« 石神の丘から | トップページ | 食事と同じ »

『ハーブ&ドロシー』を観る

郵便!と、図書館司書のドロシー、夫婦共通の楽しみは現代アートのコレクションだ。選ぶ基準はふたつ。自分たちのお給料で買える値段であること。1LDKのアパートに収まるサイズであること。
慎ましい生活の中で約30年の歳月をかけコツコツと買い集めた作品は、いつしか20世紀のアート史残す作家の名作ばかりに!そんなふたりに、アメリカ国立美術館から寄贈の依頼がやってきて……。

という映画だ。

http://www.herbanddorothy.com/jp/

「一途」。
その一途さが尋常ではない。これだけ一途なのは奇跡に近い。

ハーブとドロシーが魅力的だし、彼らのコレクションもまた素敵な作品ばかり。そして、その作家たちの素顔が見られるのもいい。ついでに60年代からのニューヨーク・アートシーンを知ることもできるが、決して「お芸術」映画ではない。
猫もいっぱい出てきて、かわいかった。

見終えてすぐに「また見たい」と思った。昨今、そういう映画はめったにない。

http://www.herbanddorothy.com/jp/

ハーブ&ドロシーのコレクションを紹介する本がないかと思って米Amazonを調べたが、見つけることができなかった。ワシントンのナショナルギャラリーまで行くしかないか……。

|

« 石神の丘から | トップページ | 食事と同じ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

新聞か何かで知り、「観たい」と思っていた映画。やっぱりいいんですね。
「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」も観たいのですが映画だけのために、東京まではなかなか行けません。
この辺のシネコンではハリウッドもの、アニメばかり。

コンサート、美術展、映画、舞台観るならやっぱり都会が便利。
でもきっと一生岩手県人。
工夫して、もっと文化的なものにふれたいです。notes

投稿: さくらら | 2011年3月 4日 (金) 11時42分

さくららさん、どうも。

『ハーブ&ドロシー』はフォーラム盛岡で見ました。

投稿: | 2011年3月 4日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/51023340

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハーブ&ドロシー』を観る:

« 石神の丘から | トップページ | 食事と同じ »