« 石神の丘から | トップページ | 「復興への誓い 2万個の灯火」 東日本大震災1周年行事 »

オーネット・コールマンとドン・チェリーを聴く

オーネット・コールマンの「At the Golden Circle」を久々に(30数年ぶりか)聴いている。

かつて盛岡の「文化の中心地」だったジャズ喫茶「伴天連茶屋」に行くと、よくこれがかかっていた。かっこいいジャケットに惹かれはしたものの、音楽そのものはちっともいいと思わなかった。
今聴くと、端正とはいわないまでも、さほどハチャメチャな演奏ではない。何よりも伝わってくるエネルギーが、今の音楽にはない類のものだ。

さらに、オーネット・コールマンの仲間だったドン・チェリーの「Complete Communion」も聴く。

これなどは、オーソドックスなモダンジャズだ。 初めて聴いたとき(私は十代だったわけだが)は、もっとわけのわからない「フリージャズ」と受け取ったように記憶しているのだが。ほかのと混同しているのかもしれない。
ポケットコルネットで有名なドン・チェリーだが、このころは普通のトランペットを使っている。

こういう音楽を聴くと、魂にカツを入れられたような感じがする(今週はカツカレーを食べて、カツを入れたが)。

|

« 石神の丘から | トップページ | 「復興への誓い 2万個の灯火」 東日本大震災1周年行事 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/54161098

この記事へのトラックバック一覧です: オーネット・コールマンとドン・チェリーを聴く:

« 石神の丘から | トップページ | 「復興への誓い 2万個の灯火」 東日本大震災1周年行事 »