« 東條忠義展に行こう! | トップページ | 『ボクたちクラシックつながり』を読む »

ロックを聴く

私の原点回帰……というわけではなく、何年ぶりかでCD棚を整理していて、いろいろ発掘したもんで(^-^;

マイク・ブルームフィールドとの出会いをもたらしてくれ、ホワイト・ブルーズへの道をひらいてくれた記念碑的なアルバム。今聴いても胸が熱くなる。


あらゆるジャンルを超えて、音楽史上に残るライヴ・アルバムの傑作。そして、これはこのアルバムの仕掛け人であり、フィルモアの主宰者だったビル・グレアムの偉業を後に伝えるものでもある。
心ある友人が貸してくれたライヴ・ビデオは、このアルバムを録音したときのものだ。曲と曲のあいだ、デュエインがかなり慎重にチューニングをする(今と違ってチューニングメーターなんてないから、ちゃんと自分の耳で)シーンが印象的。指弾きも確認できる。ディッキーはレスポールではなく、SGを弾いている。

|

« 東條忠義展に行こう! | トップページ | 『ボクたちクラシックつながり』を読む »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/50749319

この記事へのトラックバック一覧です: ロックを聴く:

« 東條忠義展に行こう! | トップページ | 『ボクたちクラシックつながり』を読む »