« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

オルフェウス室内管弦楽団を聴く

昨夜は北上のさくらホールで、オルフェウス室内管弦楽団+五嶋龍のコンサートを聴いてきた。
ロッシーニ:歌劇「アルジェリアのイタリア女」序曲
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.61
メンデルスゾーン:交響曲 第4番「イタリア」op.90


2005年の盛岡公演のときはガラガラだったが、さくらホールは8割は埋まっていた。北上の文化レベルが高いということか。今回もヴァイオリン・セクションに「クリスチーナ&ローラ」というデュオでも活躍しているローラ・フラウチ(この人はモデルみたいな容貌だが、ハーバードで応用数学を学んだ後にジュリアードで学んだ才色兼備)が2曲でコンマスをつとめていた。

感想は後で『目と耳のライディング』にアップする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶらり十和田

『自転車人』(山と渓谷社)の取材旅の予定だったが、悪天候のため中止になった。で、クルマでちょっこし十和田湖まで行ってきた。
いつもは小坂インターから十和田湖入りするのだが、あの名物を食べるために黒石をまわった。
あの名物ってのは、「つゆやきそば」。焼きそばをラーメンのスープの入った丼に間違って入れたのが始まりだという。どんな味なのか興味津々だったが、ま、ソース味のラーメンだった。

1848664904_123

十和田は雷雨で散々だったが、プロフィール写真の撮影場所である蔦温泉近くのブナ林を訪れると、霧で神秘的な光景に接することができた。なかなか離れがたい雰囲気だった。

1848664904_175

命の洗濯ができた(←いっつも命の洗濯ばかりしていると言われそうだが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、吉田秀和さん

この方の書かれたものに出会っていなかったら、クラシックを今のようにちゃんと聴いてはいなかっただろう。

私はクラシック音楽について書かれたものについては、第一に作曲家のものを信頼し、第二に指揮者と演奏家、第三と第四がなくて、第五に評論家のものがくる。ただし、吉田秀和氏のものだけは別で第一の作曲家や第二の指揮者や演奏家と同じだった。
吉田秀和氏は、音楽家だった。作曲もしないし楽器も演奏しない音楽家だ。

吉田秀和氏は大往生だった。悲しいことは悲しいが、ありがとうという感謝の気持ちが勝る。
けれども、同時に暗澹たる気持ちにもなる。加藤周一や堀田善衛と並ぶ巨大な知性が消えていった。もう吉田秀和氏のような方は二度とあらわれまい。世の中、どんどんしまりなくなっていく。

吉田秀和さん死去=音楽評論家、教育にも尽力―98

 日本のクラシック音楽評論の草分けで文化勲章受章者の吉田秀和(よしだ・ひでかず)さんが22日午後9時、急性心不全のため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。98歳だった。東京都生まれ。葬儀は済ませた。喪主は長女清水眞佐子(しみず・まさこ)さん。後日、お別れ会を開く。

 東大文学部卒。戦後すぐに、モーツァルトやシューマンらについて音楽雑誌に発表し、先駆者として日本の音楽評論を確立。感性に訴える美しい文章でクラシック音楽の魅力を人々に伝えた。来日した著名な音楽家の演奏を批判するなど、歯に衣(きぬ)着せぬ鋭い評論でも知られた。

 対象とした分野は文芸、美術の領域にも及び、評論家の小林秀雄、小説家の大岡昇平、詩人の中原中也らとも親交があった。晩年まで専門誌や新聞に評論を発表。ラジオ番組の構成や司会も務めた。1990年には音楽や美術、演劇などの芸術評論を対象とした「吉田秀和賞」も創設された。

 主な著書に「主題と変奏」「二十世紀の音楽」「音楽紀行」「マネの肖像」など。75年に刊行を始めた「吉田秀和全集」(白水社)は2004年に全24巻で完結した。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい週末だった

1848036110_147

昨日は巨匠ヴィンシャーマン指揮、仙台フィルによるバッハの管弦楽組曲全曲演奏会を聴くために仙台青少年文化センターへ。 もちろん、牛タン定食も食べた。仙台駅地下で「浦霞」の粕とり焼酎(月に一度しか入荷しない貴重品とのこと)を入手できた。 
演奏会については後ほど改めて「目と耳のライディング」に書く予定。とにかく素晴らしかった。 

今日は野田村の子どもたち12人と一緒に岩手県立美術館へ。 ひととおり鑑賞した後、美術館前の中央公園に出て、用意していたフリスビーで遊んだり、美術館前の小山に登ったり。
そうこうしているうちに、かなり暑かったせいもあって、「川で遊びたい」と子どもたちが言い出した。 

聞けば、野田村には川遊びができるような川がないとのこと。急遽、中津川に移動した。六魂祭の関連で、チャグチャグ馬コも中津川河原で見ることができた。 

1848120946_99


オケラみたいのがくっついている石を持って帰ろうとした子に、「持って行ったら、友達と離ればなれになるから、帰してあげて」と納得してもらう。 
結局、川遊びが初めてという子ばかりで、これが一番おもしろかったようだ。 

別れ際、「みんな今日の美術館のことは忘れても川遊びのことはきっと忘れないでしょう。大人になって、今日のことを思いだしたときに、斎藤純という人が『美術館に行くことも川遊びも同じひとつのことなんだよ』と言っていたことを一緒に思いだしてください」と別れの挨拶をした。 

私も楽しかったが、あの子たちと毎日付き合うのは私には無理だ。小学校の先生は偉いなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

復興支援センターから

午前中はSAVE IWATE事務局会議(来週の月曜日に部長会議があるが、それは出席できない)。6月11日に総会をひかえ、いろいろと慌ただしい。

午後、知事がセンターの視察におみえになる。「歴史に残る仕事をされている」とありがたい感想をいただく。 続いて復興庁が視察にくる。内陸避難者のことを知っていただくこともセンターのつとめだ。

1847805056_88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七時雨サイクリング

イーハトーヴ・トライアルのスタート地点である七時雨には、オートバイで何度も何度も行っている。ロードバイクに乗るようになって、「いつかここをロードバイクで訪れたい」と半ば夢として思っていた。

今日、その夢を実現させた。

1847460547_203


盛岡から自走で行こうとするから「無理だなあ」と諦めてしまうのであって、輪行で行けばいいのである。
いわて沼宮内まで、IGR岩手銀河鉄道で行く。駅前でロードバイクをくみ上げ、11時ちょうどに出発。一方井へ向かう。一方井は富良野あたりを思わせる高原地帯で、アップダウンもきつくなく、とても気持ちがいいところだ。
八幡平市に抜けて、七時雨鉱泉を経て七時雨高原へ。エゾハルゼミが賑やかに鳴いていた。カッコーの声もコダマしていた。
七時雨山荘で休憩。カシオ・プロトレックは標高620メートルを示していた。ずいぶん登ったものだ。

1847460547_151


帰路は来たルートを戻ることも考えたが、荒屋新町に抜けることにした。長い長い下り坂で時速57キロを記録。この速度で後輪のブレか、フレームのよれのようなものを感じた。チト怖かった。

花輪線荒屋新町駅に午後1時30分に到着。ここで自転車をバラして、電車で帰るつもりだったのに、電車時刻表を見ると、なんと次の上り列車は3時20分までない。盛岡までは57キロくらいあるのだが、自走で帰ることにした。

このルートには安比峠という難所がある。「2時間待って電車に乗るんだったなあ」としきりに後悔し、シクシク泣きながら峠をクリア。私は坂道にくると「ああ、もうイヤだ」と思いつつ、どうにか登りきるというパターンが多い。

安比を過ぎてしまえば、後は楽なものだ(←見栄っぱり)。午後4時30分。家に帰り着いた。結局、90キロ近く走った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サドル・セッティング

復興支援サイクリングの終盤で太ももが痙攣したのはサドルの高さが合っていないせいかもしれない。と、素人ながら考えた。
で、計測したところ、標準より2センチも高いセッティングだった。好みとはいえ、ちょっと高すぎかもしれない。私のような素人はつい高ければいいと考えがちで、どんどん高くしてしまう。

サドルのセッティングの一般的な方法は、股下(計測の仕方があるのだが、省略)×0.870(この数値にも諸説あるが平均的なものを採用)で出す。私の場合、73.08センチとなった。好みでこれより高くしたり、低くしたりする。
この高さは、サドルの先端から14.5センチのところからボトムブランケットの中心までの数値だ。私は75センチにセッティングしていたので74センチにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日食

盛岡は晴天。日食を観察することができた。短時間で夕方のように暗くなったことに驚異の念を覚えた。次の日食は北海道で18年後らしい。

562471_392993397419060_100001252104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膝がガクガク、野外ロックフェス

昨日のハードなサイクリングの後遺症だろう、階段で膝がガクガクする。情けないですなあ。
今日は朝から石神の丘美術館へ。カレッジロックの本番だ。オープニングに、レスポールでブルースをちょっこし弾いて、挨拶代わりとした。学生の乗りの良さに助けられた。そして、マーシャル・アンプが気持ちよかった!

