遠野へ

今日は午前中に自分の仕事と盛岡復興支援センターの仕事を済ませ、久々にオートバイで遠野へ。

秋晴れのもと、ツーリングを満喫した(半分は仕事がらみだったが)。

1209361_625972660787798_713899964_n

1234549_625972584121139_1431812168_

995470_625972670787797_463672603_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アウトライダー』を読む

アウトライダー』8月号が発売中だ。巻頭特集は「三陸へ」。『復興への想い』を共有するための旅」とサブタイトルが付いている。岩手県出身の私と菅生編集長、それに仙台在住の熊谷達也さんの3人で手分けをして、それぞれの体験を踏まえて「三陸の今」を伝えている。
ツーリング紀行として、こんなにユニークな読み物は他にそうないと思う。まさにアウトライダーならではの、いや、アウトライダーでなければ実現不可能な内容だ。菅生編集長渾身の一冊といっていい。

オートバイに乗らない方にもご覧いただきたい。

Dsc_1724






| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨男復活……

今日は県立美術館の「プライスコレクション展」再訪、耳鼻科(左耳が痒くて、寝ている間に掻きすぎてカサブタができてしまった)、『街もりおか』編集部という予定だったが、あまりのお天気のよさにすべてサボールことにした。

BMW/R1150ロードスターで八幡平へ。アウトライダー取材ツーリング(5/27)以来、ほぼ一カ月ぶりのツーリングだ。
コースは、田沢湖一周~玉川ダム~アスピーテライン秋田側から入り、樹海ラインを岩手側に下る。帰路は高速道路。このコースの逆はよくやるが、これはもしかすると初めてかもしれない。

玉川ダムを過ぎ、アスピーテラインに入る手前あたりで、猛烈な雨。いや、最初は小降りで、青空も出ていた。このまま行けるだろうと思ったのが、甘かった。突如、本格的な土砂降りになった。
空き地にオートバイを入れ、大急ぎでレインスーツを着込む。我ながら笑った。

この後、強くはないが断続的な雨の中、アスピーテラインを登っていき、岩手側に入ると青空がひろがった。
レインスーツを乾かすために着たまま下り、松川温泉を過ぎたあたりで脱いだ。盛岡に帰ると雨の気配もなく、暑かった。

雨天走行は4、5年ぶりだと思う。

6516_579428028775595_877081183_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

名付け親に

珈琲うつわ わたなべ」がオートバイ乗りのためにブレンドしたコーヒー2種に、私が名前を付けることになった。

1903984453_4

すっきりした味わいのマイルドブレンドタイプは「旅立ちの朝」。
深いコクと薫りが特徴のストロングブレンドタイプの方は「鼓動を友に」。
発表と販売はいわてモーターサイクルフェスタで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ただいま!

アウトライダー取材旅を無事に終えて帰宅。
2日間とも快晴に恵まれた。気温が30度近くまで上がり、暑かった。
アウトライダー三陸特集は7月11日発売。乞ご期待!

1903179651_140

まさかクマさん(ツーリング写真家の小原信好さん)とタンデムすることになるとは!

1903179651_175

置物にあらず。浄土ヶ浜のウミネコは人懐こい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013IWATEモータサイクル・フェスタへ

オートバイに乗れない冬。だから、室内のオートバイ・イベントが嬉しい。

花巻市交流会館(旧花巻空港ターミナルビル1F)で開催中の2013 IWATE モーターサイクルフェスタ に行ってきた。ニューモデルを見てまわり、ホッカイダークマさんのコーナーへ。大賑わいだった。

599957_449316105138600_1098724238_n

せっかく花巻へ行ったのでお昼はポパイ、デザートはマルカンデパート展望大食堂でミニあんソフト。
隣のテーブルのおじさんが、ラーメンとポークソテーという組み合わせで食べていた。こういう組み合わせができるのがここの魅力でもある(お寿司もあるんですね)。

525002_520267768024955_282789773_n

377747_520277221357343_398882302_n

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新旧交代

ショウエイのヘルットを愛用している。
左のJ-Forceはおよそ6年ほど使ってきたもの。ヘルメットは劣化を避けられないため、外観がしっかりしているように見えても、買い換えるほうがいいとされている。命を守ってくれる道具だから、ケチるわけにはいかない。
長く旅をともにしてきて愛着のあるヘルメットではあるが、ぼちぼち引退してもらおうと思っていたところ、新しいモデルJ-Cruiseが出た。
サングラス(サンバイザー)を内蔵しているのがミソだ。そのため、帽体がひとつまわり大きくなったのは残念だが、機能を買って、これに決めた。

1868144551_80

J-Forceにはたくさんの「ありがとう」とたくさんの「おつかれさま」を言いたい。J-Cruiseには「よろしく」と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沿岸へ

沿岸ツーリングに行ってきた。実は震災後に沿岸をツーリングするのは初めてだ。沿岸には支援活動で何度か足を運んでいるが、ツーリングとなると私にとっては精神的なハードルが高くて、なかなか実現できずにいた。ツール・ド・三陸のコース視察に行っておかなければならない事情もあり、意を決して出かけてきた。

盛岡から大迫まで、女性ライダーだけ4人組の後ろを走った。実にきちんとした、いい走りをする連中だった。そのままついていってもよかったんだが(笑)。

広田半島を訪れるのは初めてだ。なんだか夢のような漁村があった。急斜面に家屋がへばりついていて、岩手というより、瀬戸内海のどこかといった感じ。「夏休みに帰る田舎」というのに何となく憧れを持っているのだが、広田半島こそがそうだった。
写真は、そこで目にした石碑。

1865918205_185

ついでに(というには距離があったが)重茂半島も一周してきた。17年くらい前のアウトライダーで『岬巡りツーリング』ってのが巻頭カラーページであり、その取材ツーリング以来だ。
重茂半島は山深く、沿岸のツーリングのはずなのに、まるで山岳ツーリング。ブナ林があるのには驚いた。

今日は沿岸も30度を超える暑さでマイった。区界峠は26度だった。暑さに加えて、首・肩の痛みがぶりかえして、これもつらかった。ヘルメットの重さが負担をかけるらしい。ヘルメットを脱ぐと楽になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は北海道ツーリンクへ

4泊5日(内2泊は往復のフェリー、道内2泊は宿なのでキャンプはしない)の北海道ツーリングの荷物だ。タンクバッグと小さなバッグ(これは右側のパニアケースにぴったりと入る)に収まってしまった。雨具はいつも左側のパニアケースに入れっぱなしになっている。

Photo


いくら必要最小限のものしか持たないコンパクトパッキングだからって、これじゃ少なすぎる。何か大切なものを忘れているような気がしないでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初ツーリング

午後からは天候が崩れるという予報だったが、午前中はすっきり晴れていた。この機会を逃すとまた後がない。思い立ったが吉日ってわけで、BMW/R1150ロードスターにまたがった。

八幡平アスピーテラインのゲートには開門15分前の8時15分に到着(夏以外は夜間~早朝通行止め)。思ったほどクルマの量は多くなかった。雪も予想以上に少なかった。

1843136210_173

頂上付近では8度くらいまで下がったが、下界におりてくると22度くらいあった。
八幡平ではサクラとミズバショウが満開を迎えていた。

帰ってきて気がつくと盛岡周辺の山も「山笑ふ」春の装いだ。なんか気分的に私はまだ3月の季節感をひきずっていた。季節にすっかり乗り遅れていたわけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)