山下達郎ツアー2013

素晴らしかった! 素晴らしかった!! ただただ、素晴らしかった!!!

1376792_647272011991196_1139653125_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストーンズを聴きながら

晴天なれど、今日はうちでずっと仕事。

ミック・テイラー在籍時のローリング・ストーンズ(私にとってストーンズはその時代が最高)を聴く。
午後はNHK-FMで「今日は一日プログレ三昧」を聴くが、やはり私にはブルーズ・ロックのほうが合っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のバンド練習

昨夜はリップクリーム(名前はかわいいが、親父ブルーズ・バンド)の練習。一カ月に一度の練習だから、前にやったところを忘れていたりして、なかなか前に進まない。そこがまたこのバンドのいいところでもある(なんのこっちゃ!)。

1010678_485606031529573_1658270350_


昨夜はメンバーの一人が喪中だったが、「気晴らしになるから」と参加。彼との付き合いも、ゆうに40年を超える……なんだか信じられないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リップクリームの練習日

昨夜はリップクリームの練習。


一曲ごとに休憩が必要だし、私は指先の皮が向けてチョーキングができなくなるし…。 親父バンドだあ。

1901462126_114



| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイク・ブルームフィールドを聴く

ピーター・グリーンと並んで、私のギター・アイドルであるマイク・ブルームフィールドを堪能できる幻のアルバム。なぜ今まで見逃していたのか不思議だ(2003年リリース)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンド名決定

昨夜のバンド・ミーティング@大吉(飲み会ですね)で、バンド名がリップクリームと決まった。クリームのレパートリーは1曲しか予定していないが、ま、いいでしょう。

盛岡には虹紫という凄いバンドがある。我々はその前座をつとめることを目標にしている。

http://youtu.be/UTRhfkW-WmA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミック・テイラーを聴く

ミック・テイラーといえばローリング・ストーンズのギタリストとして記憶されているが、最も過少評価されているギタリストでもある。

このライヴビデオは自他認めるローリング・ストーンズ黄金時代を記録している。ミック・テイラーがレスポールで奏でるブルーズ・ギター(ミック・テイラーはどんな曲も「ブルーズ」として弾いている)が素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンド練習終了

今日はレスポール+マーシャルの音作りが今ひとつうまくいかなかった。

1895710124_185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーシャル・サウンドは永遠に

マーシャル・アンプの創始者ジム・マーシャルが4月5日に亡くなられたことを、今、知った。
10代のころ、ロックといえばマーシャル・アンプのサウンドだった。マーシャル・アンプがあったからこそ生まれたロックも決して少なくあるまい。そういう意味では、ジム・マーシャルはマーシャル・アンプの創始者であるばかりでなく、ロックの創始者のひとりでもあったと言っていい。

ありがとうございました。あなたのおかげで私たちは実に豊かなロックを得ることができました。きっと今ごろはジミ・ヘドリックスやデュエイン・オールマンらに歓待されていることでしょう。ゆっくりお休みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと練習を!

昨日はグローブのライヴにゲスト出演し、レスポール・デビューを果たした。が、あんなにも思い通りにいかないものなのか、と我ながら呆れた。感覚的には練習のときの3分の1。
誘ってくれた北田キタローさんは「よがったすよ」とニコニコ顔だったが、私は大いに反省しつつ雪の街を帰路についた。もっと練習をしなくては!

高校生のブルーズバンドが凄かった(ドラムスは女子! これがまたうまい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)