« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

石神の丘から

今日はカレッジ・オブ・ロックがあり、野外ステージが盛り上がった。昨年同様、私がギターでオープニングの挨拶を担当させていただいた。

20130630_349368_t

石神の丘ではラベンダー・フェアを開催中。こちらも大盛り上がり中で、今日だけで350人を超える方にお越しいただいた。そういえば、昨日、学芸員がアナグマと遭遇した。とてもかわいかったそうだ。

岩手町は快晴に恵まれ、陽差しは強かったが、風が爽やかだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢内サイクリングwith大阪VIXサイクリングクラブ

私が所属しているIMACCは大阪のVIXサイクリングクラブと10年にも及ぶ交流をつづけている。
そもそもは、タカヤ建設の望月社長とKABUTO(大阪)の浅蜊社長が、ホノルルセンチュリーライドで出会ったことがきっかけ。増田元岩手県知事、岩手県庁も巻き込んで始まった交流が、今年で10年を迎えた。私は初参加だったが、その記念すべき回にあたっていた。VIXは沿岸被災地でのボランティア活動も行なっているが、この日は義援金をいただいた。

今回のコースは沢内~盛岡。IMACCは沢内~盛岡往復の自走組と、クルマで沢内から走る組が西和賀町役場沢内庁舎前で合流。ちょっと遅れて、VIXが到着。走行組は16名、サポーター6名。自転車をバスから下ろして手早く組み立て、準備体操をして出発。

1905948290_155



農家レストランわがやで昼食の後、盛岡までほぼ下りの快走ルートをいっきに走りきった。私たち盛岡自走組の走行距離は約110キロだった。よく走った。

1905948290_38


沢内で青空が見えたが、ずっと今にも雨が降りそうな天気だった。雨が降らなかったのは奇跡としか思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いそしぎ』を聴く

毎年、夏の終わりに聴きたくなるアルバムがある。今年はなぜか今時期に聴いている。急に涼しくなったからだろうか。私の体内時計がおかしいような気もする。

溜め息を音楽にしたようなメインテーマが素晴らしい(映画本編は音楽に完全に負けていた)。墓場まで持っていきたい一枚だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨男復活……

今日は県立美術館の「プライスコレクション展」再訪、耳鼻科(左耳が痒くて、寝ている間に掻きすぎてカサブタができてしまった)、『街もりおか』編集部という予定だったが、あまりのお天気のよさにすべてサボールことにした。

BMW/R1150ロードスターで八幡平へ。アウトライダー取材ツーリング(5/27)以来、ほぼ一カ月ぶりのツーリングだ。
コースは、田沢湖一周~玉川ダム~アスピーテライン秋田側から入り、樹海ラインを岩手側に下る。帰路は高速道路。このコースの逆はよくやるが、これはもしかすると初めてかもしれない。

玉川ダムを過ぎ、アスピーテラインに入る手前あたりで、猛烈な雨。いや、最初は小降りで、青空も出ていた。このまま行けるだろうと思ったのが、甘かった。突如、本格的な土砂降りになった。
空き地にオートバイを入れ、大急ぎでレインスーツを着込む。我ながら笑った。

この後、強くはないが断続的な雨の中、アスピーテラインを登っていき、岩手側に入ると青空がひろがった。
レインスーツを乾かすために着たまま下り、松川温泉を過ぎたあたりで脱いだ。盛岡に帰ると雨の気配もなく、暑かった。

雨天走行は4、5年ぶりだと思う。

6516_579428028775595_877081183_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お役目終了!

今日は第62回東北地区盲学校弁論大会の審査(審査員は盛岡大学の藤原教授、岩手日報の川村論説委員、私が委員長)。この審査で全国大会出場者を選出する。各県代表の中学部6名、高等部6名の弁論はいずれも高水準で、どなたが全国大会に行っても恥ずかしくないと思った。
審査は、ほぼ同じような採点だったので割れることもなく、スムーズに決まった。全員に全国大会に行っていただきたいが、そうもいかない。 教わることの多い弁論大会だった。 

今週は上記の重責から始まったが、比較的、のんびりしたスケジュールだ。いつもこうありたいものだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダーフェア開催!

岩手町立石神の丘美術館では、今週末からラベンターフェアを開催!

20130609_313515_t

『王子江展』もお見逃しなく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパームーン

月の撮影の仕方がわからず、うまく撮れなかった。

1905465016_46

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

今日は王子江さんによる水墨画ワークショップ。
筆を持つ前に「水墨画とは何か」を王さんはお話しされた。これが素晴らしいお話だった。
・墨で描けば水墨画になる、というわけではない。洋画には洋画の「言語」があり、水墨画には水墨画の「言語」がある。水墨画の言語を用いたものだけが水墨画と呼べる。
・型(基礎)が大事だ。基礎がなっていないのに型を壊そうとしても無理。基礎があればこそ、型を壊せる。
・「再現(模写)」、画家の気持が入った「表現」、これを発展させた「創作(芸術)」という段階。
・きれいなだけで、現実を見ていない絵が多すぎる。
 
このように書くと、きついアジテーションのように感じられるが、実際は穏やかで、包容力にひきこまれる。人物の大きさはその作品にもあらわれている。

5つの班それぞれに「基礎」の手本を示し、その後、「パンダ」や「急須と茶碗」などのお手本の模写をした。私の班では「猫」を描いた。私が猫好きだと知っていたわけではなく、まったくの偶然。 受講者は抽選で選ばれたが、ひとり欠員が出たので、急遽、私が席を埋めた。

1905421032_133

1905421032_177


(上がお手本、下が私の絵。師匠のお手本の猫には動きがある。猫の左が空いたので、私が唯一お手本なしで描ける竹を入れたが、バランスが崩れた。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東根山登山

天気予報が(いいほうに)外れたので、かねてからの計画通り東根山登山。予定より1時間ほど早く下山できた。

7937_577987602252971_1595414793_n

登山の後はこれ。ラフランス温泉で汗を流す。頂上の写真を見せると、700円の入浴料が500円になるのを帰るときに知った。残念。

943221_578012855583779_1816084691_n

温泉の後はこれ。生ビールを一杯いただいて、妻の運転で帰宅。

7447_578025145582550_521636705_n

夜はNPO法人いわて景観まちづくりセンターの総会&懇親会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シュガーマン 奇跡に愛された男』を観る

1010660_577662775618787_779512809_n


まずテーマ(対象)が素晴らしい。そして、テーマによりかかりすぎず、ひとつの映画として「見せる」ドキュメンタリーになっている。

こんな私好みの実話があったことに驚かされる。これを小説に書けば、「こんな話があるわけがない」とボツにされるか、少なくともエンディングは直させられるだろう。

ロドリゲスの曲は初めて聴いたが、いい曲ばかり。ストリングスアレンジもいい。ヒットしなかったのが不思議なくらいだ。もちろん、サントラ(ロドリゲスのベスト盤になっている)を注文したことはいうまでもない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津川のハクチョウ

中津川にどこからかやってきて、居ついてしまった一羽のハクチョウ。傷ついているわけではないので、保護はできないそうだ。
来冬まで暮らすつもりだろうか。無事を祈るばかりだ。


999675_576443119074086_936556961_n


| | コメント (2) | トラックバック (0)

仲間たち

SAVE IWATEの全体会議があった。休日返上で集まった仲間たちから活発な意見が出され、中身の濃い、有意義な会議だった。

会議後、中津川の河原で記念撮影。
私はこの仲間たちと活動できることを誇りに思い、心の支えにしている。

1904911316_176

午前10時から午後3時までの会議だったので、特製お弁当つき。

1904911316_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハズレ男

定休日を調べていっても臨時休業という場面に私はしばしば遭遇する(そんなわけで、オーケストラアンサンブル金沢の原田智子さんに「ハズレ男」と命名された)。

桂花ラーメンが渋谷にもあると知り、さっそく行ってみると改装中でお休み。それではと、いつもの喜楽にまわってみると、なんとここも改装中でお休み。トホホのホ。


1012606_573192872732444_451433465_n


1151_573192952732436_1690401789_n


| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京備忘録

【美術展】
暮らしと美術の高島屋』展(世田谷美術館)

水彩画 みづゑの魅力―明治から現代まで―』展(平塚美術館)

ファインバーグ・コレクション 江戸絵画の奇跡』展(江戸東京博物館)
※巨大な江戸東京博物館も見てきてよかった。

エミール・クラウスとベルギーの印象派』展(東京ステーションギャラリー)

ミラノ アンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵 レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像』展(東京都美術館)

【コンサート】
ヴェンゲーロフ・フェスティバル2013 弾き振り公演』(サントリーホール)
J.S.バッハ: 2つのヴァイオリンのための協奏曲
チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
リムスキー=コルサコフ: シェヘラザード

【近代化遺産巡り】

日本銀行本店見学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留守にします

東京で展覧会巡りをしてきます。ついでに雨も降らせてこようと思っています(^-^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれから2年三カ月

