないことに気がついた。クラシック専門のホールだから、もしかするとPAを使わないで演奏するかもしれないと思っていたが、それが当たった。

コンサートは、まずベースが出てきて演奏を始め、次いでセカンドギター、リードギターと続いて3人揃ったところで「マイナーブルース」のテーマが 始まるというスタイル。ここで気がついたことがもうひとつ。私が知っているローゼンバーグ・トリオのメンバーとはベースとセカンドギターが異なる。
これはストーケロ・ローゼンバーグ・トリオといって、別のバンドなんですね。知りませんでした。
もっとも、それで内容が損なわれることはまったくなかった。それどころか、モゼス(ローゼンバーグの弟)のなかなか達者なギターも聴けてよかった。

ローゼンバーグは速いし、正確だし、もう何も言うことはない。彼の奏でる音楽は、プリミティヴな要素を濃厚に残しつつ、モダンな和音も駆使する し、レパートリーの幅も広い(スティーヴィー・ワンダーのナンバーまで!)。パット・メセニーやパコ・デ・ルシアなどのように、ジャンルを超えた現代のギ ター音楽全体の巨匠の一人と言っていいと思う。

PAを通さない生音で聴けたことも嬉しかった。これは、もともとそういう音楽なのだ。
ギターソロのとき、ストーケロに比べて、モゼスの音量が小さくて、やや聴こえにくいところはあったが、PAなしの演奏というのはそういうものだ。CDのものを「音楽」だと思いこんでいると、こういうコンサートのときに「バランスが悪かった」などと誤解を生むことになる。

王子ホールに、私は十年ぶりくらいで行った。以前は決して音響のいいホールではなかった。が、改装して「響きをよくした」という。改装前のホールだったら、PAなしではちょっと厳しかったかもしれない。

【プログラム】
1.  MINOR BLUES
2.  SUNNY
3.  WEBSTER
4.  NUAGES―HUNGARIA
5.  READY’N ABLE
6.  DOUBLE JEU
7.  BODY AND SOUL
8.  BLUE BOSSA
9.  RELAXIN’ AT CAMARILLO
10.  FOR SAPHORA
11.  I WISH
12.  STRANGE EYES
13.  ARTILLERIE LOUDRE
14.  SPAIN

【アンコール 】
LES YEUX NOIRS
MINOR SWING

ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ
Stochelo Rosenberg (Lead Guitar)
Mozes Rosenberg (Rhyhm & Lead Guitar)
Sani Van Mullem (Double Bass)

|

« ラストラン | トップページ | 秋の展覧会巡り »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/50102280

この記事へのトラックバック一覧です: 感涙! ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ:

« ラストラン | トップページ | 秋の展覧会巡り »