« さようなら、ジェリー・アンダーソンさん | トップページ | 大晦日に思う »

今年の最高ケッ作

盛岡のジャズスポット「開運橋のジョニー」は日本ジャズ専門店として、あまねく知られている。店名は五木寛之さんの『海を見ていたジョニー』に由来し、五木さんご本人のお墨付きももらっている。
そのジョニーが通りをはさんだ向かい側に移転することになった。

私の友人が、そのお祝いの品を考えに考えた末、『いちご煮』にしたという。これは三陸の珍味で、ウニとアワビを煮たもの。缶詰になって売られている。
ジョニーのマスターは、驚異の駄洒落マンとしてもよく知られているから、それに相応しいものをひねり出したのだそうだ。

ジョニーの移転祝いに『いちご煮』、その心は「ウニを煮ていたジョニー」。
おそるべし、おそるべし。

|

« さようなら、ジェリー・アンダーソンさん | トップページ | 大晦日に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/56424394

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の最高ケッ作:

« さようなら、ジェリー・アンダーソンさん | トップページ | 大晦日に思う »