« 眼球の激痛 | トップページ | サボール月間 »

ブルーズロックを聴く

一昨年あたりから、30数年ぶりにホワイトブルーズ(ブルーズロック)に再びハマっている(ギブソン・レスポールを入手したのもその流れだ)。

クリスティン・パーフェクトのヴォーカルとスタン・ウェッブのギターを存分に味わえるチキンシャック、ホライゾン時代のボックスセット。クリスティンは後にフリーとウッド・マックに入り、スティーヴィー・ニックスの陰に隠れてしまうが、本当にいい声だ。


ゲイリー・ムーア亡き後、ブルーズロックを支えているキム・シモンズ。まだ活動をつづけているサヴォイ・ブラウンのボックスセット。
そして、私の先生ピーター・グリーンのボックスセット。フリートウッドマック時代とソロ・アルバムから収められている。エリック・クラプトンが「ピーター・グリーンのように弾けたら……」と憧れたギタリストなのに、あまり知られていない。

|

« 眼球の激痛 | トップページ | サボール月間 »

ブルース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/58688560

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーズロックを聴く:

« 眼球の激痛 | トップページ | サボール月間 »