« 姫神山単独行 | トップページ | 太鼓祭り »

先人の教え

【なんのために工学はあるか】(「港湾工学の父」と呼ばれた広井勇の言葉)

もし工学が唯に人生を繁雑にするのみらば何の意味もない。これによって数日を要するところを数時間の距離に短縮し、一日の労役を一時間に止(とど)め、それらによって得られた時間で静かに人生を思惟し、反省し、神に帰るの余裕を与えることにならなければ、われらの工学には全く意味を見出すことはできない。

(司馬遼太郎『街道をゆく/台湾紀行』から孫引き)

|

« 姫神山単独行 | トップページ | 太鼓祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/57067586

この記事へのトラックバック一覧です: 先人の教え:

« 姫神山単独行 | トップページ | 太鼓祭り »