Img_164

晴れ男たちにも助けられた(私の雨男ぶりを熟知しているクラブチェンジ黒沼代表からは「来ないで」と言われていたのだが、アッハッハ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクルエイド東日本復興支援サイクリング完走

昨日はサイクルエイド東日本復興支援サイクリング 

盛岡城跡公園の芝生広場でおこなわれたオープニングで県庁の戸館さん、市役所の大志田さんの挨拶があった。お二人とも「晴れ男」とのこと。助けられた。 

五月晴れの空のもと快走。気温は15度から22度くらいまで上がった。私は先頭グループでスタートしたが、ペースが速いので「お先にどうぞ」とお尻につく。結局、単独走行となった。
とにかく上り坂の多いコース設定で、マイった(かなりの走り屋さんたちも音を上げていた)。田瀬ダム界隈の山岳コースを下りると、
花巻温泉までは一見平坦路だが、実はゆるいゆるい上り坂。しかも、強い向かい風が吹いていて、踏んでも踏んでも前に進まない。ここでかなりの人たちが「気持ちがくじけた」ようだ。 

490064_1645359146_222large

私は赤信号で止まったとたんに両膝の上(太もも前部)が痙攣して、脚がまったく動かなくなった。自転車を下りることもできず、立ったまま呻いていると、運良くオフィシャルカーが通りかかった。エアサロンパスを患部に浴びせる。 
こういうときは揉んでは駄目。筋肉を拳で叩くといい。スプレーの効果もあって、すぐに治った。一瞬、リタイヤを覚悟したので、本当に助かった。

実はそこはゴールまで1キロもないところだった。よろよろと走りだすと、やがてゴールの看板を持つ女性が立っていた。女神に見えた。 

490064_1645359141_146large

山菜豚汁とオニギリの提供があり、とてもおいしかった! 
花巻温泉の入浴券ももらったが、お風呂に入ったらそのままダウンしてしまいそうだったので遠慮しておいた。 

自走で帰る予定だったが、これは浅はかだった。もう体力が尽きている。
たまたま師匠のM松さんがクルマでうろうろされていて、ちょうど盛岡に帰るというタイミングの良さ。お願いしてクルマにロードバイクを積んでもらい帰って来ることができた。多謝! 

およそ90キロを5時間30分ほどで完走できた。何度もくじけそうになったし、脚が痙攣したときはリタイヤも考えた。きつい上り坂では押して歩こうとも思ったが、よく走りきった。我ながらがんばったと思う。
コース図はhttp://cycle-aid-japan.jp/route/s2_1.html 


一昨日、友に別れを告げに行ってきてから、気持ちが前向きになれず、このサイクリングの出場も当日の朝まで躊躇していたが、思い切って参加して本当によかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友との別れ

岩手めんこいテレビ・エンタープライズ専務取締役のKが、昨夜、亡くなった。あまりに突然のことで、今日はただただ呆然と過ごした。 

私がFM岩手にいたころ、彼は広告代理店にいて、いろいろ一緒にイベントをやったり、番組作りに協力してもらった。その後、めんこいテレビ開局にともなって転職、系列会社のエンタープライズの重役に出世した。みちのくミステリ映画祭も一緒にやった仲だ。 
昨秋、もりおか映画祭で飲んだのが最後か。このごろは「いずれ」と言いながら飲む機会がなかった。 
酒の席では、16年前に一緒に行ったコニャック映画祭のことをよく話し合ったものだ。あれは本当に楽しい旅だった。 
思い出が尽きない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスティアン・アルミンクの教え

5月14日の朝日新聞新に載っていた、日本フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督である指揮者アルミンクのコメント。

「スターに頼り、古典のプログラムでそこそこ客を入れていても未来は開けない」

これはオーケストラに向けての言葉だが、コンサートの主催者にもまったく同じことがいえる。私がアドバイザーをつとめている盛岡市文化振興事業団にも機会があるたびに上記の通りのことを提言しているのだが……。

一般的にクラシックファンは定番以外のプログラムに拒否反応を示す。ある面で、懐メロ・ファンと同じだと言っていいかもしれない。

ところで、土曜日夕方のNHK-FM で、N響定期公演が生中継されていた。デュリュフレの『レクイエム』は初めて聴く曲だった。名曲で、しかもこの日の演奏は「凄味」を感じさせるような名演だった。聴衆の反応も素晴らしかった。

この放送のおかげでデュリュフレを私は初めて知った。こういう曲を取り上げたことを解説者も高く評価していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月晴れツーリング

昨日は遠来の友と盛岡の長年の友の4人でツーリングをしてきた。
岩手の山々は刻一刻と色を変えている。二週間前は茶色が目立った山も、「山笑ふ」季節を迎えて、美しく輝いていた。

1844982963_167

日頃の行ないがいいおかげで(私は大変な雨男なのだが)、丸一日、五月晴れのもと岩手県の最もディープな地帯である県北を満喫できた。

1844982963_45

残念ながら喜多八(久慈)のウニ丼にはありつけなかった(時化のためウニ漁ができなかったそうだ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松岡淳さんの教え

「本を読んでください。マンガがいけないわけではありませんが、マンガを読んだら、本も読みなさい」

292521_387412014643865_100001252104

昨日、石神の丘美術館ギャラリーホールで行なわれたスプリングコンサートで、中高生ら若い人たちに向けて。
音楽家が「本を読みなさい」とおっしゃるのを、私は巨匠シュタルケルのマスタークラスで初めて聴いた。あのときの感銘を思いだした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

桜が終わったころから、石神の丘は花盛りを迎える。
なかでも今年はヤマナシの花のつきがいい。きっとたくさんの実をつけることだろう。

1844497427_150


名物のラベンダーは来月下旬が見頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美術展めぐり

銀座のフェメールセンターhttp://www.vermeer-center-ginza.com/をサッと見て、、東京芸大大学美術館で『高橋由一』展http://yuichi2012.jp/outline_tokyo.htmlを観る。

これだけまとまった数の作品を私は初めて観た。やはり、得たいの知れないエネルギーがみなぎっている。感激に体が震えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸へ

新幹線を乗り継いで神戸へ。盛岡~新神戸という経路にしたが、地元の方から「新神戸なんて不便で誰も使わんよ。新大阪で在来線に乗り換えるんや」と教わる。

午後中、「人と未来防災センター」で勉強。夜は、先日盛岡にお越しいただいた山手大学の小林教授と食事をしながら、メモリアルミュージアムについていろいろとうかがう。

小林教授を待っている間、さっきまで青空だった神戸に雨が降り出した。やがて、小林教授が到着するとともに雨が上がった。
「わっはっは、私は晴れ男ですから」と小林教授。
負けた。

神戸は盛岡の7月を思わせる陽気だった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパームーン

高橋克彦さんからスーパームーンの写真をいただいたので、お裾分け。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ツーリング

午後からは天候が崩れるという予報だったが、午前中はすっきり晴れていた。この機会を逃すとまた後がない。思い立ったが吉日ってわけで、BMW/R1150ロードスターにまたがった。

八幡平アスピーテラインのゲートには開門15分前の8時15分に到着(夏以外は夜間~早朝通行止め)。思ったほどクルマの量は多くなかった。雪も予想以上に少なかった。

1843136210_173

頂上付近では8度くらいまで下がったが、下界におりてくると22度くらいあった。
八幡平ではサクラとミズバショウが満開を迎えていた。

帰ってきて気がつくと盛岡周辺の山も「山笑ふ」春の装いだ。なんか気分的に私はまだ3月の季節感をひきずっていた。季節にすっかり乗り遅れていたわけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベルト交換

オメガのベルトがぼろっちくなったので、シチズン・ソーラーから移植(一度オメガに付けたベルトだったので「戻した」というほうが正しい)。シチズン・ソーラーにはカジュルアルなベルトを付けた。

1841233426_168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »