« SAVE IWATEの取り組み | トップページ | 冬はやっぱり »

激励文集、沿岸生徒に力 本県ゆかり作家ら寄稿

Gekireibunshu111215

 本県ゆかりの作家や著名人が寄稿した東日本大震災復興支援文集「Prelude(プレリュード)」が完成し、沿岸の高校生に配布された。格調高く、力強いメッセージが並び、将来の復興を担う生徒から感謝の声が上がっている。  
 文集は県高校文化連盟文芸専門部が発行、雫石高の八重樫久美子教諭が編集長を務めた。県高校長協会や県高教組からも大口の寄付が寄せられ1万部を印刷。沿岸の県立高校と特別支援学校計23校の生徒約7200人に配布した。
 高橋克彦さんは「和の国の人々」と題したメッセージで、逆境の中、他人のために立ち上がろうとする心を持つ東北の子どもたちの力に期待した。ほかにも瀬戸内寂聴さんや山折哲雄さんの言葉が並ぶ。表紙の絵は彫刻家・舞台美術家の長内努さんが寄せた。
 B5判、64ページ。来年1月末まで協力金も募っており、一口5千円を寄せた人には文集1冊を送付する。郵便振替の口座番号は「02260―1―110165」、口座名は「東日本大震災復興支援文集編集委員会」。

 問い合わせは川口印刷工業http://www.chiikeys.jp/tieup/hukko/prelude.html(019・632・2211)へ。

|

« SAVE IWATEの取り組み | トップページ | 冬はやっぱり »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/53695772

この記事へのトラックバック一覧です: 激励文集、沿岸生徒に力 本県ゆかり作家ら寄稿:

« SAVE IWATEの取り組み | トップページ | 冬はやっぱり »