« 沖縄からのエール! | トップページ | 被災地へ »

高村光太郎「岩手の人」

岩手の人眼(まなこ)静かに、
鼻梁秀で、
おとがい堅固に張りて
口方形なり。
余もともと彫刻の技芸に遊ぶ。
たまたま岩手の地に来たり住して、
天の余に与ふるもの
其の如き重厚の造型なるを喜ぶ。
岩手の人沈深牛の如し。
両角の間に天球をいだいて立つ
かの古代エジプトの石牛に似たり。
地を往きて走らず、
企てて草卒ならず、
ついにその成すべきを成す。
斧をふるって巨木を削り、
この山間にありて作らんかな、
ニッポンの背骨岩手の地に
未見の運命を担ふ牛の如き魂の造型を。

|

« 沖縄からのエール! | トップページ | 被災地へ »

ブナ派」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/51325326

この記事へのトラックバック一覧です: 高村光太郎「岩手の人」:

» 高村光太郎 「岩手の人」 [龍爪色のブログ]
ウェブサイト『東北総合案内』へ 同サイト トップ>東北文庫web物語伝承館>高村光太郎と東北>高村光太郎「山の人々」へ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 23時36分

« 沖縄からのエール! | トップページ | 被災地へ »