« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

燃え尽きました!

昨晩のライヴにはたくさんの方にお越しいただき、心から感謝申し上げます。ゲストにお迎えしたクラリネットの大向佐保さんの演奏が素晴らしく、メンバー一同、かなり燃えました。オーディエンスにも満足していただけて、何よりです。

実は私はリハーサルを終えた段階で力尽きていました。アウトライダー取材旅の疲れがまだとれていなかったようです(歳ですなあ)。
演奏後は、まさに脱け殻になりました。

次のライヴは定禅寺ストリートジャズ・フェスの予定です。またのお越しを心からお待ちしています。


602982_288620691273588_1116943285_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットクラブオブ盛岡LIVEのお知らせ

アヤノズバーで5月30日8時スタート! (ライヴチャージ1500円)。
ゲストにクラリネットの大向佐保さんを迎えて哀愁のマヌーシュ(ジプシー)サウンドをお届けします。


2013


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま!

アウトライダー取材旅を無事に終えて帰宅。
2日間とも快晴に恵まれた。気温が30度近くまで上がり、暑かった。
アウトライダー三陸特集は7月11日発売。乞ご期待!

1903179651_140

まさかクマさん(ツーリング写真家の小原信好さん)とタンデムすることになるとは!

1903179651_175

置物にあらず。浄土ヶ浜のウミネコは人懐こい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

久々に屋外展示場を散策。新緑の中で、しばし哲学する。

969989_564599760258422_1289132402_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートのチカラ、いわてのタカラ

岩手県立美術館から『アートのチカラ、いわてのタカラ』が届いた。
3.11後、県美は7000万円の企画展予算を全額カットされた。復興予算にまわすためという理由だが、事前に何の相談もなかった。このやり方は間違っていたと思うが(県はその検証をまだしていない)、その後の県美の対応に瞠目させられた。これはその取り組みをまとめた一冊(協力者になぜか私の名前も入っている)。

Dsc_1440

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡自転車会議の勉強会

昨日はNPO法人自転車活用推進研究会の小林理事長をお迎えし、盛岡自転車会議の勉強会を行なった。

まず、小林さんと一緒に盛岡の自転車環境を点検してまわった。その際、小林さんホテル・メトロポリタンが宿泊者に無料で貸し出しているモリクル(自転車)を借りた。そして、夜はアイーナ県立大学キャンパス学習室で勉強会。
豊富な知識、切れ味鋭く、濃い内容で、とても勉強になった。

キーワードは「来るべき高齢化社会に対応できる交通環境整備」だ。

130521




| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演がつづく

今日は野田村立生涯学習センターで県北教育事務所の講演。『これからの被災地支援と岩手の図書館のあり方』という先方からのリクエスト。県北の市長村立図書館職員、県北地区読書ボランティアが対象。
行き帰りは、新幹線とバスを乗り継いで、のんびり旅気分を味わえるだろう。
明後日は2つ。午後、エスポワール岩手で岩手県立大学盛岡短期大学部OBの「成美会」の講演。『森から生まれた芸術』。夜はホテルルイズで「絆の会」の講演。『これからの復興支援』。内陸避難のさまざまな課題を考えてもらう機会にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道サイクリング

出発直前まで天気予報は曇天だったが、当日はきれいに晴れ上がった。私は自他ともに認める雨男だが、幸いなことにサイクリングのときだけは晴れる。

しまなみ海道サイクリングは予想していたよりも景色の変化に富んでいて走り甲斐もあった。詳しくは7月発売の『自転車人』(山と渓谷社)に書く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道サイクリングへ

昨年からコツコツ準備してきたしまなみ海道サイクリングに行ってきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

往年の名演奏を聴く

今日は朝から復興支援センター。帰宅すると、アラウによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集ボックスセットが届いていた。さっそく後期ピアノ・ソナタを聴く。

これまで友人から借りたグルダを聴いてきた。グルダのも名演だが、私にはアラウのほうがフィットするようだ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

お役目終了

今日はもりおか映画祭の総会があり、2012年度の決算、2013年度の予算が承認された。そして、私が実行委員長を辞することも承認してもらった。
2011年に「辞める」と言ったが、慰留。
しかし、去年、岩手めんこいテレビの菅野さんが急死したことで、さらに辞任の意志が強まった。映画祭に力を注いでいた菅野さんの意志を継ぐのが筋なのかもしれないが、彼のいない映画祭はまったくやり甲斐がないというか、ただ寂しいばかりで、私のモチベーションが失せた。
今回、ようやく認めてもらえた。
映画祭には、みちのく国際ミステリー映画祭から数えて16年間かかわってきた。至らない点は多々あったにしても、充分に尽くしたと思っている。新しい血を入れることも大切だろう。
幸い大友啓史監督や「映画の力プロジェクト」という心強い仲間も増えた。私が退いても何の問題もないはずだ
これで肩の荷が下りた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の回廊へ

