« 子供が衝突し賠償 | トップページ | 銀輪の死角:反響特集 安全、どうつくる »

デンマーク環境相:東京の自転車事情を視察「教育が重要」

(毎日新聞の記事から)

 世界有数の「自転車大国」とされるデンマークのカーレン・エレマン環境相(41)が国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)出席のため来日 し、東京の自転車事情を視察した。同国環境省は二酸化炭素削減につながるとして自転車の普及を支援しているが、自転車と歩行者の事故が急増している日本の 状況を「大変悲しい」と語り、「自転車専用通路の整備と子供からの交通教育が重要だ」と強調した。【森禎行、馬場直子】

 デンマークは人口100人あたりの自転車保有台数が約80台で世界3位とされる。首都コペンハーゲンでは市民約70万人の40%近くが通勤や通 学に利用し、全国で約3000キロの自転車専用通路が整備されている。日本は面積が約9倍ありながら、専用通路は約2800キロにとどまっている。

 エレマン環境相は、名古屋市で開催中のCOP10出席のため来日したが、これに先立ち26日、駐日デンマーク大使らとともに、自国のバイオメガ社製のモダンな自転車に乗り、皇居周辺や銀座など都心の約5キロを約30分かけて回った。

 視察後、エレマン環境相は「車が近づいても運転手と目を合わせれば(接触しないよう)気をつけてくれたので安全に運転できた。東京は自転車に適 した街」と感想を語った。一方で、日本では歩行者と自転車の事故がここ10年で3.7倍に急増していると聞かされ「事故減少のためには自転車専用の車線を もっと造るべきだ」と指摘。「コペンハーゲンでは自転車専用信号も整備されており、車より先に自転車が青信号に変わる。交通がスムーズになり事故も減っ た」と説明した。

 デンマークでは、親ではなく年長の子が年少の子に交通ルールを教えることで、子供のころから交通安全を意識付けし、夏休みには自転車普及を図る大規模なキャンペーンも行っているという。

 また、エレマン環境相は「専用通路の整備が進んだ地域では自転車が2割増え、車が1割減った。排ガスが減るだけでなく、自転車に乗って体を動かすのは健康によく、医療費削減につながり政府予算も減る」と、環境面だけでなく健康面でも効果があると指摘。コペンハーゲンは15年までに、通勤や通学な どでの自転車利用率を50%に上げることを目標にしているという。

 さらに「両国で魅力的な自転車の開発などで協力し、デンマークの自転車政策を日本に広めたい。日本人はゴミを捨てないなど自分を律する意識が高い。車を使う習慣も必ず変えられるはずだ」と語った。

|

« 子供が衝突し賠償 | トップページ | 銀輪の死角:反響特集 安全、どうつくる »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/49961282

この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク環境相:東京の自転車事情を視察「教育が重要」:

« 子供が衝突し賠償 | トップページ | 銀輪の死角:反響特集 安全、どうつくる »