« 楽しい週末だった | トップページ | ぶらり十和田 »

さようなら、吉田秀和さん

この方の書かれたものに出会っていなかったら、クラシックを今のようにちゃんと聴いてはいなかっただろう。

私はクラシック音楽について書かれたものについては、第一に作曲家のものを信頼し、第二に指揮者と演奏家、第三と第四がなくて、第五に評論家のものがくる。ただし、吉田秀和氏のものだけは別で第一の作曲家や第二の指揮者や演奏家と同じだった。
吉田秀和氏は、音楽家だった。作曲もしないし楽器も演奏しない音楽家だ。

吉田秀和氏は大往生だった。悲しいことは悲しいが、ありがとうという感謝の気持ちが勝る。
けれども、同時に暗澹たる気持ちにもなる。加藤周一や堀田善衛と並ぶ巨大な知性が消えていった。もう吉田秀和氏のような方は二度とあらわれまい。世の中、どんどんしまりなくなっていく。

吉田秀和さん死去=音楽評論家、教育にも尽力―98

 日本のクラシック音楽評論の草分けで文化勲章受章者の吉田秀和(よしだ・ひでかず)さんが22日午後9時、急性心不全のため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。98歳だった。東京都生まれ。葬儀は済ませた。喪主は長女清水眞佐子(しみず・まさこ)さん。後日、お別れ会を開く。

 東大文学部卒。戦後すぐに、モーツァルトやシューマンらについて音楽雑誌に発表し、先駆者として日本の音楽評論を確立。感性に訴える美しい文章でクラシック音楽の魅力を人々に伝えた。来日した著名な音楽家の演奏を批判するなど、歯に衣(きぬ)着せぬ鋭い評論でも知られた。

 対象とした分野は文芸、美術の領域にも及び、評論家の小林秀雄、小説家の大岡昇平、詩人の中原中也らとも親交があった。晩年まで専門誌や新聞に評論を発表。ラジオ番組の構成や司会も務めた。1990年には音楽や美術、演劇などの芸術評論を対象とした「吉田秀和賞」も創設された。

 主な著書に「主題と変奏」「二十世紀の音楽」「音楽紀行」「マネの肖像」など。75年に刊行を始めた「吉田秀和全集」(白水社)は2004年に全24巻で完結した。 

|

« 楽しい週末だった | トップページ | ぶらり十和田 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/54813627

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、吉田秀和さん:

« 楽しい週末だった | トップページ | ぶらり十和田 »