昨日は朝から快晴に恵まれた。妻のリクエストで八幡平アスピーテライン〜樹海ライン・ドライヴ。

1901714634_137


樹海ライン口側の八幡平ハイジというお店で昼食(写真はここの名物ピザスパ)。

1901714634_187


お店のかわいい猫が同席してくれた。

374980_558353987549666_2053314541_n



| | コメント (2) | トラックバック (0)

友人の結婚式

昨日は盛岡八幡宮での結婚式に出席。第7回盛岡文士劇で共演したミスさんさである。

古式ゆかしい式で、披露宴も今どきの「仕掛け」がなく、スローな時間が流れていた。大清水多賀の料理もおいしかった。
お二人の末永い幸せを心からお祈りします。

1901622528_189


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾で見聞きしたこと

【台湾の人】
〇宗教心は篤いが、忠誠心は薄い(ガイド氏の解説)。
・熱心な信仰。占いが盛ん。占いを否定することは神を否定することになる。いい占いが出るまで占い師をハシゴする。
・運命は決められているが、運勢は変えられる。
・離婚率、離職率が高い。
〇総じて中国よりも洗練されていて、都会的。
〇日本人、あるいは観光客に対して優しい。ただし、中国(本土)からの観光客に対してはどうかわらかない。
〇総じて親日的。観光地や大きなお店では日本語が通じる。
〇若い女性の間ではミニスカートかショートパンツ+黒いストッキングが流行中。暑いのに厚手のストッキングだった。
もっとも、異常気象で低温(といっても22、23度)のため、現地の人はとても寒がっていて、薄いダウンやウールコートを着ている人も少なくなかった。現地の感覚ではまだ冬だったのかもしれない(本来なら梅雨の季節)。ちなみに、岩手から行った我々は半袖だった。
〇ほぼ100パーセントの大学進学率(少子化のせいで0点でも合格するらしい)。そのため、いいところに就職するには大学院を出る必要がある。若い労働力の現象を招いている(ガイド氏の解説)。
〇20歳から30歳のあいだに1年間、徴兵の義務。学生の間は免除される。
〇寺社での拝み方。3礼の後、氏名生年月日住所を告げてから願いを唱え、3礼して終える。
〇台湾製のクルマがあるが、性能が悪いので台湾の人はドイツか日本のクルマを買う。台湾車は中国で売れている(「ありがたいことに」とガイド氏は皮肉まじりで言った)。
〇台湾の人が大切にしているもの。1、健康。2、家庭。3、お金。(ガイド氏の解説)
〇残業はしない。残業すると「能力がない」と思われてマイナス。
〇「石」が好き(パワーストーン、翡翠など)。
〇台湾の人が大切にしているもの。1、健康。2、家庭。3、お金。
〇残業はしない。残業すると「能力がない」と思われてマイナス。
【食事】
〇総じて安くておいしい。麺類は日本のとは違うが、おいしい。ビーフンは日本と同じ。炒飯は日本の高級中華料理店が出すような品のいいものを屋台で出している。
〇調理場が通りに面していて、料理のようすが見える。
〇お酒はあまり飲まない。台湾茶(ウーロン茶だが、色が薄い)をガブガブ飲む。真夏でも熱いお茶を飲むそうだ。
〇夜市に壮絶な臭気を放つ屋台が出ている。臭豆腐である。これ、食べてみるとニンニクがきいていておいしい。こんなにおいしいのに、どうしてこんなにひどい臭いを放つのか、と。
〇台湾の人は自宅で料理をつくらない。朝から外食。
〇黒松沙土は台湾独特の清涼飲料水。コアップガラナのドクターペッパーを足して二で割ったようなものだが、湿布の味がした。
【交通】
〇クルマは速い。ものすごく速い。が、北京のような殺気だったところはなく、阿吽の呼吸で譲りあっている。
〇自転車はスポーツ道具という認識なので交通機関としてはまだ普及していない。市政府(官庁街)にパリのビブレを真似したレンタルサイクル・システムが導入されていたが、ほとんど利用されていなかった。
〇スクーターの数が尋常ではない。排ガスによる影響で交差点の空気が悪い。
〇クルマ=汽車(SLは火車)、スクーター=機車、自転車=自行車。
〇タクシーはすべて個人タクシーで黄色(イエローキャブ)。忘れ物をしたら絶対に戻らない(タクシー運転手へのプレゼントという扱いになる)。
〇65歳以上は新幹線は半額。70歳以上はバス無料(バスカードが配給される)。
【携帯電話】※私のはドコモのスマホ。ドコモ海外利用アプリをインストール済。
〇「海外パケ放題適用」と表示されたが、メールをチェックしただけで1日2000円かかった(下記参照)。携帯を使う人は現地でプリペイド携帯を借りるといい。または、ショートメールを利用する。
電話・メール等通信(docomoのスマホの場合)
電話送信:特段の設定なしに、1分180円(日本) 1分80円(台湾)で、電話をかけられます。
電話受信:1分150円かかります。
メール・ネット通信:データ通信・データローミングはoffの方が良いです。1日2500~3000円×4日、12000円程度、請求がくると思います。
〇Wifiポイントがけっこうある(ホテルのロビー、MRTの駅など)。私は使いこなせず、ずっと「接続できません」と表示されたが、帰国2日前に設定ミスがわかり、使えるようになった。

