« サドル・セッティング | トップページ | 復興支援センターから »

七時雨サイクリング

イーハトーヴ・トライアルのスタート地点である七時雨には、オートバイで何度も何度も行っている。ロードバイクに乗るようになって、「いつかここをロードバイクで訪れたい」と半ば夢として思っていた。

今日、その夢を実現させた。

1847460547_203


盛岡から自走で行こうとするから「無理だなあ」と諦めてしまうのであって、輪行で行けばいいのである。
いわて沼宮内まで、IGR岩手銀河鉄道で行く。駅前でロードバイクをくみ上げ、11時ちょうどに出発。一方井へ向かう。一方井は富良野あたりを思わせる高原地帯で、アップダウンもきつくなく、とても気持ちがいいところだ。
八幡平市に抜けて、七時雨鉱泉を経て七時雨高原へ。エゾハルゼミが賑やかに鳴いていた。カッコーの声もコダマしていた。
七時雨山荘で休憩。カシオ・プロトレックは標高620メートルを示していた。ずいぶん登ったものだ。

1847460547_151


帰路は来たルートを戻ることも考えたが、荒屋新町に抜けることにした。長い長い下り坂で時速57キロを記録。この速度で後輪のブレか、フレームのよれのようなものを感じた。チト怖かった。

花輪線荒屋新町駅に午後1時30分に到着。ここで自転車をバラして、電車で帰るつもりだったのに、電車時刻表を見ると、なんと次の上り列車は3時20分までない。盛岡までは57キロくらいあるのだが、自走で帰ることにした。

このルートには安比峠という難所がある。「2時間待って電車に乗るんだったなあ」としきりに後悔し、シクシク泣きながら峠をクリア。私は坂道にくると「ああ、もうイヤだ」と思いつつ、どうにか登りきるというパターンが多い。

安比を過ぎてしまえば、後は楽なものだ(←見栄っぱり)。午後4時30分。家に帰り着いた。結局、90キロ近く走った。

|

« サドル・セッティング | トップページ | 復興支援センターから »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/54790082

この記事へのトラックバック一覧です: 七時雨サイクリング:

« サドル・セッティング | トップページ | 復興支援センターから »