« 石神の丘から | トップページ | 江刺へ »

盛岡八幡宮から

盛岡八幡宮加藤登紀子さんのコンサートがあった。

コンサートの最中、おときさんが「今日は斎藤純さんと対談をした。ものすごく背の高い人」と話しだした(対談といのは『街もりおか』5月号に掲載するインタビューのこと。20分の予定が二倍以上に伸びる。しかも、お話の密度が濃い。2ページの予定だったが、4ページに増やすことにした)。
「挨拶
をするのに見上げなければならない。そうやって見上げると、空も目に入る。だから、わたしは空が好きなのかもしれない」というようなお話だった。

『知床旅情』を聞いているとき、ふいに込み上げてくるものがあった。特に思い入れのある曲でもないのに不思議だった。私は「泣いてもいいんだよ」と自分に言い聞かせて、涙が溢れるままにした。

厳かな社殿で歌い、語るおときさんは、まるで天照大神のようだった。

E6f4d66b

|

« 石神の丘から | トップページ | 江刺へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

トヨダです。
足挫いて安比から帰還いたしました。
加藤登紀子さん、いらしてたんですね、ナマで聴きたかったなぁ…
レインマン、サボール中で何よりでした。

相変わらず女性から「キリン男子」扱い(笑)ですね。

投稿: 豊田和彦 | 2014年3月30日 (日) 11時03分

トヨダさん>ま、それくらいしか取り柄もないですし……(^-^;

投稿: 斎藤純 | 2014年3月30日 (日) 17時19分

泣きたい泣いて、笑いたいとき笑って、怒りたいとき怒るって幸せなことですよね!


投稿: 梅子 | 2014年3月31日 (月) 11時13分

梅子さん>はい、そう思います!

投稿: 斎藤純 | 2014年3月31日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/59378859

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡八幡宮から:

« 石神の丘から | トップページ | 江刺へ »