【注意点】
〇台湾ではほぼ全面禁煙。屋根のかかっているところは屋外でも禁煙。星(空)が見えるところでしか吸ってはいけない。
〇電車やバスなどの公共交通機関の車内での飲食は禁止(日本人はよくペットポトルの水を飲んでいるので要注意)。
〇トイレは水洗だが、紙の質が悪いので、紙は流さずダストボックスに捨てる。でも、台湾の人は清潔好きなようで、不潔な感じのするトイレには一度も当たらなかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

リップクリームの練習日

昨夜はリップクリームの練習。


一曲ごとに休憩が必要だし、私は指先の皮が向けてチョーキングができなくなるし…。 親父バンドだあ。

1901462126_114



| | コメント (0) | トラックバック (0)

王子江さんと

水墨画家の王子江さんにお越しいただき、展覧会の打ち合わせ。
開催中の『三浦千波展』を観て、「色彩感覚が日本人離れしている」と驚いていた。また、「画家好みの絵」という評価にも大いに頷く。
クルマで盛岡へ移動し、NHKにご挨拶に行く。
王さんのリクエストで岩手県立美術館の常設展を観る。やはり、画家の視点はおもしろい。 勉強になった。
夕食は食道園。盛岡の冷麺を初めて食べた王さんに、「これはおいしい!」と喜んでもらえた。

1901462126_238              (冷麺の写真を撮る王さん)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石神の丘から

三浦千波さんの公開制作最終日。とはいえ、今日で完成というわけではない。

制作開始前に意見を求められ、手前の処理だけ済ませて、もう完成としていいのではないかと答えた。あまり描きこまないほうがいいと思った。

が、午後に筆を置いた段階で見たら、全体のバランスが前よりよくとれていた。私なんか口を出さないほうがいいと反省。

少し時間をおくことにして、一週間後にまた来ていただく。そのとき、サインを入れる予定。
今日は石神の丘も暖かかった。

20130506_250103_t




| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松の池のお花見

盛岡の人にもあまり知られていない北山散策路を通って中央公民館から高松の池へ。うちから45分と意外と早く着いた。

1901025740_98


高松の池の桜も、若園町界隈の桜と同じように、花のつきはあまりよくなかった。ま、花には花の都合がある。

1901025740_223


帰りは高松の池口からバスに乗り、うちの近くの停留所で降りた。

1901025740_156


昨日の展勝地の駐車場も空き待ちで長蛇の列ができていたが、高松の池周辺も渋滞になっていた。花見はできるだけ公共交通機関で行くに限る(ビールも飲めるしね)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

国見山(極楽寺跡)登山

前々から北上の桜の名所である天勝地に行く予定だったが、朝からあいにくの雨模様(本領発揮というべきか)。
しかし、北上は晴れているという情報もあり、思いきって出かけることにした。
盛岡駅から東北線の鈍行で行くつもりでいたら、なんと臨時列車「ジパング平泉号」が出ていた。自由席と座席が窓側を向いている指定席があり、妻のリクエストで指定席へ。500円也。この列車、いわゆる急行なのでお得でもある(自由席は鈍行と同じ820円)。

