« 頼まれごと | トップページ | シンポジウム出席 »

ブルーズロック(ホワイトブルーズを聴く)

マイブーム中のブルーズロック(ホワイトブルーズ)の名盤中の名盤が左。若き日のエリック・クラプトン入魂のブルーズ・ギターが聴ける。

中は、エリック・クラプトンが抜けた(で、クリームを結成)後に入ったピーター・グリーンのギターが素晴らしい。

右は、ピーター・グリーンに代わって入ったミック・テイラーのブルーズプレイをたっぷり聴ける。ミック・テイラーはこの後、ローリング・ストーンズに入るわけだから、ジョン・メイオールが名伯楽だったことがわかる。

|

« 頼まれごと | トップページ | シンポジウム出席 »

ブルース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/58711762

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーズロック(ホワイトブルーズを聴く):

« 頼まれごと | トップページ | シンポジウム出席 »