姫神山登山

今シーズン初めての登山。公共交通機関がないので、仕方なくプリウスで姫神山へ。

一本杉登山口駐車場はほぼ一杯。山菜取りの人もいたようだが、たくさんの人が登山をしていた。

1557728_754005891317807_40584415204


玉山はまだ桜が咲いていて、姫神山の麓も満開だった。山の中では随所でカタクリが咲いていた。

10325385_754005854651144_5350039232



お天気がよく、風が爽やかで、絶好の登山日和だった。
我が家の山岳部長(妻)から、「今年は正統派でいく。早池峰山、そして岩手山に登る」と方針が表明された。

10299435_753621978022865_33770926_n


| | コメント (3) | トラックバック (0)

お花見

ご近所に桜が多いので、いながらにして、お花見ができる。今年は花のつきがいい。

10255476_747639151954481_1048580136

10245331_749755038409559_8850052531

下の写真は高松の池(一般車両は入れず、旧競馬場の特設駐車場から高松の池に行く。すぐ隣と近いのが意外だった。ただ、駐車場待ちの行列に私は15分近く並んだ。午後4時過ぎに行くと空いているようだ)

10313527_749771131741283_9108762036

10313527_749771148407948_7470980249

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石神の丘から

石神の丘野鳥観察会に参加。

ツグミ、トラツグミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ゴジュウカラ(声のみ)、ヒガラ、ウグイス(声のみ)、メジロ、カワラヒワ、アカゲラ(声のみ)、アオゲラ(声のみ)、エゾムシクイ(声のみ)、アカハラ、エナガ、シメ、マミチャジナイ(シナイ=ツグミ)、ハシブトガラス、そして何とオオルリをゆっくり観察することができた。
石神の丘でオオルリの声だけは前にも聞いているが、姿を見たのは初めて。写真はないが、目に焼きついている。鳴き声から判断して、ほかにも数羽いるようだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中津川から

だいぶ水量が減った。が、ふだんと比べるとまだまだ多い。

取り残されていたハクチョウは、この日、いなかった。新しい仲間たちと旅立ったのかもしれない。よかった。

10154845_738017989583264_515272826_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中津川の増水

今日は午前中から「大雨・雷・融雪・洪水・濃霧・なだれ」と6つも注意報が出た。中津川が増水して、凄いことになっている。


10154178_737112946340435_1623543619


| | コメント (2) | トラックバック (0)

中津川にて

中津川の富士見橋上流に若いハクチョウが1羽だけ残っていた。かわいそうだ。

今後の帰省組にひろわれるといいのだが……

1924268163_177


| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘から

20140223_703268_2

第14回岩手町埋蔵文化財展を開催中(入場無料)。

1902084_728027023915694_286135893_n

出展品のひとつ。遠い遠いご先祖さまの思いが伝わってくるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の岩手山

ずいぶん久しぶりに、はっきり見えた。元気が出る。

1798533_717130568338673_1510965544_

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三戸散歩

どこからともなく、三戸町に古い建物が残っているという話を耳にし、気になっていた。来春にでも輪行しようと思っていたが、ふと思い立って、IGR岩手銀河鉄道(青森側は「青い森鉄道」)でぶらりと行ってきた。

三戸はバイパスを何度も通ったことがある。しかし、街のなかに入るのは初めてだった。
確かに古い建物が残っている。それも保存建築物として指定された公共の施設ではなく、一般の住宅だったことに驚いた。
日本の場合、経済が活発化するにともない、古い建物は効率が悪いからと駆逐される。それが日本の建築物の宿命だ。
三戸では宿命にさらされることがなく、奇跡的に残ったようだ。また、それらが共通した美意識に基づいてつくられていることにも驚かされた。
写真はこちらをクリック。

町内を流れる熊原川には鮭が遡上し、カワセミが飛んでいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姥倉山断念

妻のリクエストで八幡平の姥倉山へ。台風18号で被害があった地域なので事前に調査し、支障がないことは確認した。帰りに入る峡雲荘も通常に営業しているとのこと。ちなみに、松川荘も通常通り営業している。松風荘のみ再開の目処が立っていない。

岩手県北バスの八幡平自然散策バス(温泉付で往復2000円)を盛岡駅前のバスターミナルで買い求め、八幡平へ。晴天涼風で言うことなしだったが、姥倉山のあまりの急坂に音をあげて、8合目付近で登頂を断念。
下山して松川温泉でゆっくり過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