1900934892_254

往路は渡し船で対岸に渡り、北上川水運を偲ぶ。花見客で賑わう展勝地を横目に、本当の目的である国見山を目指す。極楽寺跡を散策するのが今回のメインイベント。
間違った道に入ったことに気がつかず、展勝地を見下ろすベンチで早めの昼食。その後、歩きだして民俗村が右手に見えたので、道を間違ったことに気がついて戻った。
シャトルバス(本来の運行は29日までだったが、開花が遅れたため延期していたようだ)が行き交う一般道を歩くこと20分。旧極楽寺の門にたどりつく。ここから廃寺跡を歩いた。散策のつもりが、檄坂つづきで、なかなかハードな登山となった。
およそ20分で胎内くぐり、そして山頂(244メートル)の展望台に到着。絶景を楽しむも寒風のため長居はできず。山頂展望台付近だけ風が強く、3度から5度は気温が低いように感じられた。
素晴らしいところだが、登山道が険しいため、登山者はあまりいない。いいところなのにもったいない。

1900934892_205

民俗村側に下山。展勝地で大船渡カキ小屋の焼きガキ(1000円で3~4個。私のは4個だった)と缶ビールで乾杯。なお、大船渡のカキは貝毒のため自主規制していて、宮城県唐桑町漁協の協力を得て、唐桑町のカキを提供していると書いてあった(食べてから写真を撮っていないことに気がついた)。

1900934892_249

帰路は展勝地の桜と北上川上空を泳ぐ鯉のぼり(北上の鯉のぼりはウナギも一緒に泳いでいる)を愛でつつ徒歩で北上駅に戻った。

942268_555047901213608_1683194135_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

『三浦千波展』はGWとあいまって賑わっている。県内はもちろん、他県からの来館者も多く、「こんなにいいところがあったのか。知らなかった」という声をたくさん聞いた。

そんな中、千波さんの公開制作がはじまった。石神の丘美術館にとっても千波さんにとっても初めてのことだ。
訪れた人が長い時間、黙って見ている。制作中はみなさん静かに見守っている。千波さんが筆を休めると、おそるおそる声をかける。とてもいい感じだった。

千波さんの盛岡一高時代の同窓生がたくさんいらしてくれる。私と同じ学年なので、私の小学校時代の同級生や中学校での同級生もいる。 ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法

(全文)

  日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

   第一章 天皇

第一条  天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第二条  皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。

第三条  天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

第四条  天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
○2  天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

第五条  皇室典範 の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

第六条  天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
○2  天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
 国会を召集すること。
 衆議院を解散すること。
 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
 栄典を授与すること。
 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
 外国の大使及び公使を接受すること。
 儀式を行ふこと。

第八条  皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

   第二章 戦争の放棄

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

   第三章 国民の権利及び義務

第十条  日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十一条  国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
○2  華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
○3  栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第十五条  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
○2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
○3  公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
○4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第十六条  何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第十七条  何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第十八条  何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

第十九条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
○2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
○3  国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第二十二条  何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
○2  何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

第二十三条  学問の自由は、これを保障する。

第二十四条  婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
○2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
○2  国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第二十六条  すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
○2  すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

第二十七条  すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
○2  賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
○3  児童は、これを酷使してはならない。

第二十八条  勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

第二十九条  財産権は、これを侵してはならない。
○2  財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
○3  私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

第三十条  国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十二条  何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

第三十三条  何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

第三十四条  何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

第三十五条  何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
○2  捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。

第三十六条  公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

第三十七条  すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
○2  刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。
○3  刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。

第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
○2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
○3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

第三十九条  何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

第四十条  何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

   第四章 国会

第四十一条  国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

第四十二条  国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。

第四十三条  両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
○2  両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

第四十四条  両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。

第四十五条  衆議院議員の任期は、四年とする。但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。

第四十六条  参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。

第四十七条  選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

第四十八条  何人も、同時に両議院の議員たることはできない。

第四十九条  両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。

第五十条  両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

第五十一条  両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。

第五十二条  国会の常会は、毎年一回これを召集する。

第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

第五十四条  衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
○2  衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。
○3  前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。

第五十五条  両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

第五十六条  両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。
○2  両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第五十七条  両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。
○2  両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるもの以外は、これを公表し、且つ一般に頒布しなければならない。
○3  出席議員の五分の一以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

第五十八条  両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。
○2  両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

第五十九条  法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
○2  衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
○3  前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。
○4  参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

第六十条  予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。
○2  予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

第六十一条  条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

第六十二条  両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。

第六十三条  内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。

第六十四条  国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。
○2  弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。

   第五章 内閣

第六十五条  行政権は、内閣に属する。

第六十六条  内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
○2  内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
○3  内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。

第六十七条  内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。
○2  衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

第六十八条  内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。
○2  内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

