« ぶらり十和田 | トップページ | 取材旅終了 »

オルフェウス室内管弦楽団を聴く

昨夜は北上のさくらホールで、オルフェウス室内管弦楽団+五嶋龍のコンサートを聴いてきた。
ロッシーニ:歌劇「アルジェリアのイタリア女」序曲
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.61
メンデルスゾーン:交響曲 第4番「イタリア」op.90


2005年の盛岡公演のときはガラガラだったが、さくらホールは8割は埋まっていた。北上の文化レベルが高いということか。今回もヴァイオリン・セクションに「クリスチーナ&ローラ」というデュオでも活躍しているローラ・フラウチ(この人はモデルみたいな容貌だが、ハーバードで応用数学を学んだ後にジュリアードで学んだ才色兼備)が2曲でコンマスをつとめていた。

感想は後で『目と耳のライディング』にアップする予定。

|

« ぶらり十和田 | トップページ | 取材旅終了 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/54847615

この記事へのトラックバック一覧です: オルフェウス室内管弦楽団を聴く:

« ぶらり十和田 | トップページ | 取材旅終了 »