« ダリ展 | トップページ | 本領発揮か…… »

バッハのカンタータを聴く

敬愛する盛岡バッハ・カンタータ・フェラインのコンサートに行ってきた。
伴奏の東京バッハ・カンタータ・アンサンブルのコンサートマスター蒲生克郷さんがインフルエンザのため、川原千真さんがコンサートミストレルをつとめた。
そんなアクシデントを感じさせない入魂の演奏だった。
拍手のタイミングが早いお客がいて、せっかくの雰囲気がそがれる。「通」ぶりたいのかもしれないが、曲が終わってもすぐには拍手しないで、指揮者が完全に手を下ろすまで待つべき。
第1部で帰ったらしく、第2部では曲が終わった後の響きの余韻を味わうことができた。
11月にはドイツ・レクイエムを演奏するとのこと。大好きな曲だ。今から楽しみだ。

|

« ダリ展 | トップページ | 本領発揮か…… »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/56532584

この記事へのトラックバック一覧です: バッハのカンタータを聴く:

« ダリ展 | トップページ | 本領発揮か…… »