« 『無法松の一生』を観る | トップページ | 石神の丘から »

いわてフィルを聴く

岩手県民会館大ホールで「いわてフィル第2回定期公演」。先月のリハのときとは別のオケのような演奏だった。ステージ袖でで、コンミスをつとめた井上静香さん、トランペットの牛腸さん、ケルン放送響の水間さんらにお会した。


地元のオーケストラで、これだけ密度の濃い音楽が聴けることに感動した。

1909388756_65



 

|

« 『無法松の一生』を観る | トップページ | 石神の丘から »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様ですっ☆

音楽は心を癒しますよね。私は音楽がないと生きていけません。それくらい音楽は私にとって必要不可欠。

純さんは、いろんなお仕事なさって、多趣味で、本当に凄いと思います。頭の作りが違うのでしょうが、よくやってらっっしゃる。(私が言うのもなんですが)

賢くて強い純さんをイメージして、苦しいときを乗り切ろうと思いますが馬鹿な私はなかなかいまくいきません。

いつかブログで純さんがどうしてそんなに頑張れるのか教えていただきたい。

いつも無礼極まりないコメント失礼致します。

投稿: 梅子 | 2013年8月15日 (木) 07時36分

梅子さん、どうも。「頑張らない」のがコツだと思います。私は流れに身をまかせているだけ名の手す。なので、自分でもコレでいいのかなあ、と思ったりします。

投稿: 斎藤純 | 2013年8月16日 (金) 06時41分

ありがとうございますっ!

投稿: 梅子 | 2013年8月16日 (金) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/57994564

この記事へのトラックバック一覧です: いわてフィルを聴く:

« 『無法松の一生』を観る | トップページ | 石神の丘から »