第七十条  内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。

第七十一条  前二条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。

第七十二条  内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

第七十三条  内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
 外交関係を処理すること。
 条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。
 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。
 予算を作成して国会に提出すること。
 この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。
 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。

第七十四条  法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。

第七十五条  国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。

   第六章 司法

第七十六条  すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
○2  特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。
○3  すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

第七十七条  最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。
○2  検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。
○3  最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。

第七十八条  裁判官は、裁判により、心身の故障のために職務を執ることができないと決定された場合を除いては、公の弾劾によらなければ罷免されない。裁判官の懲戒処分は、行政機関がこれを行ふことはできない。

第七十九条  最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。
○2  最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後十年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。
○3  前項の場合において、投票者の多数が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免される。
○4  審査に関する事項は、法律でこれを定める。
○5  最高裁判所の裁判官は、法律の定める年齢に達した時に退官する。
○6  最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

第八十条  下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。
○2  下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

第八十二条  裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。
○2  裁判所が、裁判官の全員一致で、公の秩序又は善良の風俗を害する虞があると決した場合には、対審は、公開しないでこれを行ふことができる。但し、政治犯罪、出版に関する犯罪又はこの憲法第三章で保障する国民の権利が問題となつてゐる事件の対審は、常にこれを公開しなければならない。

   第七章 財政

第八十三条  国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。

第八十四条  あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

第八十五条  国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

第八十六条  内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

第八十七条  予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。
○2  すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない。

第八十八条  すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

第八十九条  公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

第九十条  国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。
○2  会計検査院の組織及び権限は、法律でこれを定める。

第九十一条  内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。

   第八章 地方自治

第九十二条  地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。

第九十三条  地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。
○2  地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

第九十四条  地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。

第九十五条  一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

   第九章 改正

第九十六条  この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
○2  憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

   第十章 最高法規

第九十七条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

   第十一章 補則

第百条  この憲法は、公布の日から起算して六箇月を経過した日から、これを施行する。
○2  この憲法を施行するために必要な法律の制定、参議院議員の選挙及び国会召集の手続並びにこの憲法を施行するために必要な準備手続は、前項の期日よりも前に、これを行ふことができる。

第百一条  この憲法施行の際、参議院がまだ成立してゐないときは、その成立するまでの間、衆議院は、国会としての権限を行ふ。

第百二条  この憲法による第一期の参議院議員のうち、その半数の者の任期は、これを三年とする。その議員は、法律の定めるところにより、これを定める。

第百三条  この憲法施行の際現に在職する国務大臣、衆議院議員及び裁判官並びにその他の公務員で、その地位に相応する地位がこの憲法で認められてゐる者は、法律で特別の定をした場合を除いては、この憲法施行のため、当然にはその地位を失ふことはない。但し、この憲法によつて、後任者が選挙又は任命されたときは、当然その地位を失ふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾の旅

25日 岩手大学に集合。一行11名がクルマ3台に分乗して仙台空港へ。仙台空港から桃園空港へ。台北王朝台酒店チェックイン。天星港式飲茶店で夕食。
26日 行天宮~大山茶芸教室~総督府~梅子(昼食)~中正紀念堂~忠烈祠~故宮博物院~散策(一行は足裏マッサージとお土産もの屋)~台北101(鼎泰堂で夕食)~饒河街観光夜市 。
27日 国家災害救科技センター(陳センター長にお話をうかがう)~創意文化園区(昼食)~花市・玉市・画廊~油化街~北投温泉~華西観光夜市(輔仁大学の横路先生と合流) 。
28日 一行は帰国(仙台空港)。以後、単独行動。九イ分金瓜石金鉱を散策 。
29日 日月潭サイクリング 。
30日 市内散策 (四四南村総統府、士林官邸、士林夜市など)。
1日 松山空港から早朝の便で羽田へ。新幹線で盛岡へ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街もりおか5月号のお知らせ

今月号の表紙。先月号から伊山治男さんが撮った、懐かしい風景が表紙になりました。ちょっと昔の盛岡をお楽しみください。

2013_05


目次。毎月読めば盛岡通になれると評判です。盛岡検定合格を目指している方には必読書です。

201305_p01__p04_08__1

会員店ならびに「さわや書店」、「東山堂書店」で手にとってごらんください。

201305_p01__p04_08__2_2

201305_p01__p04_08__3_2

201305_p01__p04_08__4


 


201305_p01__p04_08__5


201305_p01__p04_08__6_2

定期購読のお申し込みも受け付けています。
一冊 250円×12ヶ月に送料込みで 一年3800円です。
郵便振替番号02210-9-54909 杜の都社

電話番号&ファクス
019-625-5835


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »