« 復興支援センターから | トップページ | 須川温泉へ »

石神の丘から

高橋和展 ー風跡ー』が開幕した。オープニング・セレモニーには、和さんの二高時代からのお友だちやかつての仕事仲間など、多くの方にお越しいただいた。

一昨年、和さんに展覧会の話をしたとき、「抽象画でもいいの?」と目を輝かせた。抽象画は敬遠されがちで、ことに地方ではなかなか展示する機会がない。
石神の丘美術館は、私が就任する前から、抽象画もよく扱ってきた。抽象画は難しいとよくいわれる。けれども、風景画を見て「きれいな風景ね」とわかったつもりになる(実はこれが危険だと思う)ことと、抽象画はわからない(むしろ、こっちのほうが健全といえば健全かもしれない)と言うことの間にさほど違いはない。

和さんは昭和10年生まれとは信じがたいような「若さ(いろいろな意味で)」をお持ちだ。実に羨ましい。

|

« 復興支援センターから | トップページ | 須川温泉へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/55677152

この記事へのトラックバック一覧です: 石神の丘から:

« 復興支援センターから | トップページ | 須川温泉へ »