« 中川画伯と再会 | トップページ | 震災と復興のドキュメンタリー作品募集中 »

投票所へ行きましょう

■11日(日)は岩手県知事選、岩手県議選の投票日。今年は午後6時までなのでお間違いなく。

■マエキタミヤコさんが『エコシフト』(講談社現代新書)に次のように書いていらっしゃる。

政治は嫌だからといって、お休みできるものではありません。政治をお休みすると、、それはほかの人への委任になって、そしてそれは たいてい一番嫌な人への委任になってしまい、ますます嫌だなあという方向へひっぱられていきます。それはもうその時点で「裏切られても文句が言えない」と いうことになります。

■投票所に行かないことを、「政治批判」と勘違いしている方が少なくない。それでは政治批判にならない。逆に「容認」するに等しい。
ちゃんと投票所に行き、投票用紙に何も書かないで投票する。それで初めて批判となる。

|

« 中川画伯と再会 | トップページ | 震災と復興のドキュメンタリー作品募集中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トヨダです。
私としては白票はなんとなくイヤです。無論、無投票などもってのほかですが。
私個人は、
・自分が立候補しないなら他の候補者から選ぶ。
・他の候補者を選択出来ないなら自分が立候補しなければならない。
以上の2点を間接民主制での権利&義務と考え、海外出張で投票出来なかった時を除き欠かさず選挙権を行使しています。

そろそろ選挙にもアメかムチを用意してもよろしいのでは。?
アメは選挙後の福引きしか思い付きませんが、ムチの方は例えは免許や資格・パスポート等の申請や更新が出来ないとか税金や手数料割増とか。オーストラリアだか何処かにそんな制度があったと思います。
個人的な姿勢ですので他者の同意は求めませんが。

投稿: 豊田和彦 | 2011年9月10日 (土) 01時17分

こんにちは。

 白紙投票はアリと思います。これは、大阪府知事の橋下も言っていたのですが、とにかく「意思表示」をすることが大切である、と。

 記名投票に値する候補者がいないのなら、無責任に取り合えず記名する、と言うのでは無く、そして、ロクでもない候補者ばかりだから、と、棄権するのでもなく、きちんと、「意思表示」をすることは、大切な事である、と。

 けだし、その通り、とは感じます。要するに、政治家がロクでもない、と感じるのなら、「白紙投票」を一度、ムーブメントにしてみたら良いのです。

 そしてら、と思います。幾らパーブリンの為政者や候補者も気づくことでしょう。自分たちは、如何に民衆から支持されていなかった存在であったか、と言うことが。

 確かに、無記名投票は卑怯だと言う声は数多聞きます。しかし、冷静に考えてみたら、今日に至るまで、果たしてどぉだっただろうか? と振り返ってみると良い、と思います。

 記名して投票し続けて来た挙句、何と何が、実行されて、良くなっただろうか、と。恐らく、と考えます。何も変わってはいないのではないだろうか、と。

 こぉして、庶民はいつも、と思うのです。「私達は騙された」と愚痴ることになるのだ、と。

 しかし、これではあまりにも惨めすぎる、と思います。何にせよ、為政者達は強かです。庶民を騙すなど、赤子の手を捻るよりも容易い、と思います。

 だから、と思います。白紙投票も立派な投票であり、強烈な庶民側からの「意思表示」である、と。

 これらがムーブメントになれば、きっと、為政者側も、開眼し、真剣に取り組むようになる、と感じます。けど、そのためには、民衆側が、知のメートル原器を上げなければ、と思うのですが。

 で、やはりえてして、白紙投票を否定する人は、それなら、オマエが立候補しろ、と言うし、挙句、オマエが総理になれば、この日本はオマエの自在と、確かに、言われますが、まずは、そこまでは、論理飛躍しなくとも良いのでは、と何時も思います。

 人には、残念ながら、諸々立場・立ち位置があって、そして、金銭的な問題もあったり、運、人的なものもあったりして、為政者がわへと足を踏み入れる事はできないのでは、と思います。

 そしたら、やりたいと言う人にやってもらう。フェアにやるというのなら、その人にお願いするのが筋で、いきなり、白紙投票は良いのだ、と言ったとたん、オマエが立候補しろ、だの、日本を変えるなら、オマエが総理になれだの、と、突然、エキセントリックな論理に走られても、困る、と言うもので、となってしまうのでは、と思うのです。

 イデオロギー的な事を長々と語ってはいけませんが、実際、そぉ言う考えの人は多いですし、多分、一般的には、そぉ思われているのでしょぅ、と感じます。

 為政者に行ける人と言うのは、二世議員とか、これを言ってはいけないかも知れませんがJCの人達です。或いは、素封家の子どもです。

 裸一貫から何もしていない、ボウヤとオジョゥチャンたちです。これが、何とも宿アの根源となっているのでは、と考えてしまうのですが・・・。

 とまれ。極論はやめておいて(無記名は卑怯・オマエが立候補して総理になれ)、白紙投票は立派な「意思表示」と人口に膾炙し、庶民レベルでの認識を上げて行く事の方が、大切なのではないか、と、ふと、考えてみたりするのですが・・・。

 ま、大阪府知事・橋下も言っていますから(この人の思想に対して全面支持をしているわけではありませんが)

そして、数多諸々、考えは有ってしかるべし、と考えるのですが、ま、「ユル意見」として述べたとしたとあらば、白紙投票も、ありであり、立派な「意思表示」と考えるのですか゛・・・。

 では、さようなら。

投稿: CBR250RS | 2011年9月10日 (土) 21時47分

昨日、選挙投票に行ってきましたが、投票率の低さにちょっとガッカリしました。
(私の住んでいる地域は平均より低くかった)

白票は、あり、なし
いずれにしても、そのよう意見が言えるって良いことだと思います。
最近一つの意見に集中し過ぎることがきになります。
誰かの言葉に、バーッと集中して、違う意見が言えない感が気になります。
それも、マスコミの取り上げ方に、かなり左右されているような気が…。(マスコミ批判っていうわけではありません)

投稿: るあ | 2011年9月12日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/52675738

この記事へのトラックバック一覧です: 投票所へ行きましょう:

« 中川画伯と再会 | トップページ | 震災と復興のドキュメンタリー作品募集中 »