« 『天晴れ! 盛岡文士劇』出版パーティ | トップページ | ランチタイム・コンサートをどうぞ »

万年筆について

「へえ、万年筆を使ってるんですか」
愛用の万年筆を出すたびに、そう言われる。私は筆記具は万年筆、拳銃はリボルバーと決めている(なんのこっちゃ!)。

1799560792_46_2

先日は本にサインを求められたとき、「高そうな万年筆ですね」と。
プラチナの製品だから、決して高級品ではない。30年近く使ってきたパイロットの後釜として3年ほど前から使っている。
プラチナにしたのは、ペン先を選べたことと、耐水性のカートリッジが使えるからだ。耐水性なので、上から水彩絵の具を塗っても流れない。つまり、お絵描きにも使えるのである。

ちなみにペン先はミュージックペン(縦線が太く、横線が細い。Gペンと同じ)を使っている。前に使っていたパイロットもそう。

 

 

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

|

« 『天晴れ! 盛岡文士劇』出版パーティ | トップページ | ランチタイム・コンサートをどうぞ »

愛用品」カテゴリの記事

コメント

ミュージックペンというと高校三年頃の友達はペン先が広くてスリットがニ本入った楽譜描き用の万年筆をもっていました。それを連想しましたが、それとは違うんですか?

投稿: 横着サイクリスト | 2011年11月29日 (火) 13時05分

 横着サイクリストさん、どうも。

そうです。楽譜(写譜)ペンのことです。

投稿: 斎藤純 | 2011年11月29日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/53355096

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆について:

« 『天晴れ! 盛岡文士劇』出版パーティ | トップページ | ランチタイム・コンサートをどうぞ »