« いよいよ今週末から | トップページ | 地震、その前後 »

中学生9割が自転車で…他世代より突出

以下、毎日jpから。

2_20110308k0000m040117001c


 中学生の交通事故件数の9割近くが自転車乗用中だったことが、毎日新聞の集計で分かった。高校生は7割、小学生は6割に上る。大人を含めたすべての 交通事故件数に占める自転車事故件数の割合は2割にとどまっており、小中高生による自転車事故件数の比率は突出している。専門家は「自転車を取り巻く問題 に社会的関心が低かった結果、立場の弱い子供が犠牲になっている」と警鐘を鳴らしている。

 財団法人・交通事故総合分析センターが集めた08年の全交通事故76万6147件のデータを基に集計した。なお、車や自転車に同乗していた場合は事故件数には反映されないが、負傷者には算入されている。


 集計では、過失が大きく主に加害者とされる「第1当事者」と主に被害者とされる「第2当事者」を合算。これによると、中学生の交通事故は 1万3047件で、このうち自転車乗用中は1万1311件と86.7%を占めた。このうち第1当事者は2455件、第2当事者は8856件。高校生では3 万797件の事故のうち71.2%の2万1938件、小学生も2万2230件中60.6%の1万3472件が自転車乗用中だった。

 一方、集計手法は異なるが全世代での自転車事故は計16万2525件で、全事故に占める割合は21.2%。

 事故による負傷者が自転車に乗っていた割合も、中学生は65.4%(1万1101人)、高校生は64.2%(2万1246人)、小学生は 41.4%(1万3484人)で、全世代の17.2%(16万2250人)に比べ突出していた。自転車事故での死亡者は中学生12人(全事故死亡者の 48.0%)、高校生23人(同24.5%)、小学生11人(同24.4%)にのぼる。

 警察関係者の分析では、小中高生は自転車利用率が高い一方、小学生は歩行中の飛び出しで事故になるケースがあり、高校生になるとバイクで事故を起こすこともあることなどから、とりわけ中学生の自転車事故の比率が高いとみられる。

 旧建設省の元キャリア技官で自転車交通を研究している元田良孝・岩手県立大教授は「自転車の安全教育が不徹底で、ルールを知らず利用して いることも原因」と指摘。08年のデータでは、自転車乗用中に死傷した15歳以下は74%が自ら法令違反をしていた。【馬場直子、北村和巳】

自転車の安全教育・啓蒙について、盛岡自転車会議は岩手県立大学の元田教授に共同研究を依頼し、さまざまな勉強会を行ってきました。正式な研究成果発表はまだですが、少しでも役に立つ情報を共有できればと思っています。

|

« いよいよ今週末から | トップページ | 地震、その前後 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/51064347

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生9割が自転車で…他世代より突出:

« いよいよ今週末から | トップページ | 地震、その前後 »