« 石神の丘から | トップページ | 高松の池のお花見 »

国見山(極楽寺跡)登山

前々から北上の桜の名所である天勝地に行く予定だったが、朝からあいにくの雨模様(本領発揮というべきか)。
しかし、北上は晴れているという情報もあり、思いきって出かけることにした。
盛岡駅から東北線の鈍行で行くつもりでいたら、なんと臨時列車「ジパング平泉号」が出ていた。自由席と座席が窓側を向いている指定席があり、妻のリクエストで指定席へ。500円也。この列車、いわゆる急行なのでお得でもある(自由席は鈍行と同じ820円)。

1900934892_254

往路は渡し船で対岸に渡り、北上川水運を偲ぶ。花見客で賑わう展勝地を横目に、本当の目的である国見山を目指す。極楽寺跡を散策するのが今回のメインイベント。
間違った道に入ったことに気がつかず、展勝地を見下ろすベンチで早めの昼食。その後、歩きだして民俗村が右手に見えたので、道を間違ったことに気がついて戻った。
シャトルバス(本来の運行は29日までだったが、開花が遅れたため延期していたようだ)が行き交う一般道を歩くこと20分。旧極楽寺の門にたどりつく。ここから廃寺跡を歩いた。散策のつもりが、檄坂つづきで、なかなかハードな登山となった。
およそ20分で胎内くぐり、そして山頂(244メートル)の展望台に到着。絶景を楽しむも寒風のため長居はできず。山頂展望台付近だけ風が強く、3度から5度は気温が低いように感じられた。
素晴らしいところだが、登山道が険しいため、登山者はあまりいない。いいところなのにもったいない。

1900934892_205

民俗村側に下山。展勝地で大船渡カキ小屋の焼きガキ(1000円で3~4個。私のは4個だった)と缶ビールで乾杯。なお、大船渡のカキは貝毒のため自主規制していて、宮城県唐桑町漁協の協力を得て、唐桑町のカキを提供していると書いてあった(食べてから写真を撮っていないことに気がついた)。

1900934892_249

帰路は展勝地の桜と北上川上空を泳ぐ鯉のぼり(北上の鯉のぼりはウナギも一緒に泳いでいる)を愛でつつ徒歩で北上駅に戻った。

942268_555047901213608_1683194135_n

|

« 石神の丘から | トップページ | 高松の池のお花見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/57313714

この記事へのトラックバック一覧です: 国見山(極楽寺跡)登山:

« 石神の丘から | トップページ | 高松の池のお花見 »