« 首が痛い! | トップページ | のんびりと休日を過ごす »

東京は暑かった

いやあ、東京の暑さは攻撃的というのか、北海道や岩手とは暑さの質が違う。

そんな中、東急シアター・オーブのこけら落とし公演『ウェスト・サイド・ストーリー』を観劇。初演時の舞台を再現したとコピーにあるが、エンディングに変更があった。
「このほうがリアル」というのが変更の理由だそうだが、オリジナルのあのシーンは、トニーの亡骸を対立するシャーク団とジェット団が一緒に運ぶことで自分たちの愚かさを知る大切な部分だ。変更後の演出では感動が薄く、肩すかしをくったような感じがした。

それはちょっと残念だったが、歌も踊りも素晴らしく、お馴染みの名曲を聴くたびに涙が溢れてきて止まらなかった。
私が初めて映画『ウェスト・サイド物語』を観たのは小学校低学年のころ(リバイバル上映)。父が支配人をつとめていた国劇で何度も何度も繰り返し観たものだ。以来、何度観たことか(VHSでも持っていたし、今はDVDで持っている)。


東京都美術館のマウリッツハイス美術館展は、前に行ったときは長蛇の列だったため諦めたが、今回は待ち時間0分で入館できた。
が、「真珠の耳飾りの少女」の前は長蛇の列。並ぶのは諦めて列の後ろから拝見してきた。実物は本やテレビで見るより色が淡かった。レンブラントも見応えがあった。

NHK日曜美術館「水墨で今を映す ~アーティスト王子江の世界」が大きな反響を呼んだ王子江さんに、お目にかかってきた(私はあの番組の制作にほんのちょこっと関わっていて、クレジットにも名前が出た)。 とてもいい方で、ますますファンになってしまった。

1862823879_166

|

« 首が痛い! | トップページ | のんびりと休日を過ごす »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

王子江さんにお目にかかれるなんて羨ましいかぎりです!番組みてました☆ほうきを使って描いてたのが印象的でした。人物画をささっと描くところもかっこよかったです。

実は 私 水墨画を習ってまして(まだペイペイですが)その教室ではあっという間に時間が過ぎます。ちなみに今は四君子の「菊」を描いています。

王子江さんの画集が出ていたらぜひみてみたいです!

投稿: 梅子 | 2012年8月 4日 (土) 16時55分

梅子さん>いわゆる南画ですね。王さんは南画をパーフェクトにこなした後(子どものころというから天才です)、現在の独自のスタイルを生みました。

投稿: 斎藤純 | 2012年8月 5日 (日) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/55347187

この記事へのトラックバック一覧です: 東京は暑かった:

« 首が痛い! | トップページ | のんびりと休日を過ごす »