« 石神の丘から | トップページ | 盛岡のタンタンメン文化 »

音作り

ホットクラブオブ盛岡(私がギターで参加しているジプシースィングのジャズバンド)は生ギター3本+エレキベースが基本編成だ。これにときどきヴォーカルが入ったり、ドラムスが入ったりする。

生ギターとはいえ、クラシックのように「生音」で演奏しているわけではない。マイクで音を拾い、増幅してスピーカーで出している。
ギター内蔵のピエゾマイク(私のはブリッジ部分に仕込んで、いわゆるエレアコ化してある)とスタンドマイクの2本立てだ。
ギター内蔵のピエゾマイクは「弦の振動」を拾う。したがって、これだけではエレキギターっぽい音になってしまうので、スタンドマイクで「空気の振動」を拾ってミックスすることが不可欠だ(スタンドマイクだけではフィードバック現象などの障害が起きやすい)。

このセッティング(音作り)がなかなか難しい。時間もかかるし、会場の音響担当者(PAオペレーター)によって差も出る。
それを解消する手段として、あらかじめバンドで「音作り」をしたものを、会場のPAに渡すというシステムを構築することになった。ギターの北田キタローさんが以前から提案していたことをボスの寺田さんが具体化した。
つまり、これまでは会場が用意していたスタンドマイクを使っていたが、これに代わる楽器用コンデンサーマイクを自前で購入、これをギターに外付けした(コンデンサーマイクは電源が必要なので、そのための器材も揃えた)。
内蔵ピエゾマイクと外付けマイクを、小型ミキサーで好みのバランスにミックスし、それを外部出力として出す。

1879974508_222


1879974508_175


ここまでは、段取りとしてはそう特別なことではない。たとえば、ヤマハの生ギター(厳密にはエレアコ)などはマイクとピエゾの両方が最初から付いていて、手元(ギターに付いているミキサー)でミックスできる(別の言い方をするなら、ヤマハ・ギターがやっていることを一からやろうとすると、こんなに大変だということだ)。

我々がユニークなのは、ここからだ。
まず、各自が「音作り」した音をバンドのミキサーにまとめる。そのミキサーで3本のギターとエレキベースのバランスをとって整えた音を、会場のPAに出力する。こうすることによって、会場のミキサーは「音作り」をする必要がなくなり(その分、時間も労力も能力も省ける)、トータルボリュームだけを調整すればよい。

これでライヴのときのセッティングにかかる時間は大幅に短縮できるし、我々も常に自分でつくった音で演奏できるわけだ。

それにしても、機材が驚くほど安くなったものだ。これだけのことを実現するのに、私の(古い)感覚だと6桁の資金を想定してしまうが、今回の追加分(ギターに取り付けたピエゾマイクとプリアンプを除いた部分)は1万円以内で収まった。

1879974508_15


|

« 石神の丘から | トップページ | 盛岡のタンタンメン文化 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

なんだかやっぱり純さんは博士としか思えませんΣ(゚д゚;)

なにがともあれ楽しそうでなによりです。

私は、音楽を聴くのは好きですが 自分で演奏する機会がなかなかありません。おばあちゃんになってからでもいいので、ボケ防止のためにでもピアノかキーボードを習いたいな~と思っています。

投稿: 梅子 | 2012年11月13日 (火) 22時25分

梅子さん>いいですね。ぜひ、楽器に挑戦してください。

投稿: 斎藤純 | 2012年11月14日 (水) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/56087539

この記事へのトラックバック一覧です: 音作り:

« 石神の丘から | トップページ | 盛岡のタンタンメン文化 »