« 『闇市の帝王』を読む | トップページ

『ザ・流行作家』を読む

笹沢佐保と川上宗薫の「伝説」は先輩作家や編集者諸氏から何度か聞いたことがあった。
が、本書を読むとその伝説以上の存在立ったことがわかる。
校條剛さんとは仕事をしたことはないが、パーティ会場で声をかけてもらったり、ご丁寧なお手紙をいただいたりしたことがある。
本書に出てくる編集者の何人かとは仕事をさせていただいた。中でも中澤義彦氏の若き日の部分は興味深く読んだ。

|

« 『闇市の帝王』を読む | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/59608362

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・流行作家』を読む:

« 『闇市の帝王』を読む | トップページ