« 東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう | トップページ | SAVE IWATEから物資受け付け休止のお知らせ »

石神の丘から

影山明仁 鎌田顕司 マンガの間取りと建築模型展』が開幕した。

20110410_1998517


影山さんは漫画に出てくる家の間取りを図面にしてきた(『名作マンガの間取り』として一冊にまとまっている)。それをもとに鎌田さんが建築模型をつくった。それをドドーンといっきに展示したのが、本邦初公開の本展だ。

影山さんによると、漫画家には三つのタイプがあるそうだ。
(1)実際にある建築物をモデルにしている。
(2)図面化していないまでも、頭の中にきちんとプランができている。
(3)ノープランで、いきあたりばったりで押し入れや窓が出てくる。図面にすると、4次元的な家になってしまう。

(3)は女性漫画家に多いそうだ。

作品から間取りを構築するため、原作全巻、テレビの全シリーズを読破しなければならない(1LDKと思っていた家が、シリーズ後半で2LDKと判明するということもあるため、全巻読破が必須)。
で、30巻をまとめて大人買いしたら、第1巻で間取りがすべてわかってしまったということもあったそうな。
中にはトイレのない家などもあり、いろいろと興味が尽きない。

質・量ともに圧倒される展覧会だ。

|

« 東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう | トップページ | SAVE IWATEから物資受け付け休止のお知らせ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

先日、石神の丘美術館に行ってきました。

年老いた両親しか住んでいない実家は、そう遠くない将来、なくなるかもと思うと、このような模型が欲しくなりました。
ショップで売っている作成用のボードを買って来れば良かったと・・・。

盛岡で、違う内容の間取り、模型展があるみたいですね。そちらも行って見ようと思います。

投稿: るあ | 2011年4月27日 (水) 12時25分

るあさん>ありがとうございます。

5月2日から、もりおか啄木・賢治青春館で、宮沢賢治作品の建築模型が展示されます。よろしくどうぞ。

投稿: 斎藤純 | 2011年4月28日 (木) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/51477603

この記事へのトラックバック一覧です: 石神の丘から:

« 東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう | トップページ | SAVE IWATEから物資受け付け休止のお知らせ »