フィラデルフィア・ソウルを聴く

フィラデルフィア・ソウルを復習(おらさい)中。ソウルミュージックというジャンルがまだ成立していた70年代の最後の輝きと、90年代以降の衰退が混在している。

ルー・ロウルズがサム・クックと同じ年に生まれているということを知って驚いた。サム・クックのほうが1世代上のような気がしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モータウン・サウンドを支えたミュージシャンたち

20年くらい前、モータウン・サウンドを集中的に聴いた時期があった。ファンク・ブラザースのことは『モータウン・ミュージック』などで知っていたが、実際には聴いたことがなかった。

たまたまDVDとCDが出ているのを知り、初めて実像に触れることができた。便利な世の中になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンキー!

このごろ、こういうサウンドが心にも体にも響く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)