東日本大震災の月命日の今日、SAVE IWATE の理事会と総会がある。

P10605191

(2011年4月9日、沿岸へ支援物資を届けに行ったときに撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網張ヒルクライム

IMACCのクラブランで網張へ。新人2名を含む6名が参加。去年は体調を崩したM松さん(私の師匠)が完全復調し、頼もしくグイグイ引っ張ってくれた。

1904212815_141


好天に恵まれ、快走を満喫…と思ったら、好事魔多し。
網張温泉(ゴール地点)までもう少しというところで、新加入O本さんのマシンにトラブル発生。リア・ディレイラーが取付部分から折れたのだ。
すぐさまM松さんが「ディレイラーは外し、チェーンをつなぎなおして、シングルギアにして乗る」という解決策を出した。 うまい具合に工具はY田さんが持っていた。A沼さんが慣れた手つきで作業を進めて、フロントはアウター、リアは真ん中のギアでつないだ。構造上、チェーンの長さの微調整がきかないので難しい作業のはずだが、難なく終了したときは驚いた。素晴らしいチームワークに拍手喝采! 

1904212815_103


私は出発前にサドルとハンドルのフィティングを微調整した。どうやらこれが功を奏したようで、脚の痙攣もなく、無事に走ることができた。

1904212815_166

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石神の丘から

7日はまだ咲いていなかったニセアカシアが8日には咲いていた。昨年より花のつきは悪いが、いい香りだ。ちょうどエゾハルゼミも鳴きだした。夏の到来を感じる。

944913_570708846314180_853854560_n

もうひとつ、岩手町ならではの夏を感じさせるもの。それは岩手町のホワイトアスパラ。ほとんどは缶詰になるので、生を手に入れるには困難で、道の駅石神の丘の産直に足しげく通うしかない。
残念ながら、ホワイトアスパラ農家も減少の一途をたどっている。かなり手間がかかるのだ。
昨年、「ホワイトアスパラ祭り」(ドイツなどで初夏の風物詩となっている)を提案したが、まとまった数のホワイトアスパラを用意することができないと却下された。
まちおこしに有効な特産品だと思うのだが。
ちなみにこれで500円。生のホワイトアスパラは缶詰とはまったく別物だ。歯ごたえがよく、甘みがあり、とてもおいしい。

1000375_571097132942018_1385904560_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

『王子江展』開幕。浮島小学校の児童たちに、大槌からご招待したみなさんも加わり、賑やかなオープニングだった。 ギャラリートークと王さんを囲んでのお茶会も楽しかった。王さんのお人柄のおかげだ。


1904182993_52

ホールに展示した岩手町立浮島小学校児童との共同制作作品「岩手町楽園」(タテ2m、ヨコ7m)。


1904182993_202

昨年、大槌町のみなさんと王さんが共同制作した「吉祥如意図」(タテ3m、ヨコ20m)。


1904182993_181

王さんの代表作「人生楽事」。素晴らしい!



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名付け親に

珈琲うつわ わたなべ」がオートバイ乗りのためにブレンドしたコーヒー2種に、私が名前を付けることになった。

1903984453_4

すっきりした味わいのマイルドブレンドタイプは「旅立ちの朝」。
深いコクと薫りが特徴のストロングブレンドタイプの方は「鼓動を友に」。
発表と販売はいわてモーターサイクルフェスタで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石神の丘から

王子江さんをお迎えして、浮島小学校全校生徒13名との共同制作一日目。王さん、なかなか満足そうだった。

生徒が帰った後、明日のために王さんが何やら仕込んでいた。どんなふうになるのか、明日が楽しみだ。


1903971987_208


| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃え尽きた!

東日本復興支援サイクリング「サイクエイドジャパン2013」(二日目ロングコース)完走。

去年の盛岡~花巻間コースほどではなかったものの、意外と登りのきつい(衣川ニュージーランド村へ上がるところと毛越寺・厳美渓間)コースだった。 好天のもと、脚の痙攣などのトラブルもなく走りきった。


1903767949_96


| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂田明は燃えている!

旧作のタコ・シリーズに加えて、「音戸の瀬戸音頭」など坂田節もたっぷり聴け、フリージャズというよりも完全に坂田明ワールド。どっぷりと堪能した。
キーボードがひずませたり、ドラムスもロックで、マイルズ・デイヴィス・ロストクインテット風になるところがあった。


983652_567574003294331_236645702_n




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »