« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

朝日新聞に

27日の朝日新聞の「ひと」欄で、私のヴィオラの先生でもある寺崎巌さんが紹介された。

Caz9u2c0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もりおか復興支援センターの取り組み

今週、もりおか復興支援センターでは、市町村別のお茶っこ会を開催中している。
盛岡には沿岸市町村で被災された方がたくさん転居していらっしゃり、もりおか復興支援センターをサロンとして利用していただいているが、同郷の方だけで集まる機会がなかなかない。そこで、この催しを企画した。

25日(宮古市の方のお茶っこ会)のようすが26日の盛岡タイムスで紹介されたおかげで、昨日の山田町お茶っこ会は30名の方に参加していただき、大賑わいだった。
震災後、およそ半年ぶりの再会を喜ぶ方、被災当時のことを熱心に語り合う方、和気あいあいのうちにお互いを気遣いながらの1時間だった。

市町村別お茶っこ会は、今後も開催していく予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

美術館の入口にハロウィンのカボチャが登場。

490064_1379523363_174small

石神の丘も秋の雰囲気が濃くなってきた。

490064_1379523359_24small

おかげさまで『藤井勉展』には、たくさんの方にお越しいただいている。ことに《風と潮の神話》(特別出品作品)は、ご覧になる方にさまざまな思いを呼びおこすようだ。

1788044369_3



(ラトゥール・カルテットが背にしているのが、《風と潮の神話》。)

《風と潮の神話》は陸前高田市のキャピタルホテル1000のロビーに展示されていたが、東日本大震災の津波で流失した。
藤井勉さんは震災直後から支援活動を行なっていて、陸前高田にも何度も足を運ばれている。まだ生きることに精一杯という時期にもかかわらず、「絵が流されてしまい、見つかりません。すみません」という言葉をかけられ、心を大きく動かされた。そして、再制作を決心されたそうだ。

完成までにはまだ2、3カ月かかるそうだが、今回、制作途上の作品を特別に展示させていただいた。
「陸前高田が復興したとき、再制作した絵を寄贈したい」と藤井さんはおっしゃっている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もりおか映画祭終了

盛況のうちにもりおか映画祭を無事終了しました。
溢れるような熱い思いに支えられた映画祭でした。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『斎藤純と聴く弦楽四重奏の世界』御礼

石神の丘美術館ギャラリーホールで行なわれたラトゥール・カルテットのコンサートには40人ほどの方にお越しいただいた。 ありがとうございました。

【プログラム】
ハイドン:弦楽四重奏曲第35番へ短調 作品20-5(太陽四重奏曲)
ボロディン:弦楽四重奏曲第2番ニ長調より第三楽章「ノクターン」
長谷川恭一:6つのロマンス
『ニューシネマパラダイス』より「トトのテーマ」、「ナタの愛のテーマ」
『ドクトル・ジバゴ』より「ララのテーマ」
『シェルブールの雨傘』
『風と共に去りぬ』より「タラのテーマ」
『シンドラーのリスト』
『マイフェアレディ』から「踊りあかそう」

アンコール:「オリーブの首飾り」


【ラトゥール・カルテット】

ヴァイオリン:山口あうい
ヴァイオリン:馬場雅美
ヴィオラ:熊谷啓幸
チェロ:三浦祥子

各楽器の役割や曲の話などと共に演奏を楽しんでいただいた。「6つのロマンス」は作曲家の長谷川恭一さんご自身による解説付きという贅沢ぶり。
ラトゥール・カルテットは結成3年めを迎えて、演奏に深みと余裕が出てきた。

1788044369_3

リハーサル時、チェロは写真のように上手(右端)だったが、本番ではヴィオラの位置と入れ代わった。通常、背中のコンクリート壁が妙な反響をするのだが、今回は藤井勉画伯の大作が架かっていたおかげでうまい具合に吸収され、とてもいい音になった。
ちなみに、山口あういさんのヴァイオリンと三浦祥子さんのチェロは、盛岡の松本伸弦楽器工房の作品。

ラトゥール・カルテットは私が名付け親で、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールからいただいた(フェルメール・カルテットに対抗してあせあせ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もりおか映画祭開幕!

もりおか映画祭2011が開幕した。セレモニーに続いて、故原田芳男氏の代表作『竜馬暗殺』がオープニング上映された。

上映前にNHK大河ドラマ『竜馬伝』の大友啓史監督と、原田氏と親交の深かった林海象監督による短いトークがあった。この映画の背景や原田氏の人柄をよく伝え、とてもよかった。

1787736286_172

写真左から近衛はなさん、林海象さん、大友啓史さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もりおか映画祭2011!

今日、もりおか映画祭2011が開幕します。
映画祭でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラトゥール・カルテットを聴こう!

今度の土曜日にラトゥール・カルテットの演奏会があります。

岩手町立石神の丘美術館ギャラリーホール
10月22日午後6時30分から
1000円

Photo


固定したメンバーによる弦楽四重奏のグループは地方都市では珍しいと思います。多くは演奏会のたびに都合のつくメンバーが集まります。それも室内楽の魅力のひとつではあるのですが、演奏の深みとなると、やはり同一のメンバーのグループのほうが上回るようです。

今回は弦楽四重奏の父ハイドンから映画音楽まで、肩のこらないプログラムで弦楽四重奏の魅力を存分に味わっていただけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

今日は一日、石神の丘美術館。
田頭(でんどう)小学生の一行がハイキングに来た。お天気はいいのだが、風が強かった。

岩手町ではこのごろ猿の目撃情報が相次いでいる。石神の丘にもあらわれたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末は……

Main3

もりおか映画祭でお目にかかりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました。

中津川べりフォークジャンボリーにお越しいただいたみなさまに感謝申し上げます。

次は12月10日、ホットクラブオブ盛岡結成3周年記念ライヴ(於:桜山ニージュ)でお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津川べりフォークジャンボリー出演!

ホットクラブオブ盛岡は今年も中津川べりフォークジャンボリーに出演します。ご用とお急ぎでない方はぜひ足をお運びください。800円で今日と明日の二日間、ライブ聴き放題です!

我々の出番は明日(日曜日)の午後4時からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津川の鮭

1783863797_6

今年も中津川に鮭が帰ってきた。今年は特にありがたく感じる。よく帰ってきてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多謝!

昨日は『あんべ光俊&古館由佳子ジョイントコンサート』(もりおか女性センターフェスティバル2011)にお越しいただき、ありがとうございました(おでってホールは、ほぼ満席)。

古館由佳子さんは飯田俊明さんのピアノ(喜多直樹さんや中島啓江さんの伴奏で盛岡に何度もいらしている)と、お師匠さんのチェリスト(たまたまハンガリーから来日中)をゲストに迎えて演奏。
古館さんのふるさと宮古市鍬ケ崎は壊滅的な被害を受けている。ふるさとへの思いが籠もった演奏だった。

あんべさんの曲はどれも震災前に書かれているのに、この事態を見越していたような歌詞なので驚いた。本人も不思議がっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピットファイアの思い出

『のらずにいられない』(復刻版)を読んでいて、かつて乗っていたトライアンフ・スピットファイア1500のことを思いだした。

スピットファイアは、ミケロッティ・デザインによる、イタリアン・テイストのブリティッシュライトウェイト・スポーツカーである。ボディカラーはブルー(オリジナルはレッド、前のオーナーが塗り替えていた)、右ハンドルの本国仕様車。1985年から89年まで乗っていた。

英国車は故障が多いといわれるが、大きな故障はなかった。もちろん、マイナートラブル(クラッチが切れなくなる。助手席側のドアノブがきかなくなる。マフラーが腐って落ちたetc)はあった。
トラブルのたびに国産のパーツに替えていった(エンスージャストからは白い目で見られるだろうが、私はオリジナルにこだわらない)。国産パーツに替えた部分は、その後、決して故障しない!  その作業を、いかにも町工場といった自動車工場がとても安くやってくれた。ホロもテント屋(そういうのがあった)に張り直してもらった。

楽しく乗っていたが、妻(88年に結婚)がこのクルマを運転できなかったため(シンクロが弱く、ギアチェンジにコツを要した)、出たばかりのユーノス・ロドスター1600に乗り換えた。盛岡に帰ってくるのを機に手放したが、ユーノス・ロードスターは本当に素晴らしいクルマだった。

『のらずにいられない』の影響で、また旧車に乗りたくなった。ちなみに、スピットファイアの前はフォード・カプリに乗っていた。これがまたポンコツで……。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

盛岡文士劇始動!

盛岡の年末の風物詩「盛岡文士劇」の稽古がはじまった。特別出演の内館牧子さん、井沢元彦さんら東京組以外のキャストがほぼ参加。

490064_1352049503_171small

稽古初日は座って本読み。文士劇初参加のミスさんさは戸惑っている(当然です)ようすだったが、高橋克彦さん(ハジける役が素敵!)以下、すでに役ができていて、これまでの蓄積を感じさせた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

岩手山の冠雪

初冠雪が発表されたのは3、4日前だが、なかなかその姿を見せてくれなかった。今朝、ようやく見えた。

111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復興コンサートのお知らせ(もりおか女性センターから)

復興コンサート
「あんべ光俊&ジプシーバイオリン奏者古館由佳子ジョイントコンサート
~イーハトーブいわての想いを、つなげる・ひろげる・かえる~」

と き 10月9日(日) 16:00~17:30 (開場 15:30)
ところ プラザおでって 3階 おでってホール
内容 復興の祈りをこめて、釜石市出身のあんべ光俊さんと宮古市出身の古館由佳子さんによるジョイントコンサート。
入場料 前売り3,000円/当日3,500円
チケットは、おでって2階 観光文化情報プラザ他、盛岡市内プレイガイドにて販売。
託児 有料:子ども1人につき500円
6ヵ月以上から未就学児。 先着5人。(受付9/20~9/30)
問い合わせ もりおか女性センター本館 電話 019-604-3303

司会を私がつとめさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

秋の宝物をちょうだいしました。おいしくいただきました。

490064_1347267458_222large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹と岩手山

111001


1時間近く、ずっと虹が出ている(写真ではよく見えないかも)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »