« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

石神の丘から

昨日は石神の丘美術館で「室内楽の夕べ」があった。

20130805_408802



5時からの本番前に5分間ほど「室内楽と何か、女性作曲家がなぜ少なかったか、楽章間の拍手をしないのはなぜか」などについて私が手短に話した後、下記のプログラムが演奏された。

ピアノ:クノップ(長岡)直子
ヴァイオリン:クノップ・アンナ
チェロ:三浦祥子

【第1部】
ロベルト・シューマン  幻想小曲集から 「夕べに」 Op.12-1
Robert Schumann Aus Fantasiestücke “Des Abends“

クララ・シューマン   ロマンツェ Op.22 
Clara Schumann 3 Romanzen für Violine und Klavier Op. 22
Andante molto
Allegretto
Leidenschaftlich schnell

ロベルト・シューマン  幻想小曲集 作品73から1番
Robert Schumann Fantasiestücke Op.73-1 
Zart und mit Ausdruck

ロベルト・シューマン  ヴァイオリンソナタ イ短調 OP.105 
Robert Schumann Sonate für Violine und Klavier in a-moll Op. 105

Mit leidenschaftlichem Ausdruck
Allegretto
Lebhaft


【第2部】
クララ・シューマン   スケルツォ Op.14
Clara Schumann Scherzo Op.14

クララ・シューマン   トリオ ト短調 Op.17
Clara Schumann Trio für Klavier, Violine und Violoncello g-moll Op.17
Allegro moderato
Scherzo Tempo di Menuetto
Andante
Allegretto

【アンコール】

ロベルト・シューマン  幻想小曲集 作品73から

同 トロイメライ

同じプログラムで前日にもりおか啄木・賢治青春館で演奏している。率直にいって直子さんの演奏は今日のほうが安定感があったし、トリオにおける3人の演奏の密度も濃かった。
ピアノがグランドピアノだったこと(もりおか啄木・賢治青春館はアップライトピアノ。直子さんはアップライトピアノとは思えないような演奏をしたが、やはりグランドピアノのほうがニュアンスがよく出る。もちろん、響きも全然違う)、演奏家に「自分たちの音がちゃんと聴こえた」(三浦祥子さん談。会場の大きさの関係か)ことなどが要因かもしれない。 もちろん、回を重ねて「息が合ってきた」ことが一番大きい。
アンナさんは本番前は厳しい顔つきだったが、本番を終えると子どものような顔つきになった。その差がおもしろかった。 

1910890189_167


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ホワイトハウス・ダウン』を観る

久々に痛快・爽快・愉快!  あまり期待しないで観たのが、おもしろかったた(予告編がよくなかったんだね)。
最近の映画はCG(特撮)に頼りすぎていて辟易しているのだが、これは脚本がちゃんとしている映画だった(伏線の張り方もうまい)。

ただ、ひとつ疑問が残った。(以下、ネタバレ注意)前々大統領(とされてしまった)の掌紋で生体認証が通るシーンがあったが、それはできないのでは?


| | コメント (0) | トラックバック (1)

石神の丘から

今週末は岩手町立石神の丘美術館で室内楽をどうぞ。

20130805_408802

Programm_2013_morioka

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋へ

岩手県央豪雨被害災害復旧ボランティアに参加してきた。民家の泥出しをし、そのお家はについては終了することができた。

まだあちこちに爪痕が残っていた。もっと大がかりな復旧事業が必要だと思った。

1235472_615255721859492_980369297_n

1910629248_28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大清水多賀本店の保存に向けて

盛岡を中心に活動するNPOや市民団体などが連携し、「大清水多賀本店保存推進協議会」を立ち上げました。代表は盛岡自転車会議代表の斎藤純。

譲渡先の大和ハウス工業株式会社へ保存要望書を郵送。本日、9時30分には、盛岡市に対して提出します。大和ハウスが建設を予定しているマンションとの共存についても提案します。

<大清水多賀本店の保存を推進する理由> ※市民のみなさんにも重要な遺産であることを知っていただきたいと思っています。

1.「大清水多賀本店」は、「岩手県の近代和風」平成19年3月、岩手県近代和風総合調査報告書で重要遺構のひとつとされている建物です。この調査は文化庁が平成4年から着手した全国調査の一環として、県内の実態を把握し、近代和風建築の保存に資することを目的に実施されました。       

平成17年 予備調査―所在確認、第1次調査―所在状況、第2次調査―重要遺構調査。

平成18年 重要遺構の選定、詳細調査の実施、盛岡市の選定した19件のひとつ。                      

2.盛岡市指定庭園と建造物の経緯
「大清水多賀本店」は、盛岡市の保存指定要請に対して所有者が断ってきた経緯がありますが、盛岡市にとって保存に値する建造物であることに変わりなく、建造物と庭園が一体となった歴史的・文化的価値があります。

3.この地区の重要性
この地区は、明治 17 年の河南大火(肴町、八幡町地区周辺の大半を焼失)後に、武家屋敷地から、当時の鉱山家の瀬川邸、後の金田一邸等(市保存建造物・現南昌荘)・旧石井県令私邸(市保存建造物)・大清水多賀の三軒がそれぞれに優れた邸宅と庭園を持ち、更に地区として一体となった特別な地域です。その中にある料亭として、現代の都市中心地に於いては奇跡的に残った落ち着いた景観を持つこの地域は、歴史的・文化的、そして観光資源として、これからも評価され、価値が高まっていく重要な地域です。

4.民間でありながら公的な施設の役割も持った施設
 本館は小さなうなぎ料理店から、大正 13 年(1924)に、東北で始めて大規模な庭園をもつ料亭として建築され、多くの市民がここに集いました。結婚式・仏事・各種公式コンベンション等の迎賓館として、また記念的場所として利用されてきましたので、多くの市民や盛岡を訪れた旅行者の記憶に残る施設です。それ故、来年90年を迎えるこの建物と庭園には、多くの市民、人々の記憶が塗り込められています。ホテル、専門式場が一般化する中、近年は若者を中心にファンが増え、結婚式にも多数利用されるなど、この種の歴史的価値のある場所が再び注目され初めています。

5.盛岡の食文化の拠点
「大清水多賀本店」の調理部門の評判は高く、明治後半から昭和の近代化の時期には、分家、暖簾分けにとどまらず、多くの調理人がここで修行し、『多賀学校』と言われる程、名調理人を世に送り出してきました。「大清水多賀本店」は、盛岡の食文化の中心的な役割を果たしてきたのです。

盛岡まち並み塾  理事長 村井 軍一
文化地層研究会  代表 高橋 智
FeelDoいわて   代表 北田 耕嗣
盛岡自転車会議  代表 斎藤 純
盛岡いしがき文化祭推進フォーラム 下玉利 元一
いわて景観まちづくりセンター   代表理事 三宅 諭
いわてアートサポートセンター   理事長 坂田 裕一

盛岡自転車会議が入っているのを奇妙に思う方がいらっしゃるかもしれないが、1906年にフランスで可決された「自然景観保護法」は、フランス・ツーリング協会というサイクリングクラブが作成していた「美しい景観の一覧表」がきっかけとなっている。ちなみに、フランスではこれより先1887年に建物を保存する法律もできている。自転車乗りの「目」が真価を発揮したといっていい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石神の丘から

沼宮内の空に真夏のような雲。でも、暑さの峠はこえて、過ごしやすかった。北のほうからは雷鳴が聞こえた。

1239482_614826695235728_388391936_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

園井恵子生誕生誕100年祭

岩手銀河鉄道で、岩手町沼宮内の「森のアリーナ」へ。園井恵子生誕100年祭のクライマックスだ。1000席用意した客席はほぼ満員。
第1部は、私が司会で、宝塚歌劇団の重鎮岡田敬二氏、岩手放送の阿部正樹相談役、元宝塚の流けい子さん、そして実行委員長の柴田和子さん(岩手県芸術文化協会会長でもある。私とは昔から親戚付き合い)にお話を聴く。
新発見のフィルム(園井さんが得意の3枚目をやっている悲喜劇『悲しき道化師』)を特別公開。これまでは映画『無法松の一生』でしか「演技をしている園井恵子」を観ることができなかったから、これは貴重な(そして重要な)フィルムだ。

第2部は岩手町のさまざまな民俗芸能団体、ダンスグループ、コーラスグループ、ブラスバンドらと元宝塚の流けい子さんhttp://ameblo.jp/toe-officekei/、森奈みはるさんhttp://ameblo.jp/rorotomiharuno123/entrylist.html、久城彬さんhttp://ameblo.jp/akira-kujo/鳴海じゅんさんhttp://ameblo.jp/narumi-jun/のコラボ。2時間のステージだったが、短く感じられた。
タカラジェンヌはさすが歌もダンスもうまいし、なにしろ声量が違う。ともかく格好よかった。

おしまいの挨拶で柴田和子さんが「日本中どこを探しても元宝塚のスターと町民が一緒のステージをやるなんてことは岩手町しかありません」と。 まったくそのとおり。

なお、来年は宝塚歌劇団100周年、園井恵子没後70年にあたる。また何かありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハズレ男

目当てのお店に行くと「臨時休業」という場面に私はしばしば遭遇する。うっかり定休日に行ってしまったこともあるが、ちゃんと定休日を調べて行ったのに「今月から定休日が変わりました」なんてこともあった。

今年もすでに数件、経験している。

1904707012_165

1904707012_185

先日、仕事で仙台に出かけたついでに山形まで足を伸ばした。10年ぶりくらいに山形のジャズ喫茶オクテットを訪ねようと思ったのだが……

1170739_610967022288362_424230037_n

残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週末は「園井恵子生誕百年記念ステージ」へ

園井恵子生誕百年記念ステージ

  • 名称
      園井恵子生誕百年記念ステージ「ふるさとの丘に 虹を追って」
  • とき
      平成25年8月25日(日) 開場:午後1時 開演:午後1時30分
  • ところ
      岩手町スポーツ文化センター「森のアリーナ」(約800席)
  • 構成
    第1部:シンポジウム「園井恵子と宝塚歌劇団の百年を語る」
    第2部:ステージパフォーマンス「ふるさとの丘に 虹を追って」
    構成演出:柴田和子
  • 出演

【第1部シンポジウム】

シンポジスト

岡田敬二(宝塚文化創造館名誉館長・演出家)
流 けい子(元宝塚歌劇団星組娘役・八千代 環)
阿部正樹(IBC岩手放送取締役相談役)
柴田和子(主催者・園井恵子を語り継ぐ会会長)

コーディネーター

斎藤 純(作家・石神の丘美術館芸術監督)

【第2部ステージパフォーマンス】

宝塚歌劇団OG

  流けい子(元星組娘役・八千代 環)
  森奈みはる(元花組娘役トップ)
  久城 彬(元星組男役)
  鳴海じゅん(元月組・星組男役)、

岩手町芸術文化協会加盟団体、岩手町郷土芸能団体(川口きつね踊り、川口まつり井組、北上川清流太鼓、沼宮内七ツ踊り)、岩手町立川口小学校児童、岩手町立川口中学校生徒、岩手町立沼宮内中学校吹奏楽部、岩手県立沼宮内高等学校吹奏楽部、板垣アヤ子と仲間たち(演奏)ほか

  • 入場料
      前売1,000円(当日1,500円) 高校生以下無料  全席自由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重大発表のあった夜

昨夜は盛岡市菜園のブルーローズにて、重大発表live。

来年5月18日(変更の可能性あり)、岩手県民会館中ホールに沿岸からアマ・バンドを招いて、「沿岸応援コンサート」を開催する。これを発案したのは盛岡でいち早く再起した陸前高田俺っちのひげマスこと熊谷浩昭さんだ。
ひげマスさんに招集された我々(よしだかずを、高橋政彦、木津川正芳、川崎さん)が実行委員(昨夜、急遽「チーム男風呂」と命名された)をつとめる。
このコンサートは被災されたひげマスさんが「言い出しっぺ」だ。いわゆる支援者側からの企画ではない。こういう思いを大切にしたいと昨日は多くの仲間たちが集まった。
liveをしながら、あいまに重大発表をするという、こった演出はよしだかずをさんの案だ。
出演は高橋政彦(スローバラードの帝王だが、長渕の真似もうまい)、川崎さんのバンドOUT OF ORDER(アウロボーダーと読む。「時の過ぎ行くままに」が尋常ならざる力演だった)、よしだかずお(短いステージに起承転結をつけるのはさすが。「転」では実際に転ぶ)、ひげマス(声がよく、歌がうまい。この日はドラムスも披露した)。
ついでに私もブルースでギターを弾かされた。
ガハハと笑いころげつつ、じわ~っと涙する大傑作な夜になった。

1151054_609929302392134_675624161_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田駒ヶ岳へ

新幹線、バス(田沢湖駅~アルパこまくさ~8合目)を乗り継いで駒ヶ岳登山&温泉。

大雨被害の影響で秋田新幹線に遅れが出ていたため、予定していたバスに乗れず(羽後交通バスは新幹線に連絡していないことが判明)、スケジュールに遅れが出た。
山は涼しかったもの、ガスに覆われていたため早々に下りてきた。結果的に遅れを取り戻すことができ、予定通りアルパこまくさの温泉にも入って帰って来た。


1909848015_83


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『007 ムーンレイカー』メモ

・同名映画とは中身がまったく別。
・『カジノ・ロワイヤル』とダブるところがある。
・女たらしの007が振られるのが面白い。
・短編小説(『薔薇と拳銃』、『読後焼却すべし』)からの転用が見られる。
・ボンドが受けるダメージ(肉体的、精神的)の描写が多い。マゾヒスト小説と揶揄される所以である。
・ワルサーPPKではなく、ベレッタの25口径(モデルは特定できない)とコルトの45口径のリボルバー。意外にもイアン・フレミングは銃器の知識に乏しかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は岩手町夏祭り花火大会

今日は岩手町夏祭り花火大会。石神の丘(屋外展示場)は絶好のポイントなので、今夜は特別に夜間も開園します。しかも、無料です。


557363_607758179275913_110831253_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

今日はR1150ロードスターで来るつもりだったが、バッテリーが上がっていた。二ヶ月乗らないだけで新品(5月に交換したばかり)のバッテリーが上がるなんて!

結局、プリウスで沼宮内へ(オートバイに乗れなかったかわりに、姫神ルートでリスを見た)。今日は学芸員2人が出張中なので、受付のMさんと留守番である。お昼はレストラン石神の丘でミルフィーユカツ・カレー。道の駅石神の丘は昼ごろから混雑。

 

1909478936_158


両親と弟が来館。一緒に実家の墓参りに行こうと思ったら、すでに行ってきたとのこと。企画展を見て帰っていった。
帰りに沼宮内の実家の墓参りと園井恵子墓参り(恩流寺)。

1909555660_147

国道4号は上下線とも交通量は多かったものの、思ったほど混んではいなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわてフィルを聴く

岩手県民会館大ホールで「いわてフィル第2回定期公演」。先月のリハのときとは別のオケのような演奏だった。ステージ袖でで、コンミスをつとめた井上静香さん、トランペットの牛腸さん、ケルン放送響の水間さんらにお会した。


地元のオーケストラで、これだけ密度の濃い音楽が聴けることに感動した。

1909388756_65



 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『無法松の一生』を観る

プラザあい(駅ビル)で、被爆経験を聴く会と『無法松の一生』上映会。
被爆経験の「語り部」のお話は淡々としていたが、胸に迫るものがあった。あの方たちの反核(原発も含む)の意志の強さに圧倒された。決して声高ではないが、とにかく全廃ありきである。

『無法松~』をスクリーンで(しかもフィルムで)観るのは初めて。音声が今ひとつで残念。
最後の祇園太鼓(小倉)のシーンがもっと長かったような印象があり、その点についてほかの方も同意見だった。このフィルムではカットされていたのだろうか?

上映に先立って私がお話ししたのは下記の点について。
・この映画の関係者から戦後にすごい映画がつくられている。したがって、この映画は日本映画の発展のもととなる太い幹といえる。
・そういう重要な映画に園井恵子が出ていた。
・園井恵子は宝塚時代から老け役、3枚目(美人なので2枚目半)役が多かった。これは演技力があったということ(シリアスな役より喜劇はずっと難しい)。
・園井恵子は森繁久弥と同じ年。ということは、もし生きていれば『屋根の上のヴァイオリン弾き』で共演していたかもしれない。
・戦争は人の命を奪い、文化を壊す。
・この映画は戦中のため検閲によってカットされた場面がある。また、戦後もGHQによって「封建的」という理由で封建的にカットされた場面がある。したがって完全版ではない。

話し忘れたのは、美しい標準語のこと。あの時代、松尾村で生まれ、川口で育った彼女がどうやって標準語を身につけたのか。

20130807_411454



| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かが起こる!

三陸沿岸と盛岡を結ぶ新しいプロジェクトがはじまろうとしている。

76199_480851411997531_779782553_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れの日

これから友に別れを告げに行かなければならない。まだ実感が沸かないが、行けば心に区切りをつけられるだろう。

51歳だった。若すぎる。早すぎる。 けれども、誰よりも早く出世し、多くの人から仕事も人間性も認められていた彼は、短いながら私などよりも濃密な一生を過ごしたのに違いない。
寿命というのは時間ではなく、中身だ……自分にそう言い聞かせて、年若の友の死を受け入れようと思う。

 【岩手日報】訃報

角舘 郁也氏(かくだて・いくや=IBC岩手放送取締役放送本部長兼編成局長)

 1日午後10時27分、くも膜下出血のため盛岡市内の病院で死去、51歳。二戸市出身。火葬は5日午後1時から同市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、同社と角舘家の合同葬儀は7日午前11時から同市愛宕下の盛岡グランドホテルで。葬儀委員長は同社社長の鎌田英樹(かまた・ひでき)氏、喪主は妻久美子(くみこ)さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園井恵子生誕100年祭

今年は園井恵子の生誕100年。広島原爆記念日の今日は園井恵子の誕生日。岩手町は『園井恵子生誕100年祭』で、広島の原爆で輝く未来を奪われた未完の大器の顕彰につとめています。

20130825_seitan100nen_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡平サイクリング・ルート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 八幡平サイクリング完走

3日、4日はIMACC(私が所属するサイクリングクラブ)八幡平サイクリング(このデータは一緒に行ったYさんのもの)に参加。

2009年の初挑戦以来、4年ぶりにようやく再挑戦が実現した(10年は顔面神経麻痺、11年は復興支援関連、12年は頸椎ヘルニアのため参加できなかった)。
3日 IMACCの愛宕町本拠地を7時に出発。

490064_1981134191_76large

途中、何度も休憩しつつ、八幡平頂上には2時に到着。途中の昼食時間を引くと、所要時間は2時間15分くらいか。

490064_1981138638_245large

490064_1981134190_93large

ここで日帰り組の3人がアスピーテラインを下っていき、残りの私たち9人は秋田側へ。

490064_1981136732_231large

4時50分、銭川温泉着。夜はBBQ大会。9時就寝。

490064_1981136726_102large

490064_1980861328_62large

4日、銭川温泉を8時30分出発。分水嶺(恒例のスイカを食べる。こんなにおいしいスイカは初めてだ)。

490064_1981140022_79large

安比、四十四田ダムを経て、4時30分本拠地に帰着。
二日間とも晴天で湿度が低く、爽やかな風も吹いて、絶好のコンディションに恵まれた。私は前回よりも余裕を持って走ることができた。日頃、鍛練の成果である。

490064_1981140524_123large

| | コメント (5) | トラックバック (0)

石神の丘から

夏休み特別企画『懐かしの昭和展』開幕!

懐かしい展示品の数々。木の玩具で遊べるコーナーもあります。

20130729_396667_t


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ今!

ある取材のため、奥志賀へ。めったに行けないところなので、ついでにサイクリングをしてきた。

野沢温泉に向かう山中で後輪がパンク。実は走行中のパンクは初めてだ。タイヤ交換(これも十数年前にやったきりだが)の要領で予備チューブと交換し、無事に再スタートできた。
奥志賀は涼しかったが、野沢温泉まで下りると暑かった。

1003168_597059107012487_410091084